研究者
J-GLOBAL ID:201201076250132590   更新日: 2021年03月04日

山崎 由美子

ヤマザキ ユミコ | Yamazaki Yumiko
所属機関・部署:
職名: 副チームリーダー
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/20399447.ja.html
研究分野 (4件): 実験心理学 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  認知科学
研究キーワード (12件): 系列反応 ,  認知科学 ,  般化 ,  実験系心理学 ,  プランニング ,  抽象構造 ,  比較認知神経科学 ,  抽象性 ,  推論・問題解決 ,  神経科学 ,  論理性 ,  系列反応時間
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2018 - 2021 向社会的行動を維持する心理生理的至近要因の解明
  • 2013 - 2016 対象の相対的関係認知に関する実験的検討
  • 2010 - 2011 再結合般化を支えるメカニズムの基礎的研究
  • 2007 - 2008 ジュウシマツによる系列反応の構造化
  • 2007 - 2008 ニホンザルの『感覚道具』使用の獲得
全件表示
論文 (24件):
もっと見る
MISC (45件):
  • 山崎由美子, 入來篤史. 腹側線条体の総論と基礎 道具使用訓練による側坐核の変化とその役割. Clinical Neuroscience. 2018. 36. 12
  • 山崎由美子, 山崎由美子, 川原井晋平, 森田英利, 菊水健史, 入來篤史. コモンマーモセットに対する糞便移植によるClostridium difficile下痢症の治療. 日本原生生物学会大会講演要旨集. 2017. 50th
  • Yumiko Yamazaki, Iriki Atsushi. Cognitive abilities of common marmosets for object recognition and manipulation. INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY. 2016. 51. 258-259
  • 山崎由美子, 山崎由美子, 斉木正門, 稲田正幸, 入來篤史, 渡辺茂. コモンマーモセットによる同時弁別学習と般化. 動物心理学研究. 2013. 62. 2
  • 山崎由美子, 山崎由美子, 斉木正門, 稲田正幸, 渡辺茂, 入來篤史. コモンマーモセットによる,刺激提示位置を手がかりとした見本合わせにおける遅延時間の効果. 日本動物心理学会大会プログラム. 2013. 73rd
もっと見る
書籍 (1件):
  • アレックス・スタディ-オウムは人間の言葉を理解するか
    共立出版 2003 ISBN:4320055977
学位 (1件):
  • 博士(心理学) (慶應義塾大学)
経歴 (5件):
  • 2018 - 現在 国立研究開発法人理化学研究所 象徴概念発達研究チーム 副チームリーダー
  • 2013 - 2018 慶應義塾大学 先導研究センター 特任教授
  • 2008 - 2013 慶應義塾大学 社会(科)学研究科 特任准教授
  • 2004 - 2008 理化学研究所脳科学総合研究センター象徴概念発達研究チーム 研究員
  • 2002 - 2004 Abteilung Biopsychologie, Fakultaet fuer Psychologie, Ruhr Universitaet Bochum Researcher
所属学会 (3件):
日本マーモセット研究会 ,  日本神経科学学会 ,  日本動物心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る