研究者
J-GLOBAL ID:201201022640728954   更新日: 2022年04月27日

佐藤 拓哉

サトウ タクヤ | Sato Takuya
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/30456743
研究分野 (2件): 生態学、環境学 ,  生物資源保全学
研究キーワード (9件): nematomorph ,  salmonid ,  Host manipulation ,  寄生者 ,  サケ科魚類 ,  ハリガネムシ ,  カマドウマ ,  森林-河川生態系 ,  生態系間相互作用
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2015 - 2018 複合生態系における寄生者感染動態と群集動態の関係の統合理解
  • 2015 - 2017 宿主操作の神経メカニズムから生態系間資源流の時空間変動を解明する
  • 2017 - 寄生虫が渓流魚を育む!?ハリガネムシを通して自然をみてみよう
  • 2013 - 2015 寄生者群集が改変する生態系のエネルギー流と群集の安定性
  • 2012 - 2015 生態系間相互作用の季節動態:寄生者が引き起こすパルス的資源補償の生態学的意義
論文 (60件):
  • Hiromi Uno, Keitaro Fukushima, Mariko Kawamura, Akira Kurasawa, Takuya Sato. Direct and indirect effects of amphidromous shrimps on nutrient mineralization in streams in Japan. OECOLOGIA. 2022. 198. 2. 493-505
  • Shohei Noda, Rui Ueda, Tatsuya Tanaka, Kotaro Shirai, Daisuke Kishi, Takuya Sato. Anadromous red-spotted masu salmon (Oncorhynchus masou ishikawae), a southernmost sea-migration form of salmonid, displays low variation in both age at seaward migration and sea age. Journal of fish biology. 2021. 99. 4. 1497-1502
  • Rui Ueda, Hirohiko Takeshima, Takuya Sato. Difficulty in sex identification of two local populations of red-spotted masu salmon using two salmonid male-specific molecular markers. ICHTHYOLOGICAL RESEARCH. 2021
  • Nasono Obayashi, Yasushi Iwatani, Midori Sakura, Satoshi Tamotsu, Ming-Chung Chiu, Takuya Sato. Enhanced polarotaxis can explain water-entry behaviour of mantids infected with nematomorph parasites. Current biology : CB. 2021. 31. 12. R777-R778
  • Takuya Sato, Rui Ueda, Gaku Takimoto. The effects of resource subsidy duration in a detritus-based stream ecosystem: A mesocosm experiment. The Journal of animal ecology. 2021. 90. 5. 1142-1151
もっと見る
MISC (3件):
書籍 (2件):
  • 病原生物と宿主の種間相互作用. シリーズ現代の生態学6. 感染症の生態学
    共立出版 2016
  • 原生物の食物網・物質循環における機能.シリーズ現代の生態学6. 感染症の生態学
    共立出版 2016
講演・口頭発表等 (59件):
  • 流水性希少サンショウウオを対象にした効率的な環境DNA検出手法の検討
    (第69回日本生態学会大会 2022)
  • 森と川のつながりが維持するアマゴの生活史多様性:野外操作実験とゲノム解析の融合へ
    (2022)
  • アマゴ野生集団における繁殖成功の個体間変異:ゲノムワイド家系解析からの評価
    (第69回日本生態学会大会 2022)
  • サツキマスは 2 通りの降海パターンしか持たない
    (第55回 日本魚類学会年会 2021)
  • 環境DNA分析によるオオダイガハラサンショウウオの分布予測
    (日本生態学会第68回全国大会 2021)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2007 三重大学 大学院生物資源学研究科博士後期課程修了
学位 (2件):
  • 修士(生物資源学) (三重大学)
  • 博士(学術) (三重大学)
経歴 (3件):
  • 2021/10 - 現在 京都大学 生態学研究センター 准教授
  • 2013/06 - 2021/09 神戸大学 大学院理学研究科 准教授
  • 2011 - 京都大学 助教
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る