研究者
J-GLOBAL ID:201201055757542652   更新日: 2020年01月16日

尾沼 玄也

オヌマ ゲンヤ | Genya Onuma
所属機関・部署:
職名: 上級講師
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • Atma Jaya Catholic University of Indonesia  Lecturer
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2016 - 2019 アドベンチャーコミュニケーションプログラムがグローバル人材育成機関における第二言語学習者に与える影響とプログラムの構造化に関する研究
  • 2017 - 2018 留学経験の価値向上のための対話を通じた共有と可視化の仕組みの開発 -ワークショップとファシリテーター養成によるリフレクションの場作り-
  • 2015 - 2016 生涯学習としての「インターアクションのための日本語教育」の試み-別科修了生のニーズ調査に基づくカリキュラム開発-
  • 2014 - 2015 インターアクション日本語教育における「社会文化能力」評価の試み -学習者自己評価試行版作成-
  • 2014 - 2015 神田外語大学における日本人学部生の日本語読み書き能力の調査と読 み書き教育のためのカリキュラム・教材、指導法開発
全件表示
論文 (4件):
MISC (9件):
  • 尾沼 玄也. マサチューセッツ工科大学における日本語教員アシスタントプロジェクト実施報告. 2018年度言語メディア教育研究センター 年報. 2019
  • 上原 由美子,尾沼 玄也,今 千春. 「KUIS多文化ネット」における留学生と日本人学生の交流の実態と課題-日本人学生へのアンケートから-. 外語大における多文化交流-留学生と一般学生の交流の実態と意識の変容- 報告書. 2014. 9-32
  • 尾沼 玄也. 日本人学生の別科授業参加の評価-PAC分析を利用した事例研究から-. 外語大における多文化交流-留学生と一般学生の交流の実態と意識の変容- 報告書. 2014. 33-44
  • 杢 真奈見, 尾沼 玄也, 鴈野 重之. わかりやすい広報普及のための文章. 天文教育. 2011. 23. 5. 28-33
  • 鴈野 重之, 尾沼 玄也. 実験室におけるティーチングアシスタントの役割に関するビデオ撮影を用いた調査. 日本教育工学会論文誌. 2009. 33. 0. 81-84
もっと見る
講演・口頭発表等 (25件):
  • JADプログラムにおける日本語学習状況共有システムの提案及びその実装方法
    (電子情報通信学会 知能ソフトウェア工学研究会 2007)
  • 漢字の書き誤りの分類と漢字の指導上の留意点について
    (第4回日本語教育研究発表会・浦和研修報告会 2007)
  • 日本留学前教育における遠隔授業の理解補助を目的とした日本語字幕付講義コンテンツの有効性
    (日本e-Learning学会 2008年春季学術講演会 2008)
  • e-Learningにおける日本語理解度と授業集中度を考慮した字幕作成手法
    (2008年電子情報通信学会総合大会 2008)
  • ビデオコンテンツ理解のための有効な字幕の提示方法
    (日本語教育学会 平成20年度第1回研究集会 2008)
もっと見る
学位 (1件):
  • 修士(言語科学) (南山大学)
経歴 (12件):
  • 2007/12 - 2010/03 拓殖大学 非常勤講師
  • 2006/05 - 2010/03 日本マレーシア高等教育大学連合JADプログラム/University Industry Selangor 講師
  • 2010/03 - 2012/03 国際交流基金 日本語専門家
  • 2010/03 - 2012/03 University of Malaya Visiting Lecturer
  • 2012/04 - 2016/03 神田外語大学 専任講師
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2017/10 - 現在 日本語プロフィシェンシー研究学会 運営委員(広報・会計)
  • 2013/09 - 2015/08 独立行政法人国際交流基金 日本語能力試験作題委員
  • 2013/07 - 2015/03 日本語OPI研究会 運営委員
  • 2012/12 - 2017/09 日本語プロフィシェンシー研究会 運営委員(広報・会計)
所属学会 (3件):
日本語教育学会 ,  日本語プロフィシェンシー研究学会 ,  日本語OPI研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る