研究者
J-GLOBAL ID:201201025268080925   更新日: 2021年08月16日

野﨑 真代

ノザキ マサヨ | NOZAKI Masayo
所属機関・部署:
職名: 専任講師
研究分野 (2件): スポーツ科学 ,  スポーツ科学
研究キーワード (1件): 社会的スキル ソーシャルサポート ジュニアアスリート
論文 (9件):
  • 大学生の社会的スキル向上を促進する要因としてのスポーツ活動経験,-スポーツ活動に対する適応感を介した因果モデルの検証-. 桜門体育学研究. 2020. 55. 63-73
  • 思春期の継続的なスポーツ活動経験が大学生の社会的スキルに及ぼす影響. 桜門体育学研究. 2018. 53. 31-45
  • 中学生・高校生・大学生の社会的スキルに及ぼすスポーツ活動経験の影響について. 桜門体育学研究. 2014. 49. 1-8
  • T. Suzuki F. Mizuochi M. Takeda Z. Fujita M. Nozaki S. Ito. Motion analysis of cross-country skiing at the 21th Olympic winter games Vancouver 2010 and all-Japan ski championships. Science and Nordic Skiing II. 2013. 95-101
  • 中学生の社会的スキルに及ぼす継続的スポーツ活動経験の影響について. 日本大学商学研究会 総合文化研究. 2010. 15. 1. 31-42
もっと見る
書籍 (1件):
  • 神奈川県ジュニアアルペンスキー一貫指導マニュアル
    財団法人神奈川県スキー連盟 2009
講演・口頭発表等 (25件):
  • 大学生のコミュニケーションスキル獲得における促進要因としてのスポーツ活動
    (日本体育学会第70会大会 2019)
  • Sports Activity as a Facilitating Factor for Communication Skills Acquisition by University Students
    (ECSS Prague 2019-24th Annual Congress of the European College of Sport Science 2019)
  • スポーツ活動が大学生の社会的スキルに及ぼす影響
    (日本体育学会第69会大会 2018)
  • The Influence of Continued Sports Activity Experience on the Social Skills of University Students
    (32th Annual Conference AASP 2017 2017)
  • 中学生・高校生・大学生の社会的スキルに及ぼすスポーツ活動経験の影響について
    (第58回日本大学工学部学術研究報告会 2015)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 日本大学 教育学専攻体育学コース
  • 日本大学 体育学科
  • 日本大学 教育学専攻体育学コース
学位 (1件):
  • 修士(教育学) (日本大学大学院文学研究科)
経歴 (1件):
  • 2012/04 - 現在 日本大学工学部
委員歴 (2件):
  • 2021/04 - 現在 日本アプライドスポーツ科学会 理事
  • 2016/04 - 2021/03 桜門体育学会 理事
受賞 (1件):
  • 2013/12 - 6th International Congress on Science and Skiing sponsored by FIS Yong Investigator Award Poster presentations Honorable mention The Effect of a Social Skills Training that Employs Structured Group Encounter
所属学会 (5件):
日本スポーツアプライド科学会 ,  日本コーチング学会 ,  日本体育学会 ,  日本スポーツ心理学会 ,  桜門体育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る