研究者
J-GLOBAL ID:201201064594086777   更新日: 2020年09月01日

田村 拓

タムラ タク | Tamura Taku
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (2件): https://akitaunivcellbiology.tumblr.comhttp://www.gipc.akita-u.ac.jp/~hkubota/EnglishPage/Top.html
研究分野 (1件): 細胞生物学
研究キーワード (20件): 小胞体関連分解(ERAD) ,  N末端則タンパク質分解 ,  アグリソーム ,  ミトコンドリア ,  ポリグルタミン病 ,  パーキンソン病 ,  筋萎縮性側索硬化症 ,  オルガネラ ,  蛍光相関分光法 ,  FRAP ,  タンパク質凝集 ,  神経変性疾患 ,  細胞骨格 ,  タンパク質品質管理機構 ,  顕微鏡イメージング ,  分子生物学 ,  細胞生物学 ,  小胞体 ,  小胞体関連分解 ,  フォールディング
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2013 - 2015 アクチン繊維依存的な異常タンパク質の脱凝集と分解除去の新機構
  • 2012 - 2013 EDEM1による小胞体に蓄積する異常タンパク質分解の作用機序
  • 2009 - 小胞体関連分解におけるEDEM1の機能
  • 2002 - 膜蛋白質・分泌蛋白質の細胞内における品質管理機構の解明
  • 2002 - Cellular quality control machinery of membrane protein
論文 (23件):
もっと見る
MISC (3件):
  • O. Kiyotaka Hatsuzawa, Hiromi Hashimoto, Hitoshi Hashimoto, Taku Tamura, Ikuo Wada. ER-located SNARE proteins mediate membrane fusion between the ER and plasma membranes during phagosome formation. CELL STRUCTURE AND FUNCTION. 2005. 30. 73-73
  • Yuko Natsuka, Kazuyoshi Hirao, Junji Nakamura, Taku Tamura, Ikuo Wada, Shunji Natsuka, Nobuko Hosokawa, Kazuhiro Nagata. Functional analysis of EDEM homologue protein. CELL STRUCTURE AND FUNCTION. 2005. 30. 47-47
  • H Nagaya, T Tamura, H Hashimoto, K Hatsuzawa, M Kinjo, Wada, I. Glycoprotein Dynamics in the endoplasmic reticulum. BIOPHYSICAL JOURNAL. 2005. 88. 1. 261A-261A
書籍 (2件):
  • バイオイメージングがわかる
    2005
  • 細胞における蛋白質の一生
    共立出版 2004
学歴 (3件):
  • 1999 - 2002 岩手大学
  • 1997 - 1999 山形大学 有機化学専攻
  • 1993 - 1997 山形大学 化学科
学位 (2件):
  • 博士(農学) (岩手大学)
  • 修士(理学) (山形大学)
経歴 (5件):
  • 2014/04 - 現在 秋田大学理工学部生命科学科 助教
  • 2011/06 - 2014/03 秋田大学工学資源学部生命化学科 助教
  • 2006/11 - 2011/05 University of Massachusetts Amherst, Postdoctoral research fellow
  • 2003/04 - 2006/11 福島県立医科大学 附属生体情報伝達研究所細胞科学研究部門 助手
  • 2002/04 - 2003/03 札幌医科大学 医学部生化学第二講座 博士研究員 (CREST)
所属学会 (3件):
臨床ストレス応答学会 ,  日本細胞生物学会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る