研究者
J-GLOBAL ID:201201024349391732   更新日: 2021年05月24日

松原 琢磨

マツバラ タクマ | Matsubara Takuma
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 常態系口腔科学 ,  成長、発育系歯学
研究キーワード (4件): 運動器 ,  骨芽細胞 ,  破骨細胞 ,  骨
競争的資金等の研究課題 (17件):
  • 2021 - 2024 細胞骨格関連分子Kidによる骨・軟骨代謝制御機構の解明
  • 2020 - 2023 悪性黒色腫の増殖・浸潤・転移における細胞骨格制御因子Plectinの役割
  • 2019 - 2022 フレイルの悪循環サイクルにおける筋肉量減少とうま味感受性障害についての基礎的研究
  • 2018 - 2021 Src-Casを中心とした骨吸収活性調節におけるKifファミリー分子の役割解明
  • 2018 - 2021 オートクリン・パラクラリン因子BMP-3bが担う骨格筋恒常性維持機構の解明
全件表示
論文 (37件):
  • Takuma Matsubara, William N Addison, Shoichiro Kokabu, Lynn Neff, William Horne, Francesca Gori, Roland Baron. Characterization of unique functionalities in c-Src domains required for osteoclast podosome belt formation. The Journal of biological chemistry. 2021. 100790-100790
  • Tomohiko Shirakawa, Aki Miyawaki, Takuma Matsubara, Nobuaki Okumura, Hideto Okamoto, Naoya Nakai, Thira Rojasawasthien, Kazumasa Morikawa, Asako Inoue, Akino Goto, et al. Daily Oral Administration of Protease-Treated Royal Jelly Protects Against Denervation-Induced Skeletal Muscle Atrophy. Nutrients. 2020. 12. 10
  • Asako Inoue, Kayoko Nakao-Kuroishi, Kaori Kometani-Gunjigake, Masahiro Mizuhara, Tomohiko Shirakawa, Misa Ito-Sago, Kazuma Yasuda, Mitsushiro Nakatomi, Takuma Matsubara, Yukiyo Tada-Shigeyama, et al. VNUT/SLC17A9, a vesicular nucleotide transporter, regulates osteoblast differentiation. FEBS open bio. 2020
  • Takuma Matsubara, Tatsuki Yaginuma, William N Addison, Yuko Fujita, Kouji Watanabe, Izumi Yoshioka, Hisako Hikiji, Kenshi Maki, Roland Baron, Shoichiro Kokabu. Plectin stabilizes microtubules during osteoclastic bone resorption by acting as a scaffold for Src and Pyk2. Bone. 2020. 132. 115209-115209
  • Tatsuki Yaginuma, Jing Gao, Kengo Nagata, Ryusuke Muroya, Huang Fei, Haruki Nagano, Sakura Chishaki, Takuma Matsubara, Shoichiro Kokabu, Kou Matsuo, et al. p130Cas induces bone invasion by oral squamous cell carcinoma by regulating tumor epithelial-mesenchymal transition and cell proliferation. Carcinogenesis. 2020
もっと見る
MISC (26件):
書籍 (1件):
  • 骨ペディア
    羊土社 2015
講演・口頭発表等 (53件):
  • 破骨細胞のアクチンリング形成におけるSrcとHckの重複した役割
    (日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集 2018)
  • BMP-3bによる骨格筋幹細胞分化制御機構
    (日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集 2018)
  • 破骨細胞の成熟過程におけるKif1cの役割
    (九州歯科学会雑誌 2018)
  • p130CasはTGFβ刺激による口腔扁平上皮癌の形態変化、細胞移動および浸潤能の亢進に関与する
    (九州歯科学会雑誌 2018)
  • p130Cas結合タンパク質Bif-1は破骨細胞の骨吸収を制御する
    (九州歯科学会雑誌 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2001 - 2005 大阪大学
  • 1995 - 2001 大阪大学
学位 (1件):
  • 博士(歯学) (大阪大学)
経歴 (6件):
  • 2019/10 - 現在 九州歯科大学 分子情報生化学分野 准教授
  • 2015/04 - 2019/09 九州歯科大学 分子情報生化学分野 助教
  • 2012/06 - 2015/03 東北大学 病院(歯科診療部門) 矯正歯科 助教
  • 2008/07 - 2012/05 Harvard School of Dental Medicine Postdoctoral fellow
  • 2008/04 - 2008/06 大阪大学 研究員
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2020/01 - 現在 日本骨代謝学会 評議員
受賞 (1件):
  • 2003 - Young Investigator award (ASBMR)
所属学会 (8件):
日本分子生物学会 ,  日本口腔科学会 ,  American Society for Microbiology ,  日本骨免疫学会 ,  九州歯科学会 ,  日本歯科基礎医学会 ,  American Society for Bone and Mineral Research ,  日本骨代謝学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る