研究者
J-GLOBAL ID:201201051578004235   更新日: 2022年07月02日

松田 勝也

マツダ カツヤ | Matsuda Katsuya
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): https://www-sdc.med.nagasaki-u.ac.jp/pathology/index.html
研究分野 (4件): 腫瘍診断、治療学 ,  放射線影響 ,  実験病理学 ,  人体病理学
研究キーワード (5件): 分子病理学 ,  放射線影響科学 ,  臨床細胞診断学 ,  ゲノム不安定性 ,  診断病理学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2022 - 2026 甲状腺濾胞性腫瘍の術前細胞診断を可能とする53BP1発現型の定量解析
  • 2016 - 2018 尿細胞診でのゲノム不安定性を指標とした低異型度尿路上皮癌新規診断マーカーの開発
  • 2016 - 2017 DNA 損傷応答分子53BP1 発現による甲状腺濾胞性腫瘍術前診断マーカーの開発
論文 (48件):
  • Eiko Inamasu, Tomoshi Tsuchiya, Motohiro Yamauchi, Kodai Nishi, Katsuya Matsuda, Fumio Sugawara, Kengo Sakaguchi, Ryoichi Mori, Keitaro Matsumoto, Takuro Miyazaki, et al. Anticancer agent α-sulfoquinovosyl-acylpropanediol enhances the radiosensitivity of human malignant mesothelioma in nude mouse models. Journal of Radiation Research. 2022. 63. 1. 19-29
  • Mutsumi Matsuu-Matsuyama, Kazuko Shichijo, Katsuya Matsuda, Nariaki Fujimoto, Hisayoshi Kondo, Shiro Miura, Tomomi Kurashige, Yuji Nagayama, Masahiro Nakashima. Age-dependent effects on radiation-induced carcinogenesis in the rat thyroid. Scientific Reports. 2021. 11. 1
  • TOSHINOBU IMAIZUMI, KATSUYA MATSUDA, KEI TANAKA, HISAYOSHI KONDO, NOZOMI UEKI, HIROKAZU KUROHAMA, CHIEKO OTSUBO, YUKI MATSUOKA, YUKO AKAZAWA, SHIRO MIURA, et al. Detection of Endogenous DNA Double-strand Breaks in Oral Squamous Epithelial Lesions by P53-binding Protein 1. Anticancer Research. 2021. 41. 10. 4771-4779
  • Khaleque N Khan, Akira Fujishita, Hideki Muto, Hiroshi Masumoto, Kanae Ogawa, Akemi Koshiba, Taisuke Mori, Kyoko Itoh, Satoshi Teramukai, Katsuya Matsuda, et al. Levofloxacin or gonadotropin releasing hormone agonist treatment decreases intrauterine microbial colonization in human endometriosis. European Journal of Obstetrics & Gynecology and Reproductive Biology. 2021. 264. 103-116
  • Akira Kinoshita, Kaname Ohyama, Susumu Tanimura, Katsuya Matsuda, Tatsuya Kishino, Yutaka Negishi, Naoko Asahina, Hideaki Shiraishi, Kana Hosoki, Kiyotaka Tomiwa, et al. Itpr1 regulates the formation of anterior eye segment tissues derived from neural crest cells. Development. 2021. 148. 16
もっと見る
MISC (109件):
  • 上田真由, 松田勝也, 黒濱大和, Zhanna Mussazhanova, Yerkezhan Sailaubekova, 近藤久義, 松岡優毅, 大坪智恵子, 佐藤伸也, 山下弘幸, et al. 低分化成分を有する非浸潤性甲状腺結節の分子病理学的特徴解析. 第9回日本甲状腺病理学会学術集会 プログラム. 2022. 6
  • 中島正洋, 松田勝也. 甲状腺濾胞性腫瘍のLBC検体を対象としたDNA損傷応答分子53BP1発現解析. 日本臨床細胞学会雑誌. 2022. 61. 補冊1. 150
  • 松田勝也, 上田真由, Mussazhanova Zhanna, Sailaubekova, Sailaubekova Yerkezhan, 黒濱大和, 松岡優毅, 大坪智恵子, 佐藤伸也, 山下弘幸, et al. 充実性成分を呈する結節内結節型甲状腺結節の分子病理学的特徴解析. 日本病理学会会誌. 2022. 111. 1. 221-221
  • 上木望, 赤澤祐子, 三浦史郎, 松田勝也, 黒濱大和, 今泉利信, 近藤久義, 中島正洋. 食道扁平上皮癌と 53BP1 核内フォーカス形成. 日本病理学会会誌. 2022. 111. 1. 305-305
  • 松田勝也, 本山高啓, 金子洋平, 市来奈津子, 田中圭, 林洋子, 中島正洋, 長崎県臨床細胞学会理事. ポストコロナ新時代のニューノーマル:新しい学会のかたち. 日本臨床細胞学会雑誌. 2021. 60. 補2. 595-595
もっと見る
書籍 (2件):
  • Cytological diagnosis of uterine cervix - atlas and self assessment - (Russian version)
    2020
  • Cytological diagnosis of uterine cervix - atlas and self assessment - (English version)
    Nagasaki association for Hibakusya's Medical care (NASHIM) 2020
講演・口頭発表等 (196件):
  • スライドカンファレンス「婦人科:卵巣」
    (第36回長崎県臨床細胞学会総会および学術集会・がん検診従事者指導講習会 2022)
  • 低分化成分を有する非浸潤性甲状腺結節の分子病理学的特徴解析
    (第9回日本甲状腺病理学会学術集会 2022)
  • 甲状腺濾胞性腫瘍のLBC検体を対象としたDNA損傷応答分子53BP1発現解析
    (第63回日本臨床細胞学会総会春期大会 2022)
  • 食道扁平上皮癌と53BP1核内フォーカス形成
    (第111回日本病理学会総会 2022)
  • 充実性成分を呈する結節内結節型甲状腺結節の分子病理学的特徴解析
    (第111回日本病理学会総会 2022)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(医学) (長崎大学)
委員歴 (13件):
  • 2020/01 - 現在 長崎県保健医療対策協議会がん対策部会 子宮がん委員会委員
  • 2019/09 - 現在 日本婦人科がん検診学会 評議員
  • 2019/07 - 現在 日本臨床細胞学会九州連合会 理事
  • 2019/06 - 現在 長崎県細胞検査士会 代表
  • 2019/06 - 現在 日本臨床細胞学会 評議員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2017/09 - European congress of pathology Best Poster Prize Significance of p53-binding protein 1-Nuclear Expression in urothelial tumours: Implication of DNA damage response in association with tumour grades
  • 2007/02 - 日本臨床細胞学会長崎県支部 第1回学術奨励賞 子宮内膜病変〜内膜増殖症はどこまで診断できるのか〜内膜細胞集塊からのアプローチ
所属学会 (7件):
日本甲状腺病理学会 ,  日本放射線影響学会 ,  日本臨床内分泌病理学会 ,  日本病理学会 ,  日本婦人科がん検診学会 ,  日本臨床細胞学会 ,  日本臨床衛生検査技師会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る