研究者
J-GLOBAL ID:201201054945016970   更新日: 2020年08月31日

宮林 恵子

ミヤバヤシ ケイコ | Miyabayashi Keiko
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 静岡大学  工学部 - 化学バイオ工学科 
  • 静岡大学  大学院総合科学技術研究科工学専攻 - 化学バイオ工学コース 
研究分野 (1件): ナノ構造化学
研究キーワード (3件): 燃料電池触媒 ,  金属ナノ粒子 ,  有機-無機ハイブリッド
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2014 - 組成制御したAu-Irアロイナノクラスターの合成と分光及び電気化学特性評価
  • 2012 - 2014 チミン複合化微小金属ナノ粒子の光可逆的配向制御による強磁性素子の開発
論文 (77件):
  • Prerna Joshi, Toshihiko Okada, Keiko Miyabayashi. Evaluation of Alkylamine Modified Pt Nanoparticles as Oxygen Reduction Reaction Electrocatalyst for Fuel Cells via Electrochemical Impedance Spectroscopy. Anal. Chem. 2018. 90. 6116-6123
  • 責任著者, Keiko Miyabayashi, 共著者]Kenta Ishihara, Prerna Joshi, Zhongrong Shen, Mikio Miyake. Aromatic ring size effect of a surface modification agent on platinum nanoparticle electrocatalysts for oxygen reduction reaction. Electrocatalysis. 2018. 9. 486-494
  • 責任著者, Keiko Miyabayashi, 共著者]Mikio Miyake. Metal-Support Interactions of Platinum Nanoparticles Modified with Pyrene-functionalized Alkylamine and Improved Electrocatalytic Activity of Oxygen Reduction Reaction. Chem.Lett. 2017. 2017. 46. 707-710
  • 責任著者, Keiko Miyabayashi, 共著者]Mikio Miyake. Platinum Nanoparticles Modified with Perfluorinated Alkylamines as a Model Cathode Catalyst for Fuel Cells. Electroanalysis. 2016. 29. (num). 898-906
  • Ming Lei, Ce Liang, Qing Huan, Keiko Miyabayashi, Mikio Miyake, Tianzhong Yang. Morphology-controlled growth of Pt nanoparticles taking advantage of smaller molecule and inorganic salt. Acta Materialia. 2014. 63. (num). 202-208
もっと見る
書籍 (1件):
  • 演習・基礎から学ぶ大学の化学
    培風館 2018
講演・口頭発表等 (42件):
  • ピレン誘導体機能化白金ナノ粒子触媒のカーボン燃焼抑制と酸素還元反応電極触媒特性
    (第10回新電極触媒シンポジウム&宿泊セミナー 2018)
  • 電気化学インピーダンス法によるオクチルアミン修飾白金ナノ粒子触媒の酸素還元反応の解析
    (第47回石油・石油化学討論会 2017)
  • ピレン誘導体機能化白金ナノ粒子触媒の酸素還元反応電極触媒特性と耐久性
    (第47回石油・石油化学討論会 2017)
  • 金イリジウムクラスターの調製と精製
    (金イリジウムクラスターの調製と精製 2017)
  • ピレン誘導体修飾白金ナノ粒子触媒の金属-担体相互作用と酸素還元反応電極触媒特性
    (日本化学会第97春季年回 2017)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(工学) (大阪大学)
所属学会 (5件):
質量分析学会 ,  石油学会 ,  触媒学会 ,  米国化学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る