研究者
J-GLOBAL ID:201201030770607850   更新日: 2021年09月01日

好田 誠

コウダ マコト | Kohda Makoto
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://nittalab-material-tohoku.jp/kohda/
研究分野 (3件): 電子デバイス、電子機器 ,  応用物理一般 ,  半導体、光物性、原子物理
研究キーワード (4件): 電子スピン波 ,  固体物性 ,  低温物理 ,  スピン軌道相互作用
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2015 - 2020 半導体における永久スピン旋回状態を基軸とした革新的スピン機能創出
  • 2019 - ヘリカルスピントロニクスの学理構築
  • 2011 - 2015 垂直磁化材料を用いたゲート電界磁化制御型スピンMOSFETの構築
  • 2013 - 2015 垂直磁化強磁性体/半導体界面制御による新規磁化反転機構の創出
  • 2012 - 2015 半導体ナノ構造における電気的スピン流生成とその制御
全件表示
論文 (117件):
  • Eito Asakura, Takeshi Odagawa, Masaki Suzuki, Shutaro Karube, Junsaku Nitta, Makoto Kohda. Intravalley Scattering Probed by Excitation Energy Dependence of Valley Polarization in Monolayer MoS2. Journal of Physics D: Applied Physics. 2021
  • Koichi Nakanishi, Ayuki Arikawa, Yasuhito Saito, Daisuke Iizasa, Satoshi Iba, Yuzo Ohno, Nobuhide Yokota, Makoto Kohda, Yoshihiro Ishitani, Ken Morita. Room-temperature spin-orbit magnetic fields in slightly misoriented (110) InGaAs/InAlAs multiple quantum wells. Applied Physics Letters. 2021. 119. 3. 032405-032405
  • Takafumi Fujita, Ryota Hayashi, Makoto Kohda, Julian Ritzmann, Arne Ludwig, Junsaku Nitta, Andreas D. Wieck, Akira Oiwa. Distinguishing persistent effects in an undoped GaAs/AlGaAs quantum well by top-gate-dependent illumination. Journal of Applied Physics. 2021. 129. 23. 234301-234301
  • Toshimichi Nishimura, Kohei Yoshizumi, Takahito Saito, Daisuke Iizasa, Junsaku Nitta, Makoto Kohda. Full spin-orbit coefficient in III-V semiconductor wires based on the anisotropy of weak localization under in-plane magnetic field. Physical Review B. 2021. 103. 9
  • Ye Du, Ryan Thompson, Makoto Kohda, Junsaku Nitta. Origin of spin-orbit torque in single-layer CoFeB investigated via in-plane harmonic Hall measurements. AIP Advances. 2021. 11. 2. 025033-025033
もっと見る
MISC (9件):
もっと見る
特許 (14件):
講演・口頭発表等 (96件):
  • Full spin-orbit coefficient in semiconductor nanowires based on weak localization anisotropy under in-plane magnetic field
    (2021年第68回応用物理学会春季学術講演会 2021)
  • 電子スピン波情報担体創発に向けた物性開拓
    (日本物理学会領域4領域1領域3合同シンポジウム 2021)
  • Helical spin wave in III-V semiconductor heterosturctures
    (2021)
  • Full spin-orbit coefficinet in III-V semiconductor nanowires based on weak localization anisotropy
    (2021)
  • 半導体量子構造におけるスピン軌道相互作用の微視的起源とメゾスコピック物性
    (第16回界面スピン軌道研究会/第14回界面多極子研究会 2021)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2005 東北大学 電子工学専攻
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東北大学)
経歴 (3件):
  • 2020/04 - 現在 東北大学 ディスティングイッシュトリサーチャー
  • 2010/10 - 現在 東北大学大学院工学研究科 知能デバイス材料学専攻 准教授
  • 2005/10 - 2010/09 東北大学大学院工学研究科 知能デバイス材料学専攻 助教
委員歴 (8件):
  • 2021/01 - 現在 応用物理学会スピントロニクス研究会 庶務幹事
  • 2020/04 - 現在 日本金属学会広報推進WG 委員
  • 2017/04 - 現在 Applied Physics Express 編集委員
  • 2015/04 - 2018/03 応用物理学会スピントロニクス研究会 10.4半導体・有機・光・量子スピントロニクス プログラム委員
  • 2013/04 - 2015/03 応用物理学会スピントロニクス研究会 庶務幹事
全件表示
受賞 (15件):
  • 2021/02 - 公益社団法人 応用物理学会 APEX/JJAP編集貢献賞 Full spin-orbit coefficient in semiconductor nanowires based on weak localization anisotropy under in-plane magnetic field
  • 2020/12 - 一般財団法人青葉工学振興会 青葉工学振興会賞 半導体における新規スピン制御原理の確立と長距離スピン輸送に関する研究
  • 2020/03 - 日本金属学会 第 78 回金属学会功績賞 半導体量子構造のスピン軌道相互作用が生み出すスピン物性開拓と金属スピントロニクスへの展開
  • 2018/10 - 東北大学電気通信研究所 第8 回RIEC Award 東北大学研究者賞 半導体量子構造における電気的スピン生成とスピン緩和抑制に関する研究
  • 2018/04 - インテリジェントコスモス財団 第17回インテリジェント・コスモス奨励賞 半導体量子構造における電気的スピン生成と長距離スピン輸送に関する研究
全件表示
所属学会 (4件):
日本磁気学会 ,  日本物理学会 ,  日本金属学会 ,  応用物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る