研究者
J-GLOBAL ID:201201055038518839   更新日: 2022年06月27日

長坂 真澄

ナガサカ マスミ | Nagasaka Masumi
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://researchers.waseda.jp/profile/en.e5d2652e16ef1c1d29b1e943d2e9cd0c.html
研究分野 (1件): 哲学、倫理学
研究キーワード (2件): 宗教哲学 ,  現象学
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2018 - 2022 想像力と無限--フランス現代思想におけるカント哲学の現象学的再構築
  • 2020 - 2021 現代フランス現象学におけるシェリングの哲学史解釈の継承の究明
  • 2020 - 2021 独仏近現代哲学における理論と実践の不可分性についての研究
  • 2019 - 2020 現代の独仏現象学におけるカントおよびシェリング哲学の受容についての研究
  • 2017 - 2018 現代フランス現象学におけるカント批判哲学の継承についての研究--「図式」をめぐって
全件表示
論文 (29件):
  • 長坂真澄. レヴィナスと経験論. レヴィナス研究. 2021. 3. 2-16
  • Masumi Nagasaka. L'imagination, racine commune de la sensibilité et de l'entendement? Lecture croisée de Kant et le problème de la métaphysique et de la Critique de la faculté de juger. L'Imagination. Actes du 37e Congrès de l'ASPLF (Rio de Janeiro, 26-31 mars 2018). 2020. 425-436
  • 長坂 真澄. 超越論的観念論を継承する現象学における事実性と偶然性:テンゲリを手引きとする非-存在神学的な形而上学の輪郭化の試み. 哲学. 2020. 2020. 71. 69-79
  • 長坂真澄. Le schématisme transcendantal dans l’arithmétique : la lecture richirienne de Frege. Meta: Research in Hermeneutics, Phenomenology, and Practical Philosophy. 2019. XI. 2. 659-678
  • 長坂真澄. 想像力が向かう無限とその痕跡 -カント『判断力批判』のデリダによる読解から- / Imagination that Envisages the Infinite and the Trace of the Infinite: From the Derridean Reading of Kantʼs Critique of Judgement. 京都ユダヤ思想. 2019. 10. 35-64
もっと見る
MISC (11件):
  • 長坂真澄. 超越の不在と弁証法:松田智裕『弁証法、戦争、解読:前期デリダ思想の展開史』書評. 表象. 2021. 15. 206-210
  • 長坂真澄. 宮﨑裕助著『ジャック・デリダ 死後の生を与える』書評. 図書新聞. 2021. 3480
  • 長坂真澄. 自然・言語・歴史 : 『存在と時間』の限界と彼方--峰尾公也著『ハイデガーと時間性の哲学 : 根源・派生・媒介』に寄せて. 現象学年報. 2020. 36. 139-143
  • 長坂真澄. 亀井大輔著『デリダ 歴史の思考』書評. 図書新聞. 2019. 3405
  • 長坂真澄. ジャック・デリダ著/湯浅博雄、大西雅一郎訳『信と知-たんなる理性の限界における「宗教」の二源泉』書評. 週刊読書人. 2017. 3174. 4
もっと見る
書籍 (10件):
  • 個と普遍 レヴィナス哲学の新たな広がり
    2022 ISBN:9784588151224
  • ハイデガー事典
    昭和堂 2021 ISBN:9784812220078
  • ハイデガー : 存在の問いと歴史
    白水社 2020 ISBN:9784560098042
  • マルク・リシール現象学入門 : サシャ・カールソンとの対話から
    ナカニシヤ出版 2020 ISBN:9784779514272
  • 宗教事象事典 / DICTIONNAIRE DES FAITS RELIGIEUX
    みすず書房 2019
もっと見る
講演・口頭発表等 (66件):
  • 不動の動者と作用因としての神 ハイデガーの技術論のデリダによる読解から
    (京都ユダヤ思想学会 2022)
  • Que peut faire la pensée ? - à partir de la lecture derridienne de Heidegger dans son cours "Théorie et pratique" conduit en 1975-1976
    (Derrida Today 2022)
  • Le retournement de la conscience - Hegel et Heidegger lus par Derrida en 1965
    (2022)
  • 想像力と事実 --歴史概念の新たな相貌--
    (ワークショップ「デリダのハイデガー講義を読む」 2021)
  • 普遍的歴史の理念とアペイロン(無限定的なもの)としての個 --数学的命題の発生を導きの糸とするフッサールの歴史論--
    (早稲田超域哲学研究会 2021)
もっと見る
学歴 (7件):
  • 2009 - 2013 トゥールーズ大学博士課程 ERRAPHIS (Équipe de Recherche sur les Rationalités Philosophiques et les Savoirs)
  • 2009 - 2013 ヴッパータール大学博士課程 / Philosophie
  • 2007 - 2013 京都大学大学院 思想文化学専攻 博士課程
  • 2008 - 2009 ヴッパータール大学 / Master Philosophies française et allemande dans l'espace européen (ERASMUS MUNDUS)
  • 2008 - 2008 ルーヴァン・カトリック大学 / Master Philosophies française et allemande dans l'espace européen (ERASMUS MUNDUS)
全件表示
学位 (4件):
  • 哲学博士 (フランス、トゥールーズ大学)
  • Dr. phil. des. (ドイツ、ヴッパータール大学)
  • 哲学修士 (フランス、トゥールーズ大学/ベルギー、ルーヴァン・カトリック大学/ドイツ、ヴッパータール大学)
  • 文学修士 (京都大学)
経歴 (5件):
  • 2019/04 - 現在 早稲田大学 国際教養学部 准教授
  • 2016/04 - 2019/03 群馬県立女子大学 文学部 総合教養学科 准教授
  • 2014/04 - 2016/03 大阪大学 人間科学研究科 特別研究員PD(日本学術振興会)
  • 2013/10 - 2015/09 トゥールーズ-ジャン・ジョレス大学 ERRaPhiS (Équipe de recherche sur les rationalités philosophiques et les savoirs) 協力研究員
  • 2010/04 - 2010/10 ヴッパータール大学 哲学科 リサーチ・アシスタント
委員歴 (5件):
  • 2020/11 - 現在 日本現象学会 委員
  • 2019/09 - 現在 日仏哲学会 理事
  • 2019 - 現在 日本哲学会 編集委員
  • 2018/07 - 2018/08 JFPS (Japanese Federation of Philosophical Societies) Bid Committee of the Project of Hosting the 25th World Congress of Philosophy (WCP 2023) in Tokyo
  • 2018/07 - 2018/08 日本哲学系諸学会連合(JFPS: Japanese Federation of Philosophical Societies) 世界哲学会議 (WCP: World Congress of Philosophy) 招致委員会委員
受賞 (2件):
  • 2017/03 - 宗教哲学会 第4回宗教哲学会奨励賞
  • 2014/11 - 日本現象学会 研究奨励賞
所属学会 (8件):
レヴィナス協会 ,  日本現象学会 ,  表象文化論学会 ,  日本倫理学会 ,  日本哲学会 ,  京都ユダヤ思想学会 ,  宗教哲学会 ,  日仏哲学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る