研究者
J-GLOBAL ID:201201057753822904   更新日: 2019年09月10日

吉田 文彦

ヨシダ フミヒコ | Yoshida Fumihiko
所属機関・部署:
職名: センター長
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 長崎大学多文化社会学研究科  教授
研究キーワード (3件): 国際安全保障 ,  核戦略 ,  核軍縮
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2018 - 2021 「グローバルな核リスク極小化に向けて:新たな理論構築と実践的政策提言」
論文 (6件):
  • 吉田 文彦. はじめに 「迷路に入った核軍縮:リスク削減に向けて」. RECNA POLICY PAPER. 2019. 08
  • 吉田 文彦. Can the Atomic Bombings on Japan Be Justified? A Conversation with Dr. Tsuyoshi Hasegawa. Journal for Peace and Nuclear Disarmament. 2019. 2. 1. 19-33
  • 吉田 文彦. 「核の『水平冷戦』と『垂直冷戦』」. 『世界』岩波書店. 2018. 195-202
  • 吉田 文彦. From the Reality of a Nuclear Umbrella to a World without Nuclear Weapons: An Interview with Katsuya Okada. Journal for Peace and Nuclear Disarmament. 2018. 1. 2. 474-485
  • 吉田 文彦. “Japan Should Scrutinise the Credibility of the US Nuclear Umbrella: An Interview with Shigeru Ishiba”. Journal for Peace and Nuclear Disarmament. 2018. 1. 2. 464-473
もっと見る
書籍 (6件):
  • Journal for Peace and Nuclear Disarmament, Vulume 2, Isuue 1
    Taylor & Francis 2019
  • 『核兵器禁止条約の時代』
    法律文化社 2019 ISBN:9784589039989
  • Journal for Peace and Nuclear Disarmament, Vulume 1, Issue 2
    Taylor & Francis 2018
  • “The 2017 Nuclear Ban Treaty: A New Path to Nuclear Disarmament”
    Routledge; 2018
  • Journal for Peace and Nuclear Disarmament, Vulume 1, Issue 1
    2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (4件):
  • 「核兵器禁止条約の役割と展望」
    (長崎平和講座 2019)
  • 「米国の核使用は日本を守るか」
    (2019)
  • 「プラハ演説から10 年:米ロ核軍縮の行方」
    (日本軍縮学会大会 2019)
  • Facerbook Live Interviews with Experts at "2019 Carnegie International Nuclear Policy Conference
    (2019)
学位 (1件):
  • 博士(国際公共政策) (大阪大学)
委員歴 (4件):
  • 2019/04 - 現在 被爆75周年記念事業選定審査会 委員
  • 2019/04 - 現在 長崎大学研究教育評議会 委員
  • 2019/04 - 現在 長崎大学教務委員会 委員
  • 2018/04 - 現在 長崎市原爆資料館運営委員会 委員
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る