研究者
J-GLOBAL ID:201201022640728954   更新日: 2020年09月01日

佐藤 拓哉

サトウ タクヤ | Sato Takuya
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/30456743
研究分野 (2件): 生態学、環境学 ,  生物資源保全学
研究キーワード (6件): 寄生者 ,  サケ科魚類 ,  ハリガネムシ ,  カマドウマ ,  森林-河川生態系 ,  生態系間相互作用
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2015 - 2018 複合生態系における寄生者感染動態と群集動態の関係の統合理解
  • 2015 - 2017 宿主操作の神経メカニズムから生態系間資源流の時空間変動を解明する
  • 2017 - 寄生虫が渓流魚を育む!?ハリガネムシを通して自然をみてみよう
  • 2013 - 2015 寄生者群集が改変する生態系のエネルギー流と群集の安定性
  • 2012 - 2015 生態系間相互作用の季節動態:寄生者が引き起こすパルス的資源補償の生態学的意義
論文 (57件):
  • Ryosuke Tanaka, Kentaro Hirashima, Taiga Kunishima, Hiromi Uno, Takuya Sato. Phenological diversity of freshwater migration can prolong assemblage-level migration period in amphidromous fishes in a temperate river system in Japan. Ecological Research. 2020. 35. 3. 494-503
  • Nanoko Meguro, Osamu Kishida, Shunsuke Utsumi, Shigeru Niwa, Susumu Igarashi, Chikara Kozuka, Aiko Naniwa, Takuya Sato. Host phenologies and the life history of horsehair worms (Nematomorpha, Gordiida) in a mountain stream in northern Japan. Ecological Research. 2020. 35. 3. 482-493
  • Gaku Takimoto, Takuya Sato. Timing and duration of phenological resources: Toward a mechanistic understanding of their impacts on community structure and ecosystem processes in stream food chains. Ecological Research. 2020. 35. 3. 463-473
  • Gaku Takimoto, Takuya Sato. Phenology in a community context: Toward a better understanding of the causes and consequences of phenology in seasonal environments. Ecological Research. 2020. 35. 3. 442-444
  • Kae Takahashi, Takuya Sato. Spatial variation in breeding phenology at small spatial scales: A stochastic effect of population size. Population Ecology. 2020
もっと見る
MISC (3件):
  • 江草 智弘, 大手 信人, 福島 慶太郎, 徳地 直子, 佐藤 拓哉, 谷尾 陽一. 森林渓流における栄養塩吸収に関する研究. 日本生態学会第58回全国大会. 2011
  • Miyahara H, Yamada H, Sato T, Harada Y, Yamamoto S, Kawamura K. Genetic structure of the Amago salmon, Oncorhynchus masou ishikawae, in the River Miya, Japan. National Taiwan Museum Special Publication. 2010. 14. 93-104
  • 佐藤 拓哉, 徳地 直子, 鎌内 宏光, 新妻 靖章, 渡辺 勝敏, 金岩 稔, 山田 英幸, 山本 裕典, 原田 泰志, 和田 恵次. 寄生者が駆動する森林から河川へのエネルギー供給. 第120回日本森林学会大会. 2009
書籍 (2件):
  • 病原生物と宿主の種間相互作用. シリーズ現代の生態学6. 感染症の生態学
    共立出版 2016
  • 原生物の食物網・物質循環における機能.シリーズ現代の生態学6. 感染症の生態学
    共立出版 2016
講演・口頭発表等 (49件):
  • 緻密な行動操作?:ハリガネムシ感染コオロギにおける活動パターンの状況依存性
    (日本生態学会第67回全国大会 2020)
  • 海洋と河川のつながりがもたらす両側回遊性魚類の種多様性パターンの検証
    (日本生態学会第67回全国大会 2020)
  • 状況依存戦略のアイロニー?:選抜飼育しているのにアマゴは海に行かない
    (日本生態学会第67回全国大会 2020)
  • アマゴ・サツキマスにおける回遊多型の遺伝基盤の探索
    (日本生態学会第67回全国大会 2020)
  • 生物群集による寄生者制御:ハリガネムシ感染経路における終宿主の種多様性効果
    (日本生態学会第67回全国大会 2020)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2007 三重大学 大学院生物資源学研究科博士後期課程修了
学位 (2件):
  • 修士(生物資源学) (三重大学)
  • 博士(学術) (三重大学)
経歴 (1件):
  • 2011 - 京都大学 助教
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る