研究者
J-GLOBAL ID:201201021056870920   更新日: 2021年09月28日

白川 展之

NOBUYUKI SHIRAKAWA
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
研究分野 (5件): 社会システム工学 ,  高等教育学 ,  政治学 ,  図書館情報学、人文社会情報学 ,  経営学
研究キーワード (25件): 技術ロードマップ ,  科学技術予測 ,  未来洞察 ,  産業技術政策 ,  高等教育政策 ,  シビックテック ,  産学連携 ,  アントレプレナーシップ ,  社会起業 ,  社会イノベーション ,  科学計量学 ,  イノベーション政策 ,  政策評価 ,  行政評価 ,  科学技術政策 ,  技術経営 ,  公共政策 ,  グローバル化 ,  高等教育 ,  経営学 ,  科学技術・学術政策 ,  計量書誌学 ,  評価 ,  イノベーション ,  公共経営
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2019 - 2023 外国人大学教員・研究者の役割と貢献に関する国際比較研究
  • 2019 - 2023 大学評価への計量書誌指標の導入のもたらす社会科学研究への逆機能性に関する研究
  • 2019 - 2022 高等教育政策の転換点に関する理論的・実証的研究
  • 2016 - 2019 高等教育政策に経済循環が与える影響に関する実証研究
  • 2013 - 2019 多元的公共サービスを結合生産する事業主体が産出する社会的価値の定量評価手法の開発
全件表示
論文 (39件):
もっと見る
MISC (42件):
  • 白川 展之. 木曜隔週連載 シビックテックの時代 : 行政サービスの共創とスマート化(5・完)シビックテックとオープンデータの公共政策 : シビックテックの実践による行政変革の仕組み. 地方行政. 2021. 11026. 2-5
  • 白川 展之. シビックテックの時代 : 行政サービスの共創とスマート化(4)EBPMからデータ駆動型政策へ : シビックテックが行政改革に果たす役割と機能. 地方行政. 2021. 11022. 2-5
  • 白川 展之. シビックテックの時代 : 行政サービスの共創とスマート化(3)人道危機と災害から生まれたシビックテック : 国際的な市民と技術者の共創の成果が地方行政に横展開された歴史. 地方行政. 2021. 11019. 6-9
  • 白川 展之. シビックテックの時代 : 行政サービスの共創とスマート化(2)米国での政府のデジタル化とシビックテック : トランプ政権でも続くオバマ政権下で始まった連邦政府のデジタル化改革. 地方行政. 2020. 11016. 2-5
  • 藤野 陽三, 白川 展之, 大竹 裕之. ほらいずん デルファイ調査座長に聞く「科学技術の未来」 : 都市・建築・土木・交通分野 : 新型コロナウイルス時代の新しい課題に向けインフラ科学技術が果たす役割 : 城西大学 藤野陽三学長インタビュー. STI horizon = STIホライズン : イノベーションの新地平を拓く. 2020. 6. 3. 20-23
もっと見る
書籍 (6件):
  • COE
    平凡社 2018
  • 組織的研究
    平凡社 2018
  • 学術成果の還元
    平凡社 2018
  • 社会イノベーションの科学 政策マーケティング・SROI・討論型世論調査
    勁草書房 2014 ISBN:4326602716
  • IEEE Recent Advances in Technology and Innovation Management Vol. 1
    The Santa Clara Valley Chapter of the Technology Management Council, IEEE 2012
もっと見る
講演・口頭発表等 (45件):
  • 根拠に基づく政策におけるエビデンスとは何か:国際的動向と日本の現実
    (広島大学高等教育研究開発センター第8回公開研究会 2019)
  • 世界の未来洞察・予測関連機関とフューチャー・デザインの方法論的考察
    (第114回 東京財団政策研究所フォーラム「フューチャー・デザイン・ワークショップ 2019」 2019)
  • シビックテックの実践とオープンサイエンスの公共政策
    (東京大学政策ビジョン研究センターシビックテックからみたオープンな科学技術とデータのあり方 2018)
  • 未来洞察と計画行政 -日本における技術予測の欧州への伝播とガバナンスへの影響-
    (日本計画行政学会第 41 回全国大会 2018)
  • マルチハザート社会における未来洞察-リスクアセスメントと戦略計画のための予測手法-
    (日本公共政策学会第 22 回研究大会 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2012 - 2015 慶應義塾大学 後期博士課程 単位取得退学
  • 2000 - 2002 広島大学大学院 マネジメント専攻
  • 1994 - 1998 東京理科大学 経営学科
学位 (1件):
  • 博士(政策・メディア) (慶應義塾大学)
経歴 (10件):
  • 2020/10 - 現在 新潟大学 人文社会科学系・工学部工学科協創経営プログラム 准教授
  • 2017/01 - 2020/09 文部科学省科学技術・学術政策研究所 科学技術予測センター 主任研究官 (文部科学技官)
  • 2016/05 - 2016/12 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構 評価部 主査
  • 2014/04 - 2016/04 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構 技術戦略研究センター 研究員
  • 2013/09 - 2015/03 慶應義塾大学 大学院政策・メディア研究科 特任講師(研究)
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2019/08 - 現在 特定非営利活動法人 21世紀構想研究会 監事
  • 2016/02 - 現在 研究・イノベーション学会 業務委員
  • 2017/10 - 2020/09 研究・イノベーション学会 広報担当理事
  • 2013/10 - 2016/12 一般社団法人 コード・フォー・ジャパン 理事
所属学会 (11件):
日本公共選択学会 ,  International Society for Professional Innovation Management ,  Academy of Management ,  日本MOT学会 ,  組織学会 ,  日本地域経済学会 ,  日本評価学会 ,  研究・技術計画学会 ,  日本高等教育学会 ,  日本行政学会 ,  日本計画行政学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る