研究者
J-GLOBAL ID:201201065414505820   更新日: 2020年07月20日

天野 陽一

アマノ ヨウイチ | Amano Yoichi
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 社会心理学
研究キーワード (5件): 利他行動 ,  互恵性 ,  恋愛関係 ,  性行動 ,  配偶者選択
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2019 - 2022 婚活での配偶者選択における社会的情報の役割に関する進化心理学的研究
論文 (25件):
  • 沼崎 誠, 天野 陽一, 松崎 圭佑, 中井 彩香. 長期配偶相手と短期配偶相手および同性友人に望む条件-配偶者獲得動機のプライミング手法としての検討-. 人文学報. 2019. 515-4. 11-21
  • 天野 陽一, 若尾 良徳. 過去の交際期間・空白期間に対する関心 : 相手に抱く好意と恋愛重要度による影響. 浜松学院大学研究論集. 2016. 12. 27-36
  • 天野 陽一, 若尾 良徳. 異性にとっての望ましさの推測 : 交際期間・空白期間の情報による影響の検討. 人文学報. 2016. 512. 57-67
  • 沼崎 誠, 高林 久美子, 天野 陽一. 子どもを持つことと経済的に成功することによる象徴的不死 : 死すべき運命の顕現化と性役割観が日本人男女大学生の持ちたい子どもの数と将来の理想収入に及ぼす効果. 人文学報. 2013. 470. 39-52
  • 若尾 良徳, 天野 陽一. 性交経験者・未経験者に対するイメージが大学生の精神的健康に及ぼす影響 : 性別によるパターンの違いの検討. 思春期学. 2012. 30. 1. 155-168
もっと見る
MISC (44件):
  • 沼崎 誠, 天野 陽一, 松崎 圭佑, 中井 彩香. 長期配偶相手と短期配偶相手および同性友人に望む条件. 日本心理学会第83回大会発表論文集. 2019. 483
  • Yoshinori Wakao, Yoichi Amano. Age norms and timetables about sexual behaviors among Japanese University Students. Poster session presented at the 16th European Congress of Psychology. 2019
  • 天野 陽一. 同性他者の意見にもとづく異性の魅力評価 -ターゲットの身体的魅力による調整効果の検討-. 日本社会心理学会第59回大会発表論文集. 2018. 171
  • 沼崎 誠, 天野 陽一, 松崎 圭佑, 中井 彩香. 配偶者獲得動機の顕現化は社会的行動や判断に影響を及ぼさないのか? -配偶形態・個人差の調整効果を含めた検討-. 日本社会心理学会第59回大会発表論文集. 2018. 240
  • 天野 陽一. 同性の意見にもとづいた異性の評価を男性もするのか?. 日本社会心理学会第58回大会発表論文集. 2017. 159
もっと見る
書籍 (2件):
  • ノードとしての青年期
    ナカニシヤ出版 2018 ISBN:9784779512742
  • 発達心理学で読み解く保育エピソード-保育者を目指す学生の学びを通して-
    北樹出版 2010 ISBN:9784779302510
講演・口頭発表等 (3件):
  • 交際周期からみる異性交際のあり方に対する意識
    (日本発達心理学会第26回大会 2015)
  • 交際周期の観点からみた恋愛格差-モテるからつきあえる? つきあったからモテる?-
    (日本心理学会第76回大会 2012)
  • 交際周期を気にする若者たち
    (日本社会心理学会第51回大会 2010)
経歴 (1件):
  • 2009 - 首都大学東京 大学院・人文科学研究科 助教
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る