研究者
J-GLOBAL ID:201201057983662604   更新日: 2020年10月14日

厚井 高志

コウイ タカシ | Koi Takashi
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): https://www.cnhr.info/https://www.cnhr.info/
研究分野 (2件): 森林科学 ,  防災工学
研究キーワード (11件): 防災意識 ,  避難行動 ,  地質 ,  地形 ,  火山 ,  地震 ,  流域管理 ,  土砂災害 ,  リモートセンシング ,  土砂生産 ,  土砂動態
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2020 - 2022 大規模地震により荒廃した流域からの水・土砂流出特性の解析
  • 2019 - 2020 中長期時間スケールを対象とした流域貯留土砂の移動実態とその把握手法の検討
  • 2018 - 2020 連鎖複合型災害現象のメカニズムと人口急減社会での適応策
  • 2019 - 北海道における継続的な土砂移動現象の分析に基づく将来の災害シナリオと適応策の検討
  • 2019 - 北海道胆振東部地震における厚真川流域の土砂災害に関する分野横断型調査研究
全件表示
論文 (16件):
  • 厚井高志, 長井義樹, 菊井稔宏, 小林拓也, 大野宏之, 城ヶ崎正人, 野呂智之, 水野秀明, 田中淳. 平成29年7月九州北部豪雨における土砂移動現象の時空間分布の推定と避難実態. 砂防学会誌. 2020. 73. 3. 54-59
  • Michiya IRASAWA, Takashi KOI, Ching-Ying TSOU, Nobuaki KATO, Shinjiro MATSUO, Mizuho ARAI, Masahiro KAIBORI, Takashi YAMADA, Mio KASAI, Taeko WAKAHARA, et al. October 2019 Sediment Disaster in the Tohoku Region owing to Typhoon No. 19 (Tyhpoon Hagibis). International Journal of Erosion Control Engineering. 2020. 13. 2. 48-55
  • 井良沢道也, 松尾新二朗, 新井瑞穂, 海堀正博, 鄒青穎, 山田孝, 笠井美青, 厚井高志, 加藤誠章, 若原妙子, et al. 2019年10月台風第19号による東北地方における土砂災害. 砂防学会誌. 2020. 72. 6. 42-53
  • 厚井高志, 江頭勲, 鈴木拓郎, 安養寺信夫. 2011年新燃岳噴火による降灰があった山地森林流域からの土砂流出. 砂防学会誌. 2018. 70. 6. 24-33
  • T. Kubota, T. Jitousono, Y. Nagai, O. Shimizu, H. Mizuno, Y. Nomura, Y. Suzuki, T. Yamakoshi, T. Koi, H. Ohishi, et al. The overview of the Yabakei landslide occurred on April 11th 2018 in Nakatsu city, Oita prefecture, Japan. International Journal of Erosion Control Engineering. 2018. 11. 2. 36-37
もっと見る
MISC (13件):
  • 厚井 高志. 「平成30年北海道胆振東部地震を振り返り,今後の減災・復興を考える」シンポジウム・現地見学会開催報告. 砂防と治水. 2019. 252. 38-39
  • 長井義樹, 山越隆雄, 厚井高志. 砂防学会「平成30年大分県中津市耶馬渓金吉で発生した土砂災害に係る災害調査」参加報告. SABO. 2018. 124. 6-9
  • 厚井 高志. 新刊紹介 中村太士・菊沢喜八郎編 森林科学シリーズ『森林と災害』. 砂防学会誌. 2018. 71. 2. 87
  • 厚井 高志. スイス・ルツェルンで開催されたインタープリベント2016参加報告. SABO. 2016. 120. 48-51
  • 厚井高志, 鈴木拓郎. IAHS/ICCE国際シンポジウム2014「山頂から海域までの土砂動態」参加報告. 砂防学会誌. 2015. 67. 6. 97
もっと見る
講演・口頭発表等 (62件):
  • アメリカ・ハワイ州における溶岩流対策に係る土砂管理手法の運用実態等に関する調査
    (砂防学会研究発表会 2020)
  • 平成30年北海道胆振東部地震により崩壊が多発したテフラ堆積斜面の降雨浸透特性
    (砂防学会研究発表会 2020)
  • Sediment dynamics after the 1973 landslide event in mountain watersheds of Hokkaido, Japan
    (JpGU - AGU Joint Meeting 2020 2020)
  • 気候変動下における近年の土砂災害の特徴と対応
    (令和元年度建設事業専門研修会(小樽) 2020)
  • 気候変動下における近年の土砂災害の特徴と対応
    (令和元年度建設事業専門研修会(函館) 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2005 - 2009 東京大学 森林科学専攻 博士課程
  • 2003 - 2005 東京大学 森林科学専攻 修士課程
  • 1999 - 2003 宇都宮大学 森林科学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東京大学)
経歴 (4件):
  • 2020/10 - 現在 岩手大学 農学部 非常勤講師
  • 2019/04 - 現在 北海道大学 広域複合災害研究センター
  • 2012/04 - 2019/03 (一財)砂防・地すべり技術センター
  • 2009/04 - 2012/03 (財)砂防・地すべり技術センター
委員歴 (9件):
  • 2020/05 - 現在 北海道政策評価委員会 委員
  • 2020/04 - 現在 (公社)砂防学会北海道支部 幹事
  • 2019/12 - 現在 復興デザイン会議 委員
  • 2019/09 - 現在 雌阿寒岳火山防災協議会 学識経験者
  • 2019/08 - 現在 アトサヌプリ火山防災協議会 学識経験者
全件表示
所属学会 (4件):
応用生態工学会 ,  日本地球惑星科学連合 ,  砂防学会 ,  American Geophysical Union
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る