研究者
J-GLOBAL ID:201201034721233559   更新日: 2020年09月01日

大橋 健一

オオハシ ケンイチ | Ohashi Kenichi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.tmd.ac.jp/med/pth1/hupathhp/index.html
研究分野 (2件): 人体病理学 ,  実験病理学
研究キーワード (30件): マトリックスメタロプロテアーゼ ,  サイトカイン ,  ヘパラン硫酸 ,  透析アミロイドーシス ,  食道癌 ,  刃型コラーゲン ,  早期癌 ,  粘膜下層癌 ,  bFGF ,  細胞マトリックス ,  プロラオグリカン ,  多発癌 ,  ラミニン ,  肺がん ,  静脈侵襲 ,  悪性黒色腫 ,  喉頭癌 ,  細胞外マトリックス ,  シンデカン ,  舌癌 ,  ケモカイン ,  腺がん ,  フィブロネクチン ,  特発性間質性肺炎 ,  コンドロイチン硫酸 ,  咽頭癌 ,  プロテオグリカン ,  血管新生 ,  p53蛋白 ,  T細胞
競争的資金等の研究課題 (21件):
  • 2019 - 2022 早期大腸癌の簇出細胞に特有の後発遺伝子変異の同定
  • 2019 - 2022 少数個転移(オリゴメタスターシス)を示した肺癌の20種microRNA発現特性
  • 2018 - 2021 予後不良肺腺がんの分子メカニズムの探究
  • 2017 - 2020 特発性間質性肺炎に合併する肺腺癌の病理学的特性と組織発生
  • 2016 - 2019 少数個転移(オリゴメタスターシス)を示した肺癌の病理学的特性
全件表示
論文 (230件):
  • Naoki Oishi, Tomohiro Inoue, Toru Odate, Kunio Mochizuki, Kenichi Ohashi, Keita Kirito, Tetsuo Kondo. Composite monoclonal B-cell lymphocytosis and MYD88 L265P-positive lymphoplasmacytic lymphoma in a patient with IgM light chain amyloidosis: Case report. Pathology international. 2020. 70. 7. 458-462
  • Noriko Hayami, Yoshifumi Ubara, Toshikazu Okaneya, Takeshi Fujii, Yoji Nagashima, Kenichi Ohashi. Outcome of renal cell carcinoma in patients on dialysis compared to non-dialysis patients. Seminars in dialysis. 2020. 33. 4. 316-321
  • Naoya Toriu, Naoki Sawa, Aya Imafuku, Eiko Hasegawa, Akinari Sekine, Hiroki Mizuno, Masayuki Yamanouchi, Rikako Hiramatsu, Noriko Hayami, Junichi Hoshino, et al. Rapidly progressive glomerulonephritis caused by tegafur/gimeracil/oteracil resulted in diabetes nephropathy, in a patient with minor risk of diabetes nephropathy: a case report. CEN case reports. 2020
  • Natsuki Shima, Naoki Sawa, Masayuki Yamanouchi, Hiroki Mizuno, Masahiro Kawada, Akinari Sekine, Rikako Hiramatsu, Noriko Hayami, Eiko Hasegawa, Tatsuya Suwabe, et al. Characteristic Renal Histology of a 81-Year-Old Patient with a 30-Year History of Diabetes Mellitus: A Case Report. CEN case reports. 2020
  • Naoto Aiko, Hideaki Yamakawa, Tae Iwasawa, Tamiko Takemura, Koji Okudela, Hideya Kitamura, Eri Hagiwara, Satoshi Ikeda, Tomohisa Baba, Shinichiro Iso, et al. Clinical, radiological, and pathological features of anti-asparaginyl tRNA synthetase antibody-related interstitial lung disease. Respiratory investigation. 2020. 58. 3. 196-203
もっと見る
MISC (116件):
  • 立石 陽子, 大橋 健一. 【免疫組織化学 実践的な診断・治療方針決定のために】(第3部)腫瘍の鑑別に用いられる抗体(各臓器別) 食道. 病理と臨床. 2020. 38. 臨増. 94-99
  • 伊坂 哲哉, 石川 善啓, 禹 哲漢, 小林 信明, 金子 猛, 奥寺 康司, 大橋 健一, 利野 靖, 益田 宗孝. 高齢者の肺combined large-cell neuroendocrine carcinoma術後再発にアムルビシン単独投与が著効した一例. 肺癌. 2019. 59. 6. 926-926
  • 岡部 まや, 伊坂 哲哉, 石川 善啓, 禹 哲漢, 小林 信明, 金子 猛, 奥寺 康司, 大橋 健一, 利野 靖, 益田 宗孝. 原発性肺扁平上皮癌術後肝転移再発に対してペンブロリズマブ投与後に肝切除を行った1症例. 肺癌. 2019. 59. 6. 973-973
  • 森田 琢寛, 角田 剛一朗, 平塚 梨奈, 岩野 剛久, 金岡 知彦, 涌井 広道, 戸谷 義幸, 田村 功一, 三宅 暁夫, 大橋 健一. 腎硬化症にANCA関連血管炎を合併し、ステロイドとシクロホスファミドの併用療法が奏功した1例. 日本内科学会関東地方会. 2019. 654回. 31-31
  • 竹内 杏奈, 加藤 生真, 江中 牧子, 宇高 直子, 山中 正二, 折舘 信彦, 大橋 健一. 口腔底に発生した明細胞癌の1例. 診断病理. 2019. 36. 4. 331-335
もっと見る
書籍 (3件):
  • 疾病のなりたちと回復の促進〈1〉病理学 (系統看護学講座 専門基礎分野)
    医学書院 2015 ISBN:4260019864
  • 病理学
    医学書院 2015 ISBN:9784260019866
  • 食道癌-腫瘍病理鑑別診断アトラス
    文光堂 2012 ISBN:4830622369
学歴 (1件):
  • 1986 - 1990 東京医科歯科大学 病理学
学位 (1件):
  • 医学博士 (東京医科歯科大学)
経歴 (2件):
  • 2020/07 - 現在 東京医科歯科大学 医歯学総合研究科人体病理学分野 教授
  • 2011/10 - 2020/06 横浜市立大学 医学(系)研究科(研究院) 教授
委員歴 (1件):
  • 日本病理学会 学術評議員
所属学会 (6件):
日本食道学会 ,  日本腎臓学会 ,  日本臨床細胞学会 ,  日本癌学会 ,  日本病理学会 ,  The Japanese Society of Pathology
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る