研究者
J-GLOBAL ID:201201059454156550   更新日: 2020年05月27日

佐野 真一郎

Shinichiro Sano
研究分野 (1件): 言語学
研究キーワード (1件): 音声学・音韻論,社会言語学,コーパス言語学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2019 - 2023 音韻的対立・語彙的な区別が言語要素の実現形・分布に与える影響に関する研究
  • 2016 - 2020 「昭和話し言葉コーパス」の構築による話し言葉の経年変化に関する実証的研究
  • 2016 - 2019 必異原理の効果とその違反の相互作用に関する研究
  • 2014 - 2018 データベースと音声実験に基づく音韻知識の計量的・実証的研究
  • 2013 - 2016 必異原理の性質とその違反の回避方略に関する研究
全件表示
論文 (45件):
  • u, SANO SHINICHIRO. A corpus-based study of singletons and geminates in Japanese: Segmental properties and contextual factors. Japanese/Korean Linguistics. 2018. 24
  • 大島デイヴィッド義和, 秋田喜美, 佐野 真一郎. 日本語における状態述語の意味的な住み分けー程度性とスケール構造の観点からー. 日本言語学会第156回大会発表論文集. 2018. 163-168
  • 浅原正幸, 南部智史, 佐野 真一郎. Predicting Japanese word order in double object constructions. Proceedings of ACL (Association for Conputational Linguistics) 2018 Workshop on Cognitive Aspects of Computational Language Learning and Processing. 2018. 36-40
  • 佐野 真一郎. Durational contrast in gemination and informativity. Linguistics Vanguard. 2018. 4. S2
  • 浅原正幸, 南部智史, 佐野 真一郎. 日本語の二重目的語構文の基本語順について. 言語資源活用ワークショップ2018発表論文集. 2018. 279-286
もっと見る
MISC (3件):
  • 佐野 真一郎. 「結果が/を出せる」のどちらが自然ですか. ことば研究館 よくあることばの質問. 2018
  • u, SANO SHINICHIRO. [Review] Patterns and categories in English suffixation and stress placement: A theoretical and quantitative study. English Linguistics. 2016. 33. 1. 157-167
  • 佐野 真一郎. 『数字とことばの不思議な話』における数字の読みにまつわる音韻論的諸問題に関する考察. 岡山県立大学語学センター研究紀要. 2014. 12
書籍 (9件):
  • 基礎日本語学
    ひつじ書房 2018
  • コーパス演習で学ぶ日本語学ー日本語の文法と音声
    朝倉書店 2018
  • 現代音韻論の動向
    開拓社 2016
  • Sequential Voicing in Japanese Compounds
    Amsterdam: John Benjamins 2016
  • 最新英語学・言語学用語辞典
    開拓社 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (67件):
  • The nominative-to-accusative shift in modern Japanese: A diachronic observation
    (The 26th Japanese/Korean Linguistics Conference 2018)
  • 日本語の二重目的語構文の基本語順について
    (言語資源活用ワークショップ2018 2018)
  • Patterns in morphophonological variation: Identity avoidance and register
    (The 20th International Congress of Linguists (ICL 20) 2018)
  • Predicting Japanese word order in double object constructions
    (ACL (Association for Conputational Linguistics) 2018 Workshop ACL (Association for Conputational Linguistics) 2018 Workshopon Cognitive Aspects of Computational Language Learning and Processing 2018)
  • Contrastive hyperarticulation in singleton/geminate consonants and speaking style
    (LabPhon 16 2018)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2009 - 上智大学大学院 外国語学研究科言語学専攻博士後期課程
  • 2007 - スタンフォード大学 Summer Institute of LSA
  • 2005 - 上智大学大学院 外国語学研究科言語学専攻博士後期課程
  • 2002 - 獨協大学 外国語学部ドイツ語学科 ドイツ語学科
経歴 (17件):
  • 2016/09 - 現在 国立国語研究所 共同研究員
  • 2015/04 - 現在 慶應義塾大学 准教授
  • 2013/07 - 現在 慶應義塾大学 兼担所員
  • 2013/04 - 現在 上智大学 客員研究員
  • 2013/09 - 2015/03 岡山県立大学 准教授
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2015/04 - 現在 日本音韻論学会 理事
  • 2015/04 - 現在 日本音韻論学会 理事
受賞 (1件):
  • 2007/03 - 東京言語研究所 東京言語研究所2006年度理論言語学賞
所属学会 (2件):
日本言語学会 ,  日本音韻論学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る