研究者
J-GLOBAL ID:201201021252032780   更新日: 2020年09月01日

早川 徹

ハヤカワ トオル | Hayakawa Toru
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 動物生産科学 ,  動物生産科学
研究キーワード (6件): イミダゾール化合物 ,  太いフィラメント ,  タンパク質の水溶化 ,  骨格筋 ,  食肉 ,  ミオシン
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2018 - 2021 イミダゾール化合物との相互作用によるミオシン分子機能への影響
  • 2009 - 2011 中性低イオン強度下における鶏骨格筋ミオシンの溶解機構の解明
論文 (15件):
  • Chintagavongse N, Yoneda T, Ming-Hsuan C, Hayakawa T, Wakamatsu JI, Tamano K, Kumura H. Attempt at the adjunctive use of solid-state culture products and its freeze-dried powder from Aspergillus sojae for semihard cheese. Journal of the Science of Food and Agriculture. 2020. (in press)
  • Wakamatsu JI, Kawazoe H, Ohya M, Hayakawa T, Kumura H. Improving the color of meat products without adding nitrite/nitrate using high zinc protoporphyrin IX-forming microorganisms. Meat science. 2019. 161. 107989
  • Kumura Haruto, Satoh Megumi, Machiya Taiki, Hosono Makoto, Hayakawa Toru, Wakamatsu Jun-Ichi. 'Lipase and protease production of dairy Penicillium sp. on milk-protein-based solid substrates'. INTERNATIONAL JOURNAL OF DAIRY TECHNOLOGY. 2019. 72. 3. 403-408
  • Akter M, Shiraishi A, Kumura H, Hayakawa T, Wakamatsu JI. Investigation of contributors to zinc protoporphyrin IX formation at optimum pH 5.5 in pork. Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho. 2019. 90. 6. 774-780
  • Wakamatsu Jun-ichi, Akter Mofassara, Honma Fumika, Hayakawa Toru, Kumura Haruto, Nishimura Takanori. Optimal pH of zinc protoporphyrin IX formation in porcine muscles: Effects of muscle fiber type and myoglobin content. LWT-FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY. 2019. 101. 599-606
もっと見る
MISC (68件):
  • 王鴻誠, 尾崎あかり, 早川徹, 玖村朗人, 若松純一. パルマハムにおけるダークスポットの特性. 食肉の科学. 2019. 60. 1. 140
  • 窪野佑, 早川徹, 若松純一, 玖村朗人. L-ヒスチジンは低塩濃度条件下の天然アクトミオシンの加熱ゲル形成を抑制する. 食肉の科学. 2019. 60. 1. 140
  • 窪野佑, 若松純一, 玖村朗人, 早川徹. L-ヒスチジンは低塩濃度条件下の天然アクトミオシンの加熱ゲル形成を抑制する. 日本畜産学会大会講演要旨. 2019. 125th. 203
  • 尾崎あかり, 早川徹, 玖村朗人, 若松純一. 小型乾塩漬ハムにおける亜鉛プロトボルフィリンIXの形成様相の観察. 日本畜産学会大会講演要旨. 2019. 125th. 203
  • 王鴻誠, 尾崎あかり, 早川徹, 玖村朗人, 若松純一. パルマハムにおけるダークスポットの特性. 日本畜産学会大会講演要旨. 2019. 125th. 202
もっと見る
講演・口頭発表等 (15件):
  • カルシウムの添加がヒスチジンによるミオシン水溶化作用を阻害する
    (日本畜産学会第123回大会 2017)
  • L-ヒスチジンおよびイオン強度がミオシンの存在形態におよぼす影響
    (日本畜産学会第112回大会 2010)
  • 低イオン強度下におけるL-メロミオシン分子の性状に及ぼすL-ヒスチジンの影響
    (日本畜産学会第111回大会 2009)
  • Myosin filamment depolymerized in a low ionic strength solution containing L-histidine
    (55th International Congress of Meat Science and Technology 2009)
  • L-ヒスチジンを含む低イオン強度溶液へのミオシン溶解機構の解明
    (日本畜産学会第110回大会 2009)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2008 - 2011 北海道大学大学院 共生基盤学専攻
  • 2003 - 2005 北海道大学大学院 生物資源生産学専攻
  • 1999 - 2003 北海道大学 畜産科学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (北海道大学)
経歴 (5件):
  • 2016/10 - 現在 北海道大学 農学部 畜産科学科 助教
  • 2012/10 - 2016/10 帯広畜産大学 畜産衛生学研究部門 助教
  • 2011/04 - 2012/09 マサチューセッツ大学 医学部 博士研究員
  • 2009/04 - 2011/03 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
  • 2005/04 - 2008/03 日本ハム(株) 中央研究所
受賞 (1件):
  • 2009/03 - 日本畜産学会 日本畜産学会第110回大会優秀発表賞 L-ヒスチジンを含む低イオン強度溶液へのミオシンの溶解機構の解明
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る