研究者
J-GLOBAL ID:201201030073149509   更新日: 2021年04月26日

牟田 季純

ムタ トシズミ | Muta Toshizumi
所属機関・部署:
職名: 次席研究員(研究院講師)
研究分野 (2件): 臨床心理学 ,  実験心理学
研究キーワード (5件): アウェアネス ,  気分 ,  注意 ,  マインドフルネス ,  音楽
論文 (2件):
MISC (1件):
  • Toshizumi Muta, Fusako Koshikawa. Effect of Self-focused Attention on Affective Information Processing in Depressive Process using Interactive Cognitive Subsystems. INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY. 2016. 51. 201-201
書籍 (5件):
  • はじめての造形心理学-心理学、アートを訪ねる
    新曜社 2021
  • 装いの心理学 : 整え飾るこころと行動
    北大路書房 2020 ISBN:9784762831034
  • ブリタニカ国際年鑑 2018年版
    ブリタニカ・ジャパン 2018 ISBN:4924934445
  • 労働政策研究報告書 No.181 求職者支援制度利用者調査 : 訓練前調査・訓練後調査・追跡調査の3時点の縦断調査による検討
    労働政策研究・研修機構 2015
  • 音楽的コミュニケーション: 心理・教育・文化・脳と臨床からのアプローチ
    誠信書房 2012 ISBN:4414306299
講演・口頭発表等 (15件):
  • How mindfulness effects for chronic pain?: a questionnaire study
    (自然科学研究機構生理学研究所2019年度国際学術集会 2020)
  • 近赤外分光分析法を用いた瞑想時の前頭部脳血流における呼吸関連動態に対 する集中瞑想と観察瞑想の訓練順序の効果
    (「次世代脳」プロジェクト 冬のシンポジウム 2019 2019)
  • 慢性痛の心理生物学的基盤(公募シンポジウム11[SS-011])
    (日本心理学会83回大会 2019)
  • 多次元項目反応理論を用いた二百五十戒の分析 -破戒傾向とマインドフルネ ス特性の関係-
    (日本パーソナリティ心理学会第28回大会 2019)
  • 摩訶止観の概念的追試:集中・洞察瞑想の順序と効果(3)-改変版複合数 字末梢課題を用いた注意機能の分析-
    (日本マインドフルネス学会第6回大会 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 修士(文学) (早稲田大学)
経歴 (9件):
  • 2019/04 - 現在 早稲田大学 総合人文科学センター 次席研究員(研究院講師)
  • 2019/04 - 現在 武蔵野美術大学 造形構想学部 クリエイティブイノベーション学科 非常勤講師
  • 2018/04 - 現在 立教大学 現代心理学部 兼任講師
  • 2016/04 - 2019/04 早稲田大学 文学部 非常勤講師
  • 2017/04 - 2019/03 国士舘大学 体育学部 非常勤講師
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2018/11 - 2018/12 日本マインドフルネス学会 第5回大会 ブレインズ
  • 2016/08 - 2018/08 日本パーソナリティ心理学会 経常的研究交流委員
  • 2014/10 - 2014/10 日本マインドフルネス学会 第1回大会 幹事
  • 日本マインドフルネス学会 第2回大会 幹事
受賞 (1件):
  • 2018/12 - 日本マインドフルネス学会 第5回大会 優秀研究賞 マインドフルネスにおける「三学」(一):戒の研究-マインドフルネス特性と日常生活におけるモラルの関係について
所属学会 (5件):
日本認知科学会 ,  日本パーソナリティ心理学会 ,  日本マインドフルネス学会 ,  日本音楽知覚認知学会 ,  日本心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る