研究者
J-GLOBAL ID:201201066597956830   更新日: 2024年06月16日

森田 泰暢

モリタ ヤスノブ | Morita Yasunobu
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 経営学
研究キーワード (1件): シチズンサイエンス、アクションリサーチ、実践共同体、産学連携教育、サービスデザイン
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2017 - 2020 産学連携の商品開発プロジェクトを通じた組織間学習プロセスの研究
論文 (20件):
  • 楊豊, 森田泰暢. シチズン・イノベーションを支える複合施設の中の公共図書館の役割. JAPA九州. 2024. 47. 41-45
  • 森田泰暢. 域学連携共同研究における市民参加水準の向上を目指したアクションリサーチ. JAPA九州. 2024. 47. 19-23
  • 森田泰暢, 前野いずみ. ユーザー中心の商品開発プロセスにおける事業性向上のための対応ーシニア向けユニバーサルファッションの商品開発を事例としてー. 福岡大学商学論叢. 2023. 67. 4. 399-414
  • 森田泰暢. サイエンスコミュニケーションの挑戦 サイエンスコミュニケーションが融け込むシチズンサイエンス. サイエンスコミュニケーション. 2022. 12. 2. 8-9
  • 森田, 泰暢. 産学連携の商品開発プロジェクトにおける企業側担当者の学習とその組織への影響-Learning of participants from companies in industry-academic product development projects and its impact on their organization. 福岡大学商学論叢. 2021. 65. 3-4. 447-459
もっと見る
MISC (5件):
  • 森田泰暢. eスポーツにおける サービスエコシステムの拡大. アド・スタディーズ. 2022. 80. 10-14
  • 森田泰暢. アイデア創造能力を高揚する個人および組織特性についての実証分析 -商品開発における構想立案型人材の活用に向けてのモデル構築-. 名古屋市立大学経済学会. 2010
  • 森田泰暢. アイデアおよびコンセプト創造能力と商品開発担当者の個人特性との関係性 -共分散構造分析を用いた検討-. 名古屋市立大学経済学会. 2010
  • 森田泰暢. 商品開発初期フェーズにおける個人特性と組織特性の測定に向けた質問項目の検討-予備調査にみる信頼性と妥当性の検討-. 名古屋市立大学経済学会. 2010
  • 森田泰暢. 商品のアイデア設定やコンセプト構築に関わる概念の操作化-調査対象と質問項目についての検討-. 名古屋市立大学経済学会. 2010
書籍 (3件):
  • eスポーツの科学
    ベースボール・マガジン社 2021 ISBN:4583114184
  • 「社会心理学」における説得と交渉
    2012
  • 自己と社会:社会心理学序説
    2011
講演・口頭発表等 (38件):
  • International Citizen Science Workshop: Embedding Citizen Science into Science Policy; Item 7. Making citizen science policy a reality: funding mechanisms
    (OECD Global Science Forum 2024)
  • 同一地域内における複数のアクションリサーチの展開が新たな公共性の創出に寄与する可能性の検討
    (第96回日本社会学会大会 2023)
  • マンション管理組合員におけるプロアクティブ行動のモチベーションの変遷
    (商品開発・管理学会第40回全国大会 2023)
  • シチズン・イノベーションにおける公共図書館の役割
    (日本計画行政会九州支部 第44回(福岡)大会 2023年6月24日 2023)
  • 自治体から生まれる共同研究のアクションリサーチ -令和発祥の都太宰府『梅』プロジェクト推進事業の共同研究を事例に-
    (日本計画行政会九州支部 第44回(福岡)大会 2023年6月24日 2023)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2008 - 2011 名古屋市立大学 経済学研究科 経営学専攻博士後期課程
  • 2003 - 2005 京都大学 大学院農学研究科 食品生物科学専攻
  • 1999 - 2003 京都大学 農学部 生物機能科学科
学位 (3件):
  • 学士(農学) (京都大学)
  • 修士(農学) (京都大学)
  • 博士(経済学) (名古屋市立大学)
経歴 (7件):
  • 2024/04 - 現在 福岡大学 商学部 経営学科 教授
  • 2021/04 - 現在 福岡大学商学部シチズンサイエンス研究センター センター長
  • 2017/04 - 2024/03 福岡大学 商学部 准教授
  • 2016/04 - 2017/03 九州産業大学 経済学部 准教授
  • 2014/04 - 2016/03 九州産業大学 経済学部 講師
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2022/05 - 現在 文部科学省 科学技術・学術政策研究所 科学技術予測・政策基盤調査研究センター, 科学技術専門家ネットワーク・専門調査員
受賞 (3件):
  • 2021/03 - 商品開発・管理学会 優秀発表賞 アパレルの高齢化対応における量産商品開発 -ユーザー中心の商品開発における限定された市場の拡大プロセス-
  • 2015/10 - 日本説得交渉学会 出版賞 「社会心理学」における説得と交渉
  • 2003 - 日本食品工学会 ポスター賞 アスコルビン酸脂肪酸エステルのCaco-2培養細胞への吸収過程の解析
所属学会 (6件):
日本社会学会 ,  日本計画行政学会 ,  ヒューマンインタフェース学会 ,  産学連携学会 ,  組織学会 ,  商品開発・管理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る