研究者
J-GLOBAL ID:201201054558796150   更新日: 2020年09月01日

岡本 一男

オカモト カズオ | OKAMOTO Kazuo
所属機関・部署:
職名: 特任准教授
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/00436643.ja.html
研究分野 (3件): 免疫学 ,  実験病理学 ,  常態系口腔科学
研究キーワード (4件): 自己免疫疾患 ,  関節リウマチ ,  骨免疫学 ,  免疫学
論文 (26件):
  • Tatsuo Asano, Kazuo Okamoto, Yuta Nakai, Masanori Tsutsumi, Ryunosuke Muro, Ayako Suematsu, Kyoko Hashimoto, Tadashi Okamura, Shogo Ehata, Takeshi Nitta, et al. Soluble RANKL is physiologically dispensable but accelerates tumour metastasis to bone. Nature metabolism. 2019. 1. 9. 868-875
  • Hayashi M, Nakashima T, Yoshimura N, Okamoto K, Tanaka S, Takayanagi H. Autoregulation of Osteocyte Sema3A Orchestrates Estrogen Action and Counteracts Bone Aging. Cell metabolism. 2019. 29. 3. 627-637.e5
  • Yuta Nakai, Kazuo Okamoto, Asuka Terashima, Shogo Ehata, Jun Nishida, Takeshi Imamura, Takashi Ono, Hiroshi Takayanagi. Efficacy of an orally active small-molecule inhibitor of RANKL in bone metastasis. Bone research. 2019. 7. 1-1
  • Masayuki Tsukasaki, Noriko Komatsu, Kazuki Nagashima, Takeshi Nitta, Warunee Pluemsakunthai, Chisa Shukunami, Yoichiro Iwakura, Tomoki Nakashima, Kazuo Okamoto, Hiroshi Takayanagi. Host defense against oral microbiota by bone-damaging T cells. Nature Communications. 2018. 9. 1. 701
  • Inoue M, Okamoto K, Terashima A, Nitta T, Muro R, Negishi-Koga T, Kitamura T, Nakashima T, Takayanagi H. Arginine methylation controls the strength of γc-family cytokine signaling in T cell maintenance. Nature immunology. 2018. 19. 11. 1265-1276
もっと見る
書籍 (26件):
  • 「炎症疾患における骨の障害と修復機構」別冊BIO Clinica 慢性炎症と疾患 通巻22号 第8巻第1号
    北隆館/ニュー・サイエンス社 2019
  • 「Overview - その研究の新たな潮流」THE BONE 特集 『骨免疫学の進歩が変える骨関節疾患アプローチ』Vol.31 No.2
    株式会社 メディカルレビュー社 2017
  • 「IL-17産生性T細胞による骨の制御」日本臨床免疫学会会誌 40巻5号 p361-366
    日本臨床免疫学会 2017
  • “Osteoimmunology”, Genetics of Bone Biology and Skeletal Disease, Second Edition
    ACADEMIC PRESS/ ELSEVIER 2017
  • 「骨免疫学」 研修ノートシリーズ 『膠原病・リウマチ・アレルギー研修ノート』
    株式会社 診断と治療社 2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (27件):
  • RANKL in bone, immunity and cancer
    (第37回日本骨代謝学会学術集会 2019)
  • Soluble RANKL in health and diseases
    (第16回Bone Biology Forum 2019)
  • 関節リウマチにおけるT細胞と骨破壊
    (20回長崎リウマチ・サイトカイン研究会 2019)
  • The Osteoimmune regulator, RANKL
    (第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 2019)
  • 骨免疫学〜病態に潜む骨と免疫のコミュニケーションを探る〜
    (宮崎 医学と医療の最前線を考える会2019 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 生命科学 (京都大学)
経歴 (8件):
  • 2016/05 - 現在 東京大学 大学院医学系研究科 骨免疫学寄付講座 特任准教授
  • 2012/05 - 2016/04 東京大学 大学院医学系研究科 免疫学 助教
  • 2010/04 - 2015/03 科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 (ERATO型研究) 高柳オステオネットワークプロジェクト グループリーダー
  • 2010/08 - 2012/04 東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 分子情報伝達学 助教
  • 2007/04 - 2010/03 日本学術振興会 特別研究員 (PD)
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2019/11 - 現在 第31回 日本医学会総会 学術委員会幹事
  • 2019/10 - 現在 日本骨代謝学会 広報委員
受賞 (5件):
  • 2019/07 - 第40回 日本炎症・再生医学会 優秀演題賞
  • 2017 - 日本骨代謝学会 研究奨励賞
  • 2016 - 日本免疫学会 研究奨励賞
  • 2015/07 - 第36回 日本炎症・再生医学会 優秀演題賞
  • 2012 - 公益財団法人 日本リウマチ財団 三浦記念リウマチ学術研究賞
所属学会 (5件):
日本リウマチ学会 ,  日本骨免疫学会 ,  日本骨代謝学会 ,  日本炎症・再生医学会 ,  日本免疫学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る