研究者
J-GLOBAL ID:201201074656116584   更新日: 2020年09月26日

今井 喜胤

Imai Yoshitane
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.apch.kindai.ac.jp/orgstchem-folder/index.html
研究分野 (1件): 機能物性化学
研究キーワード (14件): 磁気円偏光発光 ,  ペプチド ,  キラル ,  超分子 ,  蛍光 ,  光学活性 ,  ホスト ,  CPL ,  分子認識 ,  円偏光二色性 ,  固体 ,  有機発光体 ,  円偏光発光 ,  発光
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2020 - 2022 固体刺激応答特性を有するエラストマーラッピングソフトCPL材料の開発
  • 2019 - 2022 リン原子上キラルな四配位リン化合物を基軸とする合成化学の展開
  • 2019 - 2021 CP-OLEDを指向したハイブリッド円偏光発光(CPL)体の開発
  • 2018 - 2021 外部刺激応答型へリックスピレン円偏光発光(CPL)材料の創製
  • 2015 - 2018 マトリックスを利用した非古典的円偏光発光スイッチ・増幅システムの構築
全件表示
論文 (169件):
  • Yuki Mimura, Yuki Motomura, Mizuki Kitamatsu, Yoshitane Imai. Sign inversion of excimer circularly polarized luminescence in water-soluble bipyrenyl oligopeptides through an odd-even effect. TETRAHEDRON LETTERS. 2020. 61. 39
  • Kei Fujise, Eiji Tsurumaki, Gaku Fukuhara, Nobuyuki Hara, Yoshitane Imai, Shinji Toyota. Multiple Fused Anthracenes as Helical Polycyclic Aromatic Hydrocarbon Motif for Chiroptical Performance Enhancement. CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL. 2020. 15. 16. 2456-2461
  • Hana Okada, Nobuyuki Hara, Daiki Kaji, Motohiro Shizuma, Michiya Fujuiki, Yoshitane Imai. Excimer-origin CPL vs. monomer-origin magnetic CPL in photo-excited chiral binaphthyl-ester-pyrenes: critical role of ester direction. PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS. 2020. 22. 25. 13862-13866
  • Hiroki Yoshikawa, Gaku Nakajima, Yuki Mimura, Takahiro Kimoto, Yoshiro Kondo, Satoko Suzuki, Michiya Fujiki, Yoshitane Imai. Mirror-image magnetic circularly polarized luminescence (MCPL) from optically inactive Eu-III and Tb(III)tris(beta-diketonate). DALTON TRANSACTIONS. 2020. 49. 28. 9588-9594
  • Hiroaki Mizuno, Mizuki Kitamatsu, Yoshitane Imai, Gaku Fukuhara. Smart Fluorescence Materials that Are Controllable by Hydrostatic Pressure: Peptide-Pyrene Conjugates. CHEMPHOTOCHEM. 2020. 4. 7. 502-507
もっと見る
MISC (370件):
  • 揖大輝, 原伸行, 北山真珠美, 靜間基博, 椿一典, 今井喜胤. オリゴナフタレン/Eu(III)ハイブリッド発光体の創製と円偏光発光(CPL)特性. 錯体化学会討論会講演要旨集. 2019. 69th. 160
  • 楫大輝, 池田進太郎, 高村健也, 静間基博, 宮坂誠, 森直, 今井喜胤. 非古典的円偏光発光(CPL)特性を有する光学活性ビナフチル-ピレン円偏光発光体. シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集. 2019. 2019. 124-125
  • 沢井美香, 高島弘, 恒石響, 味村優輝, 今井喜胤. 疎水性ピレン誘導体とγ-CD複合体の水中での円偏光発光特性. ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム講演要旨集. 2019. 17th. 69
  • 高島弘, 沢井美香, 恒石響, 味村優輝, 今井喜胤. シクロデキストリンを用いた疎水性ピレン誘導体の水中での光特性. ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム講演要旨集. 2019. 17th. 26
  • 楫大輝, 池田進太郎, 高村健也, 静間基博, 森直, 宮坂誠, 今井喜胤. 光学活性ビナフチル-ピレン円偏光発光(CPL)体における非古典的CPL特性制御. ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム講演要旨集. 2019. 17th. 106
もっと見る
書籍 (3件):
  • Advances in Organic Crystal Chemistry, Comprehensive Reviews 2020
    Springer 2020
  • Circularly Polarized Luminescence of Isolated Small Organic Molecules
    Springer 2020
  • Advances in Organic Crystal Chemistry, Comprehensive Reviews 2015
    Springer 2015
学歴 (3件):
  • 1998 - 2000 日本学術振興会特別研究員
  • - 2000 大阪大学大学院 分子工学専攻
  • - 1995 大阪大学 応用化学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (大阪大学)
経歴 (5件):
  • 2015/04 - 現在 近畿大学 理工学部応用化学科 准教授
  • 2009/04 - 2015/03 近畿大学 理工学部応用化学科 講師
  • 2007/04 - 2009/03 近畿大学 理工学部応用化学科 助教
  • 2004/04 - 2007/03 近畿大学 理工学部応用化学科 助手
  • 2000/04 - 2004/03 科学技術振興事業機構 創造科学技術推進事業黒田カイロモルフォロジーPJ 博士研究員
委員歴 (4件):
  • 2018/06 - 現在 高分子学会関西支部 高分子学会関西支部地区幹事
  • - 現在 色材協会関西支部 運営委員
  • - 現在 日本油化学会関西支部 幹事
  • - 現在 日本化学会有機結晶部会 幹事
受賞 (2件):
  • 2019 - 日本油化学会オレオマテリアル賞
  • 2009 - コニカミノルタ画像科学進歩賞(平成21年)
所属学会 (8件):
日本化学会有機結晶部会 ,  光化学協会 ,  日本ペプチド学会 ,  色材協会 ,  日本油化学会 ,  有機合成化学協会 ,  高分子学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る