研究者
J-GLOBAL ID:201201074170935249   更新日: 2020年07月15日

ライアン 優子

ライアン ユウコ | YUKO RYAN
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
研究分野 (1件): 教育社会学
研究キーワード (6件): 留学生のキャリア開発 ,  留学生の就職 ,  STEM ,  高等教育 ,  留学生 ,  高度人材
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2019 - 2022 留学生の定着/移動とキャリア形成に関する国際比較研究-企業の海外展開との関係から
  • 2020 - 2021 東南アジア・南アジアの留学生の就職と定着の促進・阻害要因に関する研究
  • 2017 - 2020 日本語初中級の理系大学院留学生のキャリア支援の研究 -高度外国人材活用に向けて-
論文 (9件):
  • ライアン 優子. 地域志向のグローバル人材育成プログラム「静岡大学アジアブリッジプログラム」 -成果と課題-. 留学交流. 2019. 102. 25-30
  • ライアン 優子. 日本語初中級の理系修士課程留学生の進路希望傾向. 静岡大学国際連携推進機構紀要. 2019. 1. 71-85
  • ライアン優子. 修士課程の英語プログラムに在籍する留学生を対象とした進路希望調査と支援体制構築の取組. 静岡大学国際交流センター紀要. 2018. 12. 37-49
  • ライアン優子. イギリスの大学の博士課程におけるキャリア開発支援と研究者育成トレーニング. 静岡大学国際交流センター紀要. 2016. (vol.10). (43)-(59)
  • 責任著者]ライアン 優子, 共著者, 和田忠浩, 袴田麻里. 工学部における海外研究室交流プログラムの実践 : 実践方法の考察と参加学生の意識変化の分析. 静岡大学教育研究. 2016. 12. (num). (125)-(138)
もっと見る
書籍 (1件):
  • Journeys around Education for Sustainability
    London South Bank University, Faculty of Arts and Human Sciences 2008
講演・口頭発表等 (12件):
  • Key elements of International student employability - the implications for Japan -
    (日本キャリア教育学会第41回研究大会 2019)
  • Exploring factors influencing career outcomes of international STEM master’s students of English-taught programs in Japan
    (International Association for Vocational and Educational Guidance(IAEVG) 2019 2019)
  • 日本の大学を卒業した留学生のキャリアパス -タイ人学生を例に-
    (チェンマイ大学日本研究センター 2019)
  • International STEM student mobility and post-study career pathways in Japan
    (世界教育学会2019 2019)
  • International student migration research in Japan
    (日本比較教育学会第55回大会 2019)
もっと見る
学位 (2件):
  • 修士(Master of Science) (ロンドン サウスバンク大学)
  • 学士(経済) (静岡大学)
委員歴 (2件):
  • 2019/01 - 現在 キャリア教育学会 国際交流委員会
  • 2019/01 - 現在 The Japanese society for the study of career education International exchange
所属学会 (3件):
日本キャリア教育学会 ,  日本比較教育学会 ,  移民政策学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る