研究者
J-GLOBAL ID:201201062510021176   更新日: 2021年05月03日

山田 優

ヤマダ マサル | Yamada Masaru
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://masaruyamada.xsrv.jp/
研究分野 (4件): 図書館情報学、人文社会情報学 ,  外国語教育 ,  英文学、英語圏文学 ,  言語学
研究キーワード (6件): ポストエディット ,  TILT ,  翻訳 ,  機械翻訳 ,  トランスレーション・スタディーズ ,  翻訳学
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2019 - 2024 翻訳規範とコンピテンスの可操作化を通した翻訳プロセス・モデルと統合環境の構築
  • 2020 - 2023 翻訳者の訳出プロセスの可視化と、翻訳・言語研究の共有基盤の構築
  • 2016 - 2020 記者会見通訳の二言語並行コーパスの構築と応用研究
  • 2017 - 2018 脳機能イメージングによる翻訳プロセスの解明
  • 2013 - 2018 翻訳知のアーカイヴ化を利用した協調・学習促進型翻訳支援プラットフォームの構築
全件表示
論文 (45件):
  • 山田優. ポストエディットと持続可能な翻訳の未来. 関西大学 外国語学部紀要. 2021. 24. 83-105
  • 田村颯登, 山田優. 外国語教育現場における機械翻訳の使用に関する実態調査: 先行研究レビュー. MITIS Journal. 2021. 2. 1. 55-66
  • Nanami Onishi, Masaru Yamada. Why translator competence in information searching matters: An empirical investigation into differences in searching behavior between professionals and novice translators. Invitation to Interpreting and Translation Studies. 2020. 22. 1-23
  • 岡村ゆうき, 山田優. 「順送り訳」の規範と模範: 同時通訳を模範とした教育論の試論. MITIS Journal. 2020. 1. 2. 25-48
  • 渡邉里菜, 山田優. 英日字幕翻訳のコーパスベース研究-プロ字幕とファンサブの比較分析-. MITIS Journal. 2020. 1. 2. 1-23
もっと見る
MISC (4件):
  • 藤田篤, 山田優, 影浦峡. 翻訳と機械翻訳:年次大会のテーマセッションを通じての知見」『自然言語処理. 自然言語処理. 2020. 27. 2. 975-981
  • 山田 優, 藤田 篤, 影浦 峡. 『文理・産学を越えた翻訳関連研究』開催報告. AAMT ジャーナル. 2016. 63. 36-40
  • 山田 優. 翻訳テクノロジーを学ぶ〜導入編〜. 日本翻訳ジャーナル(JTFジャーナル). 2016. 283. 26-27
  • 立教SFR翻訳研究プロジェクト. 翻訳「革命」期における翻訳者養成. 2013
書籍 (12件):
  • Explorations in Empirical Translation Process Research
    2021
  • 『よくわかる英語教育学』
    ミネルヴァ書房 2021 ISBN:9784623091089
  • 自動翻訳大全 : 終わらない英語の仕事が5分で片づく超英語術
    三才ブックス 2020 ISBN:9784866731933
  • Language learners and non-professional translators as users
    The Routledge Handbook of Translation and Technology 2019
  • TI literacy for general undergraduate education
    The Evolving Curriculum in Interpreter and Translator Education 2019
もっと見る
講演・口頭発表等 (44件):
  • Post-editing and a sustainable future for translators
    (Translation in Transition (TT5) 2020)
  • Pre-editing Plus Neural Machine Translation for Subtitling: Effective Method for TED Talks
    (EST Congress 2019 2019)
  • プロ䛾通訳者による実現場で䛾パフォーマンス・データを活用 した通訳コーパス䛾構築とそ䛾応用可能性
    (日本通訳翻訳学会 第19回年次大会 2019)
  • 同時通訳に特有の難しさを乗り越えるには:通訳コーパス構築プロジェクトの経験から
    (次世代音声言語研究シンポジウム2019 2019)
  • Pre-editing plus neural machine translation for subtitling: Effective pre-editing rules for subtitling of TED talks
    (Summit XVII 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2007 - 2012 立教大学 異文化コミュニケーション研究科 (翻訳通訳学)
  • 1995 - 1999 ウエストバージニア大学 大学院 修士 TESOL/ 言語学
  • 1991 - 1994 ウエストバージニア大学
学位 (2件):
  • 博士 (立教大学大学院異文化コミュニケーション研究科)
  • 修士 (ウエストバージニア大学)
経歴 (9件):
  • 2021/04 - 現在 立教大学 異文化コミュニケーション学部 教授
  • 2010/04 - 現在 神戸女学院大学 非常勤講師
  • 2017/04 - 2021/03 関西大学 外国語学部 教授
  • 2015/04 - 2017/03 関西大学 外国語学部 准教授
  • 2014/04 - 2015/03 東京外国語大学 非常勤講師
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2021/04 - 現在 アジア太平洋機械翻訳協会(AAMT) 理事
  • 2018/09 - 現在 The Interpreter and Translator Trainer Editorial board
  • 2015/10 - 2019/09 日本通訳翻訳学会 理事
  • 2016/10 - 2018/09 日本通訳翻訳学会 通訳翻訳研究への招待(副編集長)
  • 2017/08 - MT Summit 2017 Program Committee (User Track)
所属学会 (5件):
外国語教育メディア学会 ,  言語処理学会 ,  European Society for Translation Studies ,  アジア太平洋機械翻訳協会 ,  日本通訳翻訳学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る