研究者
J-GLOBAL ID:201201039212030497   更新日: 2020年08月31日

大久保 陽一郎

オオクボ ヨウイチロウ | Okubo Yoichiro
所属機関・部署:
職名: 医長
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/40516267
研究分野 (2件): 人体病理学 ,  実験病理学
研究キーワード (3件): 神経内分泌腫瘍 ,  クリプトコックス・ガッティ ,  腫瘍塞栓性肺微小血管障害
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2017 - 2021 膵消化管神経内分泌腫瘍の危険因子と浸潤転移機構の解明および新規治療法の基盤形成
  • 2018 - 2019 神経内分泌腫瘍に対する病理形態学的アプローチ
  • 2016 - 2017 消化管神経内分泌腫瘍における予後予測因子の確立と浸潤・転移機構の解明
  • 2014 - 2017 C. gattii感染症における高病原性機序の解明と臨床応用への基盤形成
  • 2012 - 2014 腫瘍塞栓性肺微小血管障害(PTTM)における血行動態ならびに背景因子の解明
全件表示
論文 (6件):
もっと見る
MISC (221件):
  • 酒井 麻衣, 内山 亜弥, 那須 隆二, 杉崎 加奈, 能條 潤, 北村 和久, 岩撫 成子, 大久保 陽一郎, 加藤 久盛, 横瀬 智之. ASC-USの判定を再考してみる 当院におけるASC-USの現状とそこからみえる細胞像. 日本臨床細胞学会雑誌. 2019. 58. Suppl.1. 118-118
  • 堤 壮吾, 大久保 陽一郎, 滝沢 明利, 安井 将人, 野口 剛, 梅本 晋, 加藤 晃史, 岸田 健. ニボルマブによる間質性肺炎発症後も有効性が維持されている転移性腎癌の一例. 日本泌尿器科学会雑誌. 2019. 110. 2. 124-128
  • 鈴木 理樹, 笠島 理加, 横瀬 智之, 山口 類, 井元 清哉, 吉岡 恵美, 鷲見 公太, 大久保 陽一郎, 河内 香江, 宮城 洋平. 全エクソーム解析による高悪性度胎児型肺腺癌の遺伝子異常の解明. 日本病理学会会誌. 2019. 108. 1. 287-287
  • 吉岡 恵美, 河内 香江, 鷲見 公太, 鈴木 理樹, 大久保 陽一郎, 横瀬 智之, 宮城 洋平. 上皮成分も悪性であった悪性葉状腫瘍の一例. 日本病理学会会誌. 2019. 108. 1. 392-392
  • 大久保 陽一郎, 野口 剛, 宮城 洋平, 吉岡 恵美, 鈴木 理樹, 鷲見 公太, 河内 香江, 岸田 健, 亀田 陽一, 横瀬 智之. 前立腺生検における生検前MRIの臨床病理学的意義. 日本病理学会会誌. 2019. 108. 1. 402-402
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士 (医学)
経歴 (5件):
  • 2015/07 - 現在 神奈川県立がんセンター 医長
  • 2013/12 - 2015/06 東邦大学 講師
  • 2012/04 - 2013/11 東邦大学 医学部 助教
  • 2007/04 - 2012/03 東邦大学 レジデント
  • 2005/04 - 2007/03 JA神奈川県厚生連 相模原協同病院 研修医
委員歴 (3件):
  • 2019/04 - 現在 Frontiers in Oncology Associate Editor
  • 2018/05 - 現在 World Journal of Clinical Oncology Editorial Board Member
  • 2013/05 - 2019/04 Frontiers in Oncology Review Editor
受賞 (5件):
  • 2014/11 - 日本医真菌学会 第58回医真菌学会総会・学術集会 優秀演題賞 Cryptococcus gattii 株における病原性発現機構の解明
  • 2014/02 - 真菌症フォーラム 第15回学術集会 最優秀賞 アウトブレイク型Cryptococcus gattii株に対する組織学的ならびに網羅的遺伝子解析
  • 2013/02 - 真菌症フォーラム第14回学術集会 奨励賞 Cryptococcus gattii感染マウス肺における肺構築変換と組織球を介した細胞間相互作用の解析
  • 2012/11 - 第56回日本医真菌学会総会・学術集会 優秀演題賞 マウス肺クリプトコックス症モデルを用いた感染防御ならびに肺構築変換の解析
  • 2012/05 - 第33回関東医真菌懇話会学術集会 優秀演題賞 Cryptococcus gattii感染モデルマウスの病理学的検討
所属学会 (2件):
日本臨床細胞学会 ,  日本病理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る