研究者
J-GLOBAL ID:201201046439652563   更新日: 2021年10月11日

濱口 豊太

ハマグチ トヨヒロ | Hamaguchi Toyohiro
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/80296186.ja.html
研究分野 (3件): 栄養学、健康科学 ,  リハビリテーション科学 ,  臨床心理学
研究キーワード (32件): 抑うつ ,  うつ ,  集団認知行動療法 ,  ソーシャルスキル ,  地域援助 ,  VSI ,  運動療法 ,  高1クライシス ,  心理尺度 ,  GSA ,  不安 ,  心理的ストレス ,  行動活性化 ,  心理療法 ,  中1ギャップ ,  項目反応理論 ,  学校適応 ,  コミュニケーションスキル ,  ソーシャル・キャピタル ,  学校間接続 ,  消化器 ,  心身症 ,  過敏性腸症候群 ,  脳腸相関 ,  作業療法 ,  ストレス ,  神経科学 ,  リハビリテーション ,  医療・福祉 ,  認知行動療法 ,  系統的レビュー ,  肥満
競争的資金等の研究課題 (24件):
  • 2021 - 2024 手指運動画像から筋緊張と麻痺の重症度を推定するアプリケーションの開発
  • 2020 - 2024 最適運動軌道と脳活動:目標の明示化による練習効果
  • 2018 - 2023 滑らかな行動を獲得する新しい介入戦略:神経活動の同期化と行動学習
  • 2018 - 2023 下痢型IBSを対象とした暴露療法:消化管症状に対する不安条件付けの消去
  • 2019 - 2022 手指に痛みない美容師の鋏の使い方を学習して手指の障害を予防する鋏練習装置の開発
全件表示
論文 (155件):
  • Koike Yuji, Okino Akihisa, Takeda Kazuhisa, Takanami Yasuhiro, Toyohiro Hamaguchi. Comparison of Manipulative Indicators of Students and Therapists Using a Robotic Arm: A Feasibility Study. Applied Sciences. 2021. 11. 20. 1-11
  • Takeshi Saito, Toshiyuki Ishioka, Sho Yoshimura, Toyohiro Hamaguchi. Predictive Ability of Fahrenheit, a Hand Motion Recording System for Assessing Hand Motor Function in Patients with Hemiplegia Post-Cerebrovascular Disease-A Pilot Study. Applied Sciences. 2021. 11. 17. 8153
  • Kohei Koizumi, Kumiko Sasao, Yuji Koike, Akihisa Okino, Kazuhisa Takeda, Toyohiro Hamaguchi. Usefulness of Scissors with a Power-Support Mechanism to Assist Thumb Movement: An Observational Study. Applied Sciences. 2021. 11. 16. 7756-7756
  • Kengo Usuki, Takako Suzuki, Hiroaki Ueda, Toshiyuki Ishioka, Toyohiro Hamaguchi. Underestimated active joint motions in patients with distal radius fractures: An observational study. Journal of Ergonomic Technology. 2021. 21. 1. 29-39
  • Toyohiro Hamaguchi, Hiromi Nakamura Thomas. Mechanism of the Developed Sensorimotor Therapy Device: Synchronous Inputs of Visual Stimuli and Vibration to Improve Recovery of Distal Radius Fractures. Biomed J Sci & Tech Res. 2021. 38. 2. 2021
もっと見る
MISC (3件):
  • 滝澤 宏和, 田山 淳, 小泉 浩平, 石岡 俊之, 濱口 豊太. MCIはないが、うつ症状のある回復期脳卒中患者には中性表情に対する注意バイアスがある. 日本作業療法学会抄録集. 2020. 54回. PA-36
  • 小池 祐士, 鈴木 誠, 沖野 晃久, 高波 泰裕, 濱口 豊太. 筋緊張病態が異なる教育用アームロボットに対する学生と作業療法士との運動療法技術の違い. 日本作業療法学会抄録集. 2020. 54回. PR-34
  • 大木原 徹也, 濱口 豊太, 石岡 俊之, 小泉 浩平, 武田 智徳, 高橋 秀寿, 牧田 茂. 心的外傷性ストレス症状を有する急性期脳卒中患者の心理. The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2020. 57. 特別号. 1-5
特許 (4件):
書籍 (34件):
  • 図解作業療法技術ガイド第4版
    2021
  • 日本の作業療法発達史-萌芽期の軌跡を尋ねて-
    2021
  • 作業療法臨床実習とケーススタディ
    医学書院 2020 ISBN:9784260041263
  • 運動学とバイオメカニクスの基礎
    南江堂 2019
  • OT評価ポケット手帳
    ヒューマンプレス 2019 ISBN:9784908933219
もっと見る
講演・口頭発表等 (152件):
  • 心的外傷性ストレス症状を有する急性期脳卒中患者の心理
    (The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine 2020)
  • 美容シザーのパワーアシストによる母指球筋疲労軽減効果
    (日本作業療法研究学会雑誌 2019)
  • "通所リハビリテーション施設における熱画像を用いた 見守りシステムの有用性"
    (第8回日本支援工学理学療法学会学術大会抄録集 2019)
  • 病期の異なる血液がん患者2例における心理的ストレス反応の変化
    (日本作業療法学会抄録集 2019)
  • BoNT-A治療とリハビリテーション治療を長期間継続した患者の運動麻痺回復と心理
    (日本作業療法学会抄録集 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2001 - 2005 東北大学大学院 行動医学分野
  • 1999 - 2001 東北大学大学院 人間行動学
  • 1990 - 1993 長崎大学 作業療法学科
学位 (3件):
  • 博士(医学) (東北大学)
  • 修士(障害科学) (東北大学)
  • 学士(保健衛生学)
経歴 (6件):
  • 2021/04 - 現在 埼玉県立大学 研究開発センター センター長
  • 2015/04 - 現在 埼玉県立大学大学院保健医療福祉学研究科博士後期課程 リハビリテーション学領域 教授
  • 2013/04 - 現在 埼玉県立大学 保健医療福祉学部 教授
  • 2006/04 - 現在 東北大学大学院医学系研究科医科学専攻 行動医学 非常勤講師
  • 2008/04 - 2013/03 埼玉県立大学 保健医療福祉学部 准教授
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2014/04 - 現在 蕨市高齢者福祉計画等策定懇談会 会長
  • 2012/11 - 現在 蕨市介護保険運営協議会 会長
  • 2012/11 - 2014/03 蕨市地域密着型サービス事業選定委員会 会長
受賞 (1件):
  • 2003/06 - 日本脳科学会 若手研究奨励賞
所属学会 (5件):
日本作業療法士協会 ,  日本リハビリテーション連携科学学会 ,  日本脳科学会 ,  日本行動医学会 ,  日本心身医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る