研究者
J-GLOBAL ID:201201049035466463   更新日: 2021年10月27日

宮崎 亮

Miyazaki Ryo
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 栄養学、健康科学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2019 - 2022 ライフステージの朝型夜型リズム変化に適した世代別・時間帯別の運動プログラム開発
  • 2016 - 2019 サルコペニア予防を目指した時間運動学に基づく運動プログラムの開発と効果検証
  • 2014 - 2016 日内運動タイミングが生活習慣病予防に及ぼす影響-時計遺伝子の朝型夜型に着目して-
論文 (24件):
  • Takafumi Abe, Kenta Okuyama, Tsuyoshi Hamano, Masamitsu Kamada, Minoru Isomura, Toru Nabika, Ryo Miyazaki. Association between hilliness and walking speed in community-dwelling older Japanese adults: A cross-sectional study. Archives of gerontology and geriatrics. 2021. 97. 104510-104510
  • Ryo Miyazaki, Makoto Ayabe, Hideaki Kumahara, Kazuhiro Morimura, Yoshihide Inukai. Effects of light-to-moderate intensity aerobic exercise on objectively measured sleep parameters among community-dwelling older people. Archives of Gerontology and Geriatrics. 2021. 94. 104336-104336
  • Takafumi Abe, Kenta Okuyama, Masamitsu Kamada, Shozo Yano, Yuta Toyama, Minoru Isomura, Toru Nabika, Naoki Sakane, Hitoshi Ando, Ryo Miyazaki. Social participation and physical prefrailty in older Japanese adults: The Shimane CoHRE study. PLOS ONE. 2020. 15. 12. e0243548-e0243548
  • Takumi Aoki, Kazuhiko Fukuda, Chiaki Tanaka, Yasuko Kamikawa, Nobuhiro Tsuji, Ryoji Kasanami, Taketaka Hara, Ryo Miyazaki, Hideki Tanaka, Hidenori Asai, et al. The relationship between sleep habits, lifestyle factors, and achieving guideline-recommended physical activity levels in ten-to-fourteen-year-old Japanese children: A cross-sectional study. PLOS ONE. 2020. 15. 11. e0242517-e0242517
  • 綾部 誠也, 熊原 秀晃, 久保田 恵, 井上 里加子, 宮崎 亮, 松本 希, 飯田 智行, 森村 和浩, 入江 康至, 犬飼 義秀. 肥満中高齢女性の摂食行動と体動計24時間装着により客観的に評価した活動パターンと睡眠効率. 体力科学. 2020. 69. 1. 207-207
もっと見る
MISC (21件):
学位 (1件):
  • 理学 (同志社大学)
受賞 (2件):
  • 2019/09 - 牛乳乳製品健康科学会議 2019年度牛乳乳製品健康科学会議学術研究報告会優秀賞 離島在住高齢者のフレイル予防に資する牛乳・乳製品摂取の網羅的疫学調査-歩行能力・バランス能力に着目して-
  • 2010/06 - 第10回日本抗加齢医学会総会優秀演題賞 地域医療とアンチエイジング:地域中高齢者を対象とした,長期間の歩数計中心の運動プログラムとアンチエイジング検診の併用効果
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る