研究者
J-GLOBAL ID:201201075039776506   更新日: 2021年06月11日

森口 岳

モリグチ ガク | Moriguchi Gaku
所属機関・部署:
職名: 非常勤講師
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (4件): ジェンダー ,  社会学 ,  地域研究 ,  文化人類学、民俗学
論文 (12件):
  • 森口岳. 臣民か、市民か : 東アフリカの社会開発をめぐるレジリエンスとレジスタンス. 多文化社会研究. 2020. 6. 393-410
  • 森口 岳. In and Out of Family: Family Affairs and Deep Play at Nightclubs in Kampala, Uganda. Citizenship in Motion: South African and Japanese Scholars in Conversation. 2019. 261-285
  • 森口 岳. 女たちは踊ることができるか--カンパラのバーガールのシティズンシップとその「主体性」への再考. 文化人類学. 2018. 83. 2. 213-232
  • 森口 岳. 都市の政治学: 2007~2011年のウガンダ共和国首都カンパラでの三つの暴動を事例に. 国際地域学研究. 2018. 21. 17-34
  • 森口 岳. 創られる援助:ある日本のNGOの緊急支援プロジェクトとケニア、トゥルカナ地域での状況. 国際地域学研究. 2016. 19. 91-105
もっと見る
MISC (2件):
  • 森口岳. 書評「ジェームズ・ファーガソン著 石原美奈子・松浦由美子・吉田早悠里訳 『反政治機械--レソトにおける「開発」・脱政治化・官僚支配』」. 文化人類学. 2020. 85. 3. 545-547
  • 森口岳. 書評「近藤英俊・浮ヶ谷幸代編著, 『現代医療の民族誌』, 東京, 明石書店, 2004年3月, 290頁, 3,200円(+税)」. 文化人類学. 2004. 69. 3. 484-486
書籍 (7件):
  • グローバリゼーション時代の地域研究--アフリカ二国比較地域研究序説
    児玉谷史朗・佐藤章・嶋田晴行編著『地域研究へのアプローチ--グローバル・サウスから読み解く世界情勢』ミネルヴァ書房 2021
  • 地域研究のアプローチ--図書館とフィールドの間で
    児玉谷史朗・佐藤章・嶋田晴行編著『地域研究へのアプローチ--グローバル・サウスから読み解く世界情勢』ミネルヴァ書房 2021
  • 地域研究とグローバル・サウス--理論とそのアプローチ
    児玉谷史朗・佐藤章・嶋田晴行編著『地域研究へのアプローチ--グローバル・サウスから読み解く世界情勢』ミネルヴァ書房 2021
  • 地域研究へのアプローチ : グローバル・サウスから読み解く世界情勢
    ミネルヴァ書房 2021 ISBN:9784623090938
  • Citizenship in Motion: South African and Japanese Scholars in Conversation
    Langaa RPCIG 2019 ISBN:9789956550685
もっと見る
講演・口頭発表等 (25件):
  • ケアからの逃走 --ウガンダ、カンパラのスラムでの「心配と係り合い」に関する考察
    (第55回日本文化人類学研究大会 分科会「心配と係り合いについての人類学的探求」 2021)
  • 「他者のリアリティ」としての民族誌試論(1) --村上春樹の小説手法と70~80年代の実験的民族誌との比較
    (「エスノグラフィーとフィクション研究会」第3回研究発表会 2021)
  • 臣民か、市民か -東アフリカの社会開発をめぐるレジリエンスとレジスタンス-
    (長崎大学多文化社会学部シンポジウム「アフリカのレジリエンス-現代社会の困難を克服する創造性とフィールドワーク主義」 2019)
  • 家族の政治学-ウガンダのスラムの一家族を事例に、ケアと葛藤をめぐって
    (国立民族学博物館共同研究会「心配と係り合いについての人類学的探求」 2019)
  • Subject or Citizen? : African Citizenship between Resilience and Resistance
    (JSPS二国間交流事業共同研究「21世紀の南アフリカと日本におけるシティズンシップ」 2018)
もっと見る
学歴 (6件):
  • 2006 - 2012 一橋大学大学院 総合社会科学専攻 博士後期課程
  • 2000 - 2005 一橋大学大学院 地球社会研究専攻 修士課程
  • 2000 - 2002 英国マンチェスター大学大学院 社会人類学部修士課程
  • 1999 - 2000 千葉大学 行動科学科 文化人類学教室
  • 1992 - 1997 慶應義塾大学 史学科 民族学・考古学専攻
全件表示
学位 (3件):
  • 修士(社会学) (一橋大学大学院)
  • MA (Econ.) (University of Manchester)
  • 史学士 (慶應義塾大学)
経歴 (11件):
  • 2018/09 - 現在 東京農業大学 国際食料情報学部 非常勤講師
  • 2019/04 - 2021/03 東京農業大学 大学院農学研究科 非常勤講師
  • 2019/04 - 2020/03 国士舘大学 政経学部 非常勤講師
  • 2017/04 - 2019/03 学習院大学 法学部 政治学科 非常勤講師
  • 2012/04 - 2019/03 東洋大学国際地域学部 非常勤講師
全件表示
所属学会 (5件):
IUAES ,  日本ナイル・エチオピア学会 ,  くにたち人類学会 ,  日本アフリカ学会 ,  日本文化人類学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る