研究者
J-GLOBAL ID:201201056846432484   更新日: 2021年04月30日

林田 敏子

ハヤシダ トシコ | Hayashida Toshiko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): ヨーロッパ史、アメリカ史
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2019 - 2023 戦争が歴史化される過程~第一次世界大戦期イギリスにおける戦争博物館とジェンダー~
  • 2015 - 2019 女が戦争を語るとき-ライフ・ヒストリーのなかの世界大戦-
  • 2012 - 2015 女のマスキュリニティ-第一次世界大戦期イギリスにおけるジェンダーとミリタリズム-
  • 2007 - 2011 フェミニズムとファシズムの「接点」-メアリ・アレンと戦間期イギリス社会-
  • 2005 - 2007 保主主義・性・階級-20世紀初頭イギリス女性警察を通して-
全件表示
論文 (14件):
  • 林田敏子. 軍隊とマスキュリニティ-第二次世界大戦期イギリスにおける女性同性愛をめぐって-. 歴史評論. 2020. 843. 29,55-67
  • 林田敏子. 第一次世界大戦の記憶とジェンダー-イギリスにおける帝国戦争博物館と女性労働小委員会-. 西洋史学. 2019. 267. 36-56
  • 林田 敏子. Women in Combat: Gender and the Armed Forces in Great Britain and Japan during the Second World War. ZINBUN. 2016. 46. 161-178
  • 林田 敏子. 「女性徴兵」はいかにして可能になったか-第二次世界大戦期イギリスにおける女性の軍事動員-. 女性史学. 2015. 25. 1月18日
  • 林田 敏子. 「戦う女」とマスキュリニティ-第一次世界大戦期イギリスにおけるジェンダーとミリタリズム-. 科学研究費基盤研究(B)共同資料集 「マスキュリニティ」の比較文化史-公私関係の再検討に向けて- (研究代表者 三成美保). 2012. 77-91
もっと見る
MISC (8件):
  • 林田敏子. 書評 上羽陽子・山崎明子編『現代手芸考-ものづくりの意味を問い直す』フィルムアート社、2020年. アジア・ジェンダー文化学研究. 2021. 5. 103-107
  • 林田敏子. 書評 石井香江著『電話交換手はなぜ「女の仕事」になったのか-技術とジェンダーの日独比較-』. 西洋史学. 2020. 268. 126-128
  • 林田敏子. 書評 望戸愛果『「戦争体験」とジェンダー-アメリカ在郷軍人会の第一次世界大戦巡礼を読み解く-』. ジェンダー史学. 2019. 15. 64-67
  • 林田敏子. 書評 レギーナ・ミュールホイザー著(姫岡とし子監訳)『戦場の性-独ソ戦下のドイツ兵と女性たち-』. 女性とジェンダーの歴史. 2018. 5. 82-85
  • 林田敏子. セクシュアリティ研究の現在. 女性とジェンダーの歴史. 2017. 4. 41-49
もっと見る
書籍 (12件):
  • 論点・西洋史学
    ミネルヴァ書房 2020
  • 越境する歴史家たちへ:「近代社会史研究会」(1985-2018)からのオマージュ
    ミネルヴァ書房 2019 ISBN:462308566X
  • 人文学宣言
    ナカニシヤ出版 2019 ISBN:9784779513510
  • 第一次世界大戦を考える
    共和国 2016
  • 異端者たちのイギリス
    共和国 2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (12件):
  • 覇権的マスキュリニティの揺らぎ?-第一次世界大戦期イギリスにおける「弱き男」をめぐって-
    (日本ジェンダー学会 第23回大会 大会シンポジウム 2020)
  • 博物館というメディア-第一次世界大戦期イギリスにおける戦争展-
    (第6回都市文化研究フォーラム「市民社会と軍事-多様なメディアから紐解く」(大阪市立大学大学院文学研究科都市文化研究センター) 2020)
  • 軍隊のなかの女性たち-回想録から読み解く第一次世界大戦の記憶-
    (イギリス史研究会 第46回例会 2019)
  • コメント
    (日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(S)「アフリカ潜在力」と現代世界の困難の克服 シンポジウム「アフリカにおける女性兵士-エチオピアとウガンダの事例から-」 2017)
  • 戦場の女性たち-第二次世界大戦中のイギリスと日本におけるジェンダーと軍隊-
    (Fighting Women during and after the Second World War in Asia and Europe 2014)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1999 奈良女子大学大学院 比較文化学専攻
  • - 1996 奈良女子大学大学院 史学専攻
  • - 1994 奈良女子大学 史学科西洋史学専攻
学位 (1件):
  • 文学博士 (奈良女子大学)
経歴 (6件):
  • 2020/09 - 現在 奈良女子大学 生活環境学部 教授
  • 2016/04 - 2020/08 摂南大学 外国語学部 教授
  • 2006/04 - 2016/03 摂南大学 外国語学部 准教授
  • 2005/04 - 2006/03 摂南大学 外国語学部 専任講師
  • 2001/04 - 2005/03 摂南大学 国際文化学部 専任講師
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る