研究者
J-GLOBAL ID:201201057753822904   更新日: 2021年04月29日

吉田 文彦

ヨシダ フミヒコ | Yoshida Fumihiko
所属機関・部署:
職名: センター長
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 長崎大学多文化社会学研究科  教授
研究分野 (1件): 国際関係論
研究キーワード (3件): 国際安全保障 ,  核戦略 ,  核軍縮
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2021 - 2024 安全保障を損なわない核軍縮:処方的アプローチによる政策課題群の学際的分析と提言
  • 2018 - 2021 「グローバルな核リスク極小化に向けて:新たな理論構築と実践的政策提言」
論文 (11件):
  • 吉田文彦. 被爆地の新たな役割:「人類の安全保障」のネットワークハブに. RECNA Policy Paper. 2021. 12
  • 吉田文彦, 鈴木達治郎. 北東アジア非核兵器地帯と地域安全保障. RECNA Policy Paper. 2020. 11
  • 吉田文彦. 日米同盟と核の傘. RECNA Policy Paper. 2020. 11
  • 吉田文彦. 核抑止論の限界と危険. RECNA Policy Paper. 2020. 11
  • 吉田文彦, 広瀬訓. NPTの成果と課題. RECNA Policy Paper. 2020. 11
もっと見る
書籍 (12件):
  • 『第三の核時代 破滅リスクからの脱却 』
    長崎大学核兵器廃絶研究センター 2021
  • Journal for Peace and Nuclear Disarmament, Volume 3, Issue 2
    Taylor & Francis 2020
  • 『核のボタン 新たな核開発競争とトルーマンからトランプまでの大統領権力』
    朝日新聞出版社 2020
  • Journal for Peace and Nuclear Disarmament, Volume 3, Issue 1
    Taylor& Francis 2020
  • Journal for Peace and Nuclear Disarmament, Volume 2, Issue 2
    Taylor& Francis 2019
もっと見る
講演・口頭発表等 (7件):
  • 「核政策は変わるか 大統領選挙後のアメリカ」
    (核兵器廃絶市民講座)
  • Initial Confidence Building Measures Among Korea, Japan and China: Searching for Practicalities
    (2020 Northeast Asia Peace and Cooperation Forum 2020)
  • コロナ19時代の北東アジア平和協力
    (2020年長崎日韓関係コンファレンス 2020)
  • 「核兵器禁止条約の役割と展望」
    (長崎平和講座 2019)
  • 「米国の核使用は日本を守るか」
    (2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(国際公共政策) (大阪大学)
委員歴 (7件):
  • 2021/04 - 現在 長崎市平和宣言文起草委員会 委員
  • 2019/04 - 現在 長崎大学研究教育評議会 委員
  • 2019/04 - 現在 長崎大学教務委員会 委員
  • 2019/04 - 現在 長崎大学研究連絡調整会議 委員
  • 2019/04 - 現在 長崎大学財務委員会 委員
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る