研究者
J-GLOBAL ID:201201067375488818   更新日: 2021年07月30日

小佐井 康介

Kosai Kosuke
研究分野 (1件): 感染症内科学
競争的資金等の研究課題 (20件):
  • 2021 - 2024 好中球機能に着目したインフルエンザ関連細菌性肺炎の重症化機序解明
  • 2021 - 2022 オゾン噴流装置の細菌(大腸菌、ブドウ球菌など)に対する殺菌・滅菌・不活化効果
  • 2020 - 2021 鼻咽頭検体を用いたSARS-CoV-2およびインフルエンザウイルスRNAの検出性能評価
  • 2020 - 2021 呼吸器病原体(細菌、ウイルス)に対するマルチプレックスPCR検査試薬に関する臨床性能評価
  • 2020 - 2021 血流感染症の患者より分離されたグラム陰性桿菌の微生物学的解析
全件表示
論文 (71件):
  • Kenji Ota, Katsunori Yanagihara, Daisuke Sasaki, Norihito Kaku, Naoki Uno, Kei Sakamoto, Kosuke Kosai, Taiga Miyazaki, Hiroo Hasegawa, Ayumi Fujita, et al. Detection of SARS-CoV-2 using qRT-PCR in saliva obtained from asymptomatic or mild COVID-19 patients, comparative analysis with matched nasopharyngeal samples. PloS one. 2021. 16. 6. e0252964
  • Norihito Kaku, Hina Kodama, Norihiko Akamatsu, Kenji Ota, Kosuke Kosai, Yoshitomo Morinaga, Yusuke Narita, Yasushi Matsumoto, Tetsuro Matsushita, Yohei Mizuta, et al. Multicenter evaluation of molecular point-of-care testing and digital immunoassays for influenza virus A/B and respiratory syncytial virus in patients with influenza-like illness. Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy. 2021. 27. 6. 820-825
  • Norihito Kaku, Kenji Ota, Daisuke Sasaki, Norihiko Akamatsu, Naoki Uno, Kei Sakamoto, Kosuke Kosai, Hiroo Hasegawa, Koichi Izumikawa, Hiroshi Mukae, et al. Had COVID-19 spread in the community before the first confirmed case in Nagasaki, Japan?. Microbes and infection. 2021. 104812-104812
  • Kosuke Kosai, Hiromichi Suzuki, Kiyoko Tamai, Yuya Okada, Norihiko Akamatsu, Atsuo Ueda, Shigeyuki Notake, Yuji Yaguchi, Katsunori Yanagihara. Multicenter evaluation of Verigene Enteric Pathogens Nucleic Acid Test for detection of gastrointestinal pathogens. Scientific reports. 2021. 11. 1. 3033-3033
  • Katsunori Yanagihara, Kosuke Kosai, Hiroshige Mikamo, Hiroshi Mukae, Yoshio Takesue, Machiko Abe, Kazuko Taniguchi, Tanaz Petigara, Mitsuo Kaku. Serotype distribution and antimicrobial susceptibility of Streptococcus pneumoniae associated with invasive pneumococcal disease among adults in Japan. International journal of infectious diseases : IJID : official publication of the International Society for Infectious Diseases. 2021. 102. 260-268
もっと見る
MISC (30件):
もっと見る
書籍 (17件):
  • 日本医師会雑誌 第150巻・特別号(1) 臨床検査を使いこなす
    2021
  • 呼吸器疾患最新の治療 2019-2020
    南江堂 2019 ISBN:9784524245574
  • 病原細菌・ウイルス図鑑
    北海道出版社 2017 ISBN:9784832982291
  • 呼吸器疾患診断治療アプローチ
    中山書店 2017 ISBN:9784521745268
  • 医療スタッフのための微生物検査のススメ
    ヴァン メディカル 2017 ISBN:9784860921248
もっと見る
講演・口頭発表等 (128件):
  • 血液培養から分離された緑膿菌に対する、CFDCの抗菌活性と耐性機序の解析
    (第95回日本感染症学会学術講演会・第69回日本化学療法学会総会 2021)
  • プラスミド性コリスチン耐性遺伝子mcr保有率の全国的なサーベイランスと国内で初めて感染が確認されたmcr-5陽性大腸菌の解析
    (第95回日本感染症学会学術講演会・第69回日本化学療法学会総会 2021)
  • 質量分析の発展的活用 シンポジウム22 新たな検査法の導入は感染症診療をどう変えるか?
    (第 95 回日本感染症学会学術講演会 第 69 回日本化学療法学会総会 合同学会 2021)
  • 質量分析を用いた薬剤耐性菌検出
    (2020九州MALDI-TOF MSセミナー)
  • SARS-CoV-2遺伝子検査(qRT-PCR法)における唾液検体の偽陽性率の検討
    (第 95 回日本感染症学会学術講演会 第 69 回日本化学療法学会総会 合同学会 2021)
もっと見る
委員歴 (2件):
  • 2020/03 - 現在 日本環境感染学会 多剤耐性菌感染制御委員会委員
  • 2015/04 - 2018/03 日本環境感染学会 多剤耐性菌感染制御委員会委員
受賞 (3件):
  • 2015/10 - 第75回日本呼吸器学会・日本結核病学会・日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 九州支部秋季学術講演会 学術奨励賞 インフルエンザ関連肺炎における重症化機序の解明
  • 2015/03 - 長崎県医師会 長崎県医師会医学研究助成金 インフルエンザ肺炎の重症化メカニズム解明ー宿主細胞死の調節機構に着目してー
  • 2014/06 - 長崎医学同窓会 平成26年度長崎医学同窓会医学研究助成金 インフルエンザの重症化メカニズム解明と免疫学的介入による新規治療法の開発
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る