研究者
J-GLOBAL ID:201201051578004235   更新日: 2020年10月27日

松田 勝也

マツダ カツヤ | Matsuda Katsuya
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): https://www-sdc.med.nagasaki-u.ac.jp/pathology/index.html
研究分野 (5件): 人体病理学 ,  実験病理学 ,  化学物質影響 ,  放射線影響 ,  腫瘍診断、治療学
研究キーワード (5件): 分子病理学 ,  放射線影響科学 ,  臨床細胞診断学 ,  ゲノム不安定性 ,  診断病理学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2016 - 2018 尿細胞診でのゲノム不安定性を指標とした低異型度尿路上皮癌新規診断マーカーの開発
  • 2016 - 2017 DNA 損傷応答分子53BP1 発現による甲状腺濾胞性腫瘍術前診断マーカーの開発
論文 (34件):
  • Sayaka Kawashita, Katsuya Matsuda, Takahiro Matsuwaki, Hirokazu Kurohama, Masahiro Ito, Masao Kishikawa, Kiyonori Miura, Masahiro Nakashima. Cervical Superficially Invasive Squamous Cell Carcinoma With Supraclavicular Lymph Node Metastasis. International Journal of Gynecological Pathology. 2020. Publish Ahead of Print
  • Makoto Ihara, Kazuko Shichijo, Kiyoto Ashizawa, Katsuya Matsuda, Ryota Otsubo, Ichiro Horie, Masahiro Nakashima, Takashi Kudo. Relationship between thyroid tumor radiosensitivity and nuclear localization of DNA-dependent protein kinase catalytic subunit. Journal of Radiation Research. 2020
  • Mutsumi Matsuu-Matsuyama, Kazuko Shichijo, Takashi Tsuchiya, Hisayoshi Kondo, Shiro Miura, Katsuya Matsuda, Ichiro Sekine, Masahiro Nakashima. Protective effects of a cystine and theanine mixture against acute radiation injury in rats. Environmental toxicology and pharmacology. 2020. 78. 103395-103395
  • Thi My Hanh Luong, Yuko Akazawa, Zhanna Mussazhanova, Katsuya Matsuda, Nozomi Ueki, Shiro Miura, Toshihide Hara, Hiroko Yokoyama, Masahiro Nakashima. Cutaneous pilomatrical carcinosarcoma: a case report with molecular analysis and literature review. Diagnostic pathology. 2020. 15. 1. 7-7
  • Ikuko Takahara, Yuko Akazawa, Maiko Tabuchi, Katsuya Matsuda, Hisamitsu Miyaaki, Youko Kido, Yasuko Kanda, Naota Taura, Ken Ohnita, Fuminao Takeshima, et al. Correction: Toyocamycin attenuates free fatty acid-induced hepatic steatosis and apoptosis in cultured hepatocytes and ameliorates nonalcoholic fatty liver disease in mice. PloS one. 2020. 15. 7. e0235729
もっと見る
MISC (84件):
  • 松山睦美, 七條和子, 松田勝也, 三浦史郎, 近藤久義, 中島正洋. ラット甲状腺の急性期放射線感受性におけるオートファジーの影響. 広島医学. 2020. 73. 4. 207-210
  • 黒濱 大和, 松田 勝也, 木住野 美緒, 松山 睦美, 赤澤 祐子, 木下 晃, 吉浦 孝一郎, 中島 正洋. ラット放射線誘発甲状腺発癌モデルによる被曝特異的分子マーカーの網羅的探索. 日本病理学会会誌. 2020. 109. 1. 310-311
  • 赤澤 祐子, 松田 勝也, 中尾 一彦, 中島 正洋. NAFLDにおける53BP1を用いた遺伝子損傷応答の可視化. 日本病理学会会誌. 2020. 109. 1. 347-347
  • 大坪 智恵子, Mussazhanova Zhanna, 黒濱 大和, Luong Thy My Hanh, 松田 勝也, 佐藤 伸也, 山下 弘幸, 中島 正洋. 頸部リンパ節の異所性甲状腺組織と濾胞亜型乳頭癌転移との鑑別にDNA損傷応答分子53BP1の発現解析は有用である. 日本内分泌学会雑誌. 2020. 95. 4. 1713-1713
  • 松田 勝也, 佐藤 綾子, 本山 高啓, ムサジャノワ・ジャンナ, 大坪 竜太, 矢野 洋, 樋口 観世子, 廣川 満良, 永安 武, 中島 正洋. DNA損傷応答分子53BP1発現型解析は甲状腺濾胞性腫瘍細胞診に有用である. 日本臨床細胞学会雑誌. 2019. 58. Suppl.1. 192-192
もっと見る
講演・口頭発表等 (169件):
  • 結節内結節を伴う甲状腺良性結節の53BP1発現による分子病理学的特徴解析
    (第24回日本臨床内分泌病理学会学術総会 2020)
  • 甲状腺乳頭癌の転移と異所性甲状腺組織の鑑別における53BP1の有用性
    (第109回日本病理学会総会 2020)
  • NAFLDにおける53BP1を用いた遺伝子損傷応答の可視化
    (第109回日本病理学会総会 2020)
  • 口腔扁平上皮腫瘍でのDNA損傷応答分子53BP1発現:高異型度上皮内腫瘍での発現異常について
    (第109回日本病理学会総会 2020)
  • ラット放射線甲状腺癌モデルによる被曝特異的分子マーカーの網羅的探索
    (第109回日本病理学会総会 2020)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(医学) (長崎大学)
委員歴 (10件):
  • 2020/01 - 現在 長崎県保健医療対策協議会がん対策部会 子宮がん委員会委員
  • 2019/09 - 現在 日本婦人科がん検診学会 評議員
  • 2019/07 - 現在 日本臨床細胞学会九州連合会 理事
  • 2019/06 - 現在 長崎県細胞検査士会 代表
  • 2019/06 - 現在 日本臨床細胞学会 評議員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2017/09 - 欧州病理学会 第29回欧州病理学会ベストポスター賞 Significance of p53-binding protein 1-Nuclear Expression in urothelial tumours: Implication of DNA damage response in association with tumour grades
  • 2007/02 - 日本臨床細胞学会長崎県支部 第1回学術奨励賞 子宮内膜病変〜内膜増殖症はどこまで診断できるのか〜内膜細胞集塊からのアプローチ
所属学会 (7件):
日本甲状腺病理学会 ,  日本放射線影響学会 ,  日本臨床内分泌病理学会 ,  日本病理学会 ,  日本婦人科がん検診学会 ,  日本臨床細胞学会 ,  日本臨床衛生検査技師会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る