研究者
J-GLOBAL ID:201201048682032436   更新日: 2012年08月01日

内海 大

ウツミ ダイ | Utsumi Dai
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (2件): http://ortho.dh.nagasaki-u.ac.jp/http://ortho.dh.nagasaki-u.ac.jp/
研究分野 (8件): 医療薬学 ,  生理学 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  動物生理化学、生理学、行動学 ,  医療薬学 ,  生理学 ,  成長、発育系歯学
研究キーワード (5件): 顎口腔機能学 ,  矯正歯科学 ,  stomatognathic function ,  dentofacial orthopedics ,  orthodontics
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2011 - 下顎枝垂直骨切術における顎骨動態及び生着メカニズムの解明
  • 2011 - Experimental investigation into healing process and displacement of mandibular fragment after VRO
  • 2007 - 食品性状の違いの認識が咀嚼筋活動の協調運動に及ぼす影響
  • 2007 - Motor coordination of masetter and temporalis muscle during mastication
MISC (10件):
  • 古賀義之, 藤下あゆみ, 尾崎博弥, 中村 文, 内海 大, 富永淳也, 松尾恭子, 森田幸子, 原 宏子, 吉田教明. 臼歯部の咬合高径変化が下顎前歯部の位置に及ぼす影響. 九州矯正歯科学会雑誌. 2011. 7. 1. 11-18
  • Utsumi D, Nakamura A, Matsuo K, Zeredo JL, Koga Y, Yoshida N. Motor coordination of masetter and temporalis muscle during mastication in mice. The International Journal of Stomatology and Occlusion Medicine. 2011. 3. 4. 187-194
  • Koga Y, Fujishita A, Ozaki H, Nakamura A, Utsumi D, Tominaga J, Matsuo K, Morita Y, Hara H, Tanaka M, et al. A study on the effect of molar vertical dimention on mandibular incisor position. Journal of Kyushu Orthodontic Society. 2011. 7. 1. 11-18
  • Utsumi D, Nakamura A, Matsuo K, Zeredo JL, Koga Y, Yoshida N. Motor coordination of masetter and temporalis muscle during mastication in mice. The International Journal of Stomatology and Occlusion Medicine. 2011. 3. 4. 187-194
  • 黒瀬直子, 黒瀬雅之, 山村健介, 高辻華子, 内海 大, 山田好秋. 自由運動下マウスを用いた咀嚼時筋活動様式の検討. 日本咀嚼学会雑誌. 2010. 20. 2. 113-121
もっと見る
講演・口頭発表等 (19件):
  • 口蓋側ミニスクリューを用い上顎臼歯部を圧下して治療した2症例
    (第7回九州矯正歯科学会学術大会 2012)
  • 大臼歯圧下による下顎骨の回転が下顎前歯の位置に及ぼす影響について
    (第7回九州矯正歯科学会学術大会 2012)
  • Influence of Malocclusion on Masticatory Function and Mandibular Growth
    (90th IADR/LAR general session 2012)
  • Influence of Malocclusion on Masticatory Function and Mandibular Growth
    (2012)
  • マウスを用いた下顎枝垂直骨切術における顎骨動態及び生着メカニズムの解明
    (第70回日本矯正歯科学会大会 2011)
もっと見る
Works (2件):
  • 時期・組織特異的ノックアウトマウスを用いた咀嚼中枢・摂食中枢形成障害の機序解明
    2012 - 2014
  • 軟食化が顎口腔機能の発達に及ぼす影響-マウスモデルを用いた咀嚼・嚥下機能解析
    2012 - 2014
学位 (1件):
  • 博士(歯学) (長崎大学)
委員歴 (2件):
  • 2012 - 日本顎口腔機能学会 社会保険 歯保連担当 幹事
  • 2012 - Japanese society ofstomatognathic function secretary of social insurance
所属学会 (8件):
日本咀嚼学会 ,  日本顎口腔機能学会 ,  九州矯正歯科学会 ,  日本矯正歯科学会 ,  Japanese Society for Mastication Science and Health Promotion ,  Japanese society ofstomatognathic function ,  The Kyushu Orthodontic Society ,  Japanese Orthodontic Society
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る