研究者
J-GLOBAL ID:201201038771690476   更新日: 2019年12月06日

眞茅みゆき

マカヤ ミユキ | Miyuki Tsuchihashi-Makaya
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 臨床看護学 ,  高齢看護学 ,  地域看護学
研究キーワード (7件): 心不全 ,  看護ケアモデル ,  高齢看護学 ,  慢性心不全 ,  ICTを活用した疾病管理 ,  臨床疫学 ,  心血管病
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2017 - 2019 循環器病医療の適正化に資するための、 全国大規模データベースによるエビデンスの創出
  • 2017 - 2021 高齢心不全患者の重症度の応じた在宅療養移行・継続支援プログラムの開発と検証
  • 2017 - 2020 心不全の発症・重症化の高精度予測とそれに基づく最適な治療戦略の開発
  • 2017 - 2020 退院支援看護師のエンパワメント向上を目指した教育支援プログラムの開発と検証
  • 2016 - 2019 慢性心不全患者に対する多職種介入を伴う外来・在宅心臓リハビリテーションの臨床的効果と医療経済的効果を調べる研究
全件表示
論文 (49件):
  • Moriya E, Nagao N, Ito S, Makaya M. The relationship between perceived difficulty and reflection in the practice of discharge planning nurses in acute care hospitals: A nationwide observational study. Journal of clinical nursing. 2019
  • Tsutsui H, Isobe M, Ito H, Ito H, Okumura K, Ono M, Kitakaze M, Kinugawa K, Kihara Y, Goto Y, Komuro I, Saiki Y, Saito Y, Sakata Y, Sato N, Sawa Y, Shiose A, Shimizu W, Shimokawa H, Seino Y, Node K, Higo T, Hirayama A, Makaya M, Masuyama T, Murohara T, Momomura SI, Yano M, Yamazaki K, Yamamoto K, Yoshikawa T, Yoshimura M, Akiyama M, Anzai T, Ishihara S, Inomata T, Imamura T, Iwasaki YK, Ohtani T, Onishi K, Kasai T, Kato M, Kawai M, Kinugasa Y, Kinugawa S, Kuratani T, Kobayashi S, Sakata Y, Tanaka A, Toda K, Noda T, Nochioka K, Hatano M, Hidaka T, Fujino T, Makita S, Yamaguchi O, Ikeda U, Kimura T, Kohsaka S, Kosuge M, Yamagishi M, Yamashina A, Japanese Circulation Society and the Japanese Heart Failure Society Joint Working Group. JCS 2017/JHFS 2017 Guideline on Diagnosis and Treatment of Acute and Chronic Heart Failure - Digest Version. Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society. 2019. 83. 10. 2084-2184
  • Kamiya K, Yamamoto T, Makaya M, Ikegame T, Takahashi T, Sato Y, Kotooka N, Saito Y, Tsutsui H, Miyata H, Isobe M. Nationwide Survey of Multidisciplinary Care and Cardiac Rehabilitation for Patients With Heart Failure in Japan - An Analysis of the AMED-CHF Study. Circulation Journal. 2019
  • 石田洋子、眞茅みゆき. 心不全患者のfatigueに関する研究の現状と課題:ナラティブレビュー. Palliative Care Research. 2019. 14. 1. 23-38
  • Nakada Y, Kawakami R, Matsushima S, Ide T, Kanaoka K, Ueda T, Ishihara S, Nishida T, Onoue K, Soeda T, Okayama S, Watanabe M, Okura H, Tsuchihashi-Makaya M, Tsutsui H, Saito Y. Simple Risk Score to Predict Survival in Acute Decompensated Heart Failure - A2B Score. Circulation Journal. 2019
もっと見る
MISC (23件):
書籍 (14件):
  • 新・心臓病診療プラクティス (6) 心不全に挑む・患者を救う
    文光堂 2005 ISBN:4830616857
  • 心不全を予防する-発症させない再発させないための診療ストラテジー
    中山書店 2006 ISBN:4521676812
  • 絵でわかる心不全患者さんのためのいきいき生活ガイド
    ライフ・サイエンス出版 2009 ISBN:4897752612
  • Cardio Diabetic Frontier-心血管病と糖尿病を統合的に理解する新たな視点を求めて 筒井裕之 編
    メディカルレビュー社 2010 ISBN:4779206081
  • 心不全 (患者抄録で究める循環器病シリーズ 3) 筒井裕之 編
    羊土社 2010 ISBN:4758107394
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(医学)
経歴 (3件):
  • 北里大学看護学部
  • 国立国際医療センター研究所医療情報解析研究部
  • 国立国際医療センター研究所 流動研究員
委員歴 (11件):
  • 2018/10 - 現在 日本心不全学会 チーム医療推進委員会 委員長
  • 2018/08 - 現在 日本循環器学会 チーム医療部会 委員
  • 2018/08 - 現在 日本循環器学会 循環器病克服5カ年計画 人材育成サブワーキ​ンググループ 委員
  • 2016/10 - 現在 日本心不全学会 理事
  • 2016/08 - 現在 日本循環器看護学会 監事
全件表示
所属学会 (6件):
日本心臓リハビリテーション学会 ,  日本循環器学会 ,  日本心不全学会 ,  日本心臓病学会 ,  日本循環器管理研究協議会 ,  日本循環器看護学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る