研究者
J-GLOBAL ID:201201057197575960   更新日: 2020年08月28日

中山 翔太

NAKAYAMA Shouta
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): http://tox.vetmed.hokudai.ac.jp/
研究分野 (5件): 環境影響評価 ,  化学物質影響 ,  放射線影響 ,  ランドスケープ科学 ,  環境農学
研究キーワード (9件): 長期慢性暴露 ,  低濃度暴露 ,  腸内細菌叢 ,  LA-ICP-MS ,  動物種差 ,  歩哨動物 ,  汚染源推定 ,  同位体比 ,  鉛汚染
競争的資金等の研究課題 (33件):
  • 2020 - 2023 高精度XAFSを多階層陸生生物群に応用した遺伝子変異に依らない新規金属耐性機構
  • 2018 - 2022 アフリカにおける新興・再興の環境汚染のフィールドベースの毒性メカニズム解析
  • 2018 - 2022 mlAOPコンセプトによる化学物質感受性多様性評価と殺虫剤中毒解明に向けた応用
  • 2020 - 2022 腸内細菌を軸とした金属汚染の新規影響評価法の開発~ザンビア鉛汚染地域をモデルに~
  • 2018 - 2021 希少鳥類の鉛汚染影響把握に必要な基盤技術開発
全件表示
論文 (118件):
  • Marthias Silwamba, Mayumi Ito, Naoki Hiroyoshi, Carlito Baltazar Tabelin, Tomoki Fukushima, Ilhwan Park, Sanghee Jeon, Toshifumi Igarashi, Tsutomu Sato, Imasiku Nyambe, et al. Detoxification of lead-bearing zinc plant leach residues from Kabwe, Zambia by coupled extraction-cementation method. Journal of Environmental Chemical Engineering. 2020. 8. 4. 104197-104197
  • Anja Erasmus, Yoshinori Ikenaka, Shouta M M Nakayama, Mayumi Ishizuka, Nico J Smit, Victor Wepener. Trophic transfer of pollutants within two intertidal rocky shore ecosystems in different biogeographic regions of South Africa. Marine pollution bulletin. 2020. 157. 111309-111309
  • Kraisiri Khidkhan, Hazuki Mizukawa, Yoshinori Ikenaka, Shouta M M Nakayama, Kei Nomiyama, Nozomu Yokoyama, Osamu Ichii, Mitsuyoshi Takiguchi, Shinsuke Tanabe, Mayumi Ishizuka. Altered hepatic cytochrome P450 expression in cats after chronic exposure to decabromodiphenyl ether (BDE-209). The Journal of veterinary medical science. 2020. 82. 7. 978-982
  • Nana Ushine, Shouta M M Nakayama, Mayumi Ishizuka, Tatsuo Sato, Yoshihiro Kurahashi, Emu Wakayama, Natsuko Sugiura, Shin-Ichi Hayama. Relationship between blood test values and blood lead (Pb) levels in Black-headed gull (Chroicocephalus ridibundus: Laridae). The Journal of veterinary medical science. 2020
  • Chihiro Ishii, Yoshinori Ikenaka, Shouta M M Nakayama, Takeshi Kuritani, Mitsuhiro Nakagawa, Keisuke Saito, Yukiko Watanabe, Kohei Ogasawara, Manabu Onuma, Atsushi Haga, et al. Current situation regarding lead exposure in birds in Japan (2015-2018); lead exposure is still occurring. The Journal of veterinary medical science. 2020
もっと見る
MISC (166件):
  • 佐藤裕, 石井千尋, 中山翔太, 一瀬貴大, 齊藤慶輔, 渡邊有希子, 小笠原浩平, 鳥本亮太, 小林篤史, 木村享史, et al. 鉛散弾の経口投与によるバルバリーガモの鉛の血中濃度の経時変化および体内分布の解析. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2019. 162nd. 504
  • 川合佑典, 新屋惣, 中山翔太, 池中良徳, 石塚真由美, 久保田彰. 鳥類におけるUGT1E遺伝子の進化と食性の関わり. 日本進化学会大会プログラム・講演要旨集(Web). 2019. 21st. 116 (WEB ONLY)
  • 井上 裕美子, 佐々木 東, 池中 良徳, 一瀬 貴大, 笹岡 一慶, 大菅 辰幸, 中山 翔太, 森下 啓太郎, 大田 寛, 石塚 真由美, et al. LC-MS/MSを用いたイヌ尿中メタネフリンおよびノルメタネフリン測定. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2019. 162回. 470-470
  • 白尾 大樹, 池中 良徳, 一瀬 貴大, 中山 翔太, 佐々木 東, 永田 矩之, 水川 葉月, 滝口 満喜, 石塚 真由美. LC-MS/MS法を用いたイヌ血清中ステロイドホルモンの分析法の確立と内分泌疾患モデルを用いた実測. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2019. 162回. 470-470
  • 鈴木 智裕, 池中 良徳, 中山 翔太, 水川 葉月, 一瀬 貴大, 佐々木 東, 笹岡 一慶, 石塚 真由美. 体内動態および行動毒性試験から見た動物用医薬品フィプロニルの影響評価. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2019. 162回. 501-501
もっと見る
書籍 (1件):
  • トキシコロジー(第3版)
    朝倉書店 2018
講演・口頭発表等 (297件):
  • Effects of PCB exposure on thyroid hormone levels in serum of dogs and cats
    (SETAC North America 39th Annual Meeting 2018)
  • Avian interspecific differences in rodenticide sensitivity: amino acid sequence and mRNA expression ratio of VKORC1 and VKORC1L1
    (SETAC North America 39th Annual Meeting. 4th ~ 8th Nov 2018 2018)
  • Blood Lead (Pb) Levels and Stable Isotope Ratio among Children, Infants and Mothers in Kabwe, Zambia
    (SETAC North America 39th Annual Meeting 2018)
  • Avian interspecific differences in VKOR activity and inhibition: Amino acid sequence and mRNA expression ratio of VKORC1 and VKORC1L1
    (2018 International Meeting on 22nd MDO and 33rd JSSX 2018)
  • 鉄中毒を疑うコガネメキシコインコの一例
    (第66回動物園技術者研究会 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(獣医学) (北海道大学)
経歴 (3件):
  • 2012/10 - 現在 北海道大学大学院獣医学研究院 助教
  • 2012/04 - 2012/10 日本学術振興会 特別研究員PD
  • 2010/04 - 2012/03 日本学術振興会 特別研究員DC
受賞 (3件):
  • 2018/07 - 日本毒性学会 第45回 日本毒性学会学術年会 優秀研究発表賞 ザンビア共和国カブウェ鉱床地域における鉛汚染問題:10年間の研究結果と今後の課題
  • 2012/03 - 日本学術振興会 第2回(平成23年度)日本学術振興会育志賞 アフリカの野生生物における環境汚染物質の毒性影響評価
  • 2011/07 - 日本環境化学会 第20回環境化学討論会 優秀学生賞 Metal concentration and stable isotope ratio analysis (d13C and d15N) in water, sediment and fish from Lake Itezhi-tezhi, Zambia
所属学会 (5件):
Society of Toxicology ,  Society for Environmental Toxicology and Chemistry ,  日本環境化学会 ,  日本毒性学会 ,  日本獣医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る