研究者
J-GLOBAL ID:201201042930373131   更新日: 2021年09月05日

佐藤 美紀子

サトウ ミキコ | Sato Mikiko
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 人体病理学 ,  産婦人科学
研究キーワード (11件): 細胞極性 ,  aPKC ,  免疫組織化学 ,  癌細胞 ,  IL6 ,  エリスロポエチン ,  Erythropoietin ,  多血症 ,  血管成熟 ,  Angiopoietin ,  子宮筋腫
論文 (25件):
  • 吉田 好雄,二神 真行,酒井 瞳,鈴木 直,婦人科悪性腫瘍研究機構(JGOG) 支持・緩和医療委員会. 【婦人科がん臨床研究のトレンドを知る】. 産科と婦人科. 2020. 87. 6. 675-680
  • Nakajima T, Kasuga A, Hara-Yamashita A, Ikeda Y, Asai-Sato M, Nakao T, Hayashi C, Takeya C, Adachi K, Tsuruga T, et al. Reconstructed uterine length is critical for the prevention of cervical stenosis following abdominal trachelectomy in cervical cancer patients. J Obstet Gynaecol Res. 2020. 46. 2. 328-336
  • Yoshio Itani, Hitomi Sakai, Mikiko Asai-Sato, Shinya Sato, Masayuki Futagami, Nao Suzuki, Masaki Fujimura, Yoichi Aoki, Tetsutaro Hamano, Yoshio Yoshida, et al. A post-hoc study of relative dose intensity in elderly patients with advanced ovarian cancer (JGOG3016-A3). Journal of Clinical Oncology. 2020. 38. 15. e18053
  • Hasegawa T, Furugori M, Kubota K, Asai-Sato M, Yashiro-Kawano A, Kato H, Oi Y, Shigeta H, Segawa K, Kitagawa M, et al. Does the extension of the type of hysterectomy contribute to the local control of endometrial cancer?. Int J Clin Oncol. 2019. 24. 9. 1129-1136
  • Ikeda Y, Uemura Y, Asai-Sato M, Nakao T, Nakajima T, Iwata T, Akiyama A, Satoh T, Yahata H, Kato K, et al. Safety and efficacy of mucosal immunotherapy using human papillomavirus (HPV) type 16 E7-expressing. Jpn J Clin Oncol. 2019. 49. 9. 877-880
もっと見る
MISC (27件):
もっと見る
書籍 (6件):
  • 婦人科がんサバイバーのヘルスケアガイドブック
    診断と治療社 2020
  • 癌化学療法と制吐薬使用マニュアル 婦人科癌・泌尿器科癌編[改訂版]
    メディカルレビュー社 2016
  • キャリアUPを目指す学会発表と研究スタートアップ
    メディカルレビュー社 2016
  • 婦人科診療ハンドブック
    中外医学社 2014
  • がん化学療法クリティカルポイント対応マニュアル
    じほう社 2013
もっと見る
学歴 (1件):
  • 横浜市立大学
経歴 (2件):
  • 2018/04 - 現在 横浜市立大学 附属病院 産婦人科 客員准教授
  • 2015/04 - 2018/03 横浜市立大学 大学病院 准教授
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る