研究者
J-GLOBAL ID:201201028854496269   更新日: 2021年03月15日

井ノ口 悦子

イノグチ エツコ | Inoguchi Etsuko
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 言語学
研究キーワード (2件): 言語教育 ,  言語学
論文 (8件):
  • 佐々木 大輔, 橋本 和典, 土居 隆宏, 金光 秀和, 藤井 清美, 井ノ口 悦子, マーティン ウッド, ケイシー ビーン, 村岡 智子. CDIO Academy 2018:ドローンを活用した国際PBLプログラム. KIT Progress. 2020. 28. 153-162
  • 井ノ口 悦子, 藤井 清美. デザイン思考を用いた外国人への共感体験 -留学生へのインタビュー活動から-. KIT Progress. 2020
  • 井ノ口 悦子, 藤井 清美. 理工系学生による英語での問題解決型共同参画プロジェクト. 2020
  • 井ノ口 悦子. オナーズプロジェクトを通じた学内のグローバル化と共感の形成. KIT Progress 工学教育研究. 2019. 27. 225-234
  • FUJII KIYOMI, INOGUCHI ETSUKO, MATSUI KUNIO. Collaborating with community through Project-Based Learning. INTED 2019 Proceedings. 2019
もっと見る
MISC (1件):
  • 井ノ口 悦子. 日本語のナラティブにおける名詞述部の研究. カナダ日本語教育振興会2016年度大会. 2016
講演・口頭発表等 (7件):
  • 航空工学のための特別英語講義:GoFly PrizeとDrone Challenge
    (大学英語教育学会第58回国際大会(名古屋、2019) 2019)
  • Collaborating with the community: Science and Technology majors
    (Task-Based Learning and Teaching in Asia 2018)
  • Project Based Learning (PBL) を通してコミュニティと繋がる英語学習
    (日本英語教育学会・日本教育言語学会第48回年次研究集会 2018)
  • Style Choice by Learners of Japanese
    (American Association of Teachers of Japanese Annual Conference 2014)
  • Incorporating 5C's in Using Videos to Teach Casual Speech Styles to Learners of Japanese as a Foreign Language
    (American Council Teaching of Foreign Language (ACTFL) 2006 40th Annual Convention and Exposition 2006)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 南山大学 日本語学科
  • ウィスコンシン大学マディソン校 日本語言語学
学位 (1件):
  • 修士 (ウィスコンシン大学マディソン校)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る