研究者
J-GLOBAL ID:201201078479742912   更新日: 2021年10月27日

葛西 恵介

カサイ ケイスケ | Kasai Keisuke
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://www.hikari.riec.tohoku.ac.jp/http://www.hikari.riec.tohoku.ac.jp/index-en.html
研究分野 (1件): 通信工学
研究キーワード (2件): コヒーレント光通信 ,  レーザの周波数・位相制御
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2015 - 現在 コヒーレントナイキストパルス伝送技術の研究開発
  • 2014 - 2018 多機能なコヒーレントナイキストパルスの提案とそれを用いた超高速・高効率光伝送技術
  • 2014 - 2016 広帯域光VCOによるコヒーレント光通信用高精度光位相制御技術の確立
  • 2014 - 2016 コヒーレント光通信用狭線幅周波数安定化レーザの開発
  • 2012 - 2015 超多値QAM信号のマルチコア光ファイバ伝送に関する研究
全件表示
論文 (188件):
  • Kozo Sato, Takashi Kan, Masato Yoshida, Keisuke Kasai, Toshihiko Hirooka, Masataka Nakazawa. Chromatic dispersion dependence of GAWBS phase noise compensation with pilot tone. OPTICS EXPRESS. 2021. 29. 7. 10676-10687
  • Masato Yoshida, Takashi Kan, Keisuke Kasai, Toshihiko Hirooka, Katsumi Iwatsuki, Masataka Nakazawa. 10 Channel WDM 80 Gbit/s/ch, 256 QAM Bi-Directional Coherent Transmission for a High Capacity Next-Generation Mobile Fronthaul. JOURNAL OF LIGHTWAVE TECHNOLOGY. 2021. 39. 5. 1289-1295
  • Masato Yoshida, Takashi Kan, Keisuke Kasai, Toshihiko Hirooka, Masataka Nakazawa. 10 Tbit/s QAM Quantum Noise Stream Cipher Coherent Transmission Over 160 Km. JOURNAL OF LIGHTWAVE TECHNOLOGY. 2021. 39. 4. 1056-1063
  • Takashi Kan, Kozo Sato, Masato Yoshida, Toshihiko Hirooka, Keisuke Kasai, Masataka Nakazawa. Spectrally efficient pilot tone-based compensation of inter-channel cross-phase modulation noise in a WDM coherent transmission using injection locking. OPTICS EXPRESS. 2021. 29. 2. 1454-1469
  • Takashi Kan, Keisuke Kasai, Masato Yoshida, Toshihiko Hirooka, Masataka Nakazawa. Injection-locked 256 QAM WDM coherent transmissions in the C- and L-bands. OPTICS EXPRESS. 2020. 28. 23. 34665-34676
もっと見る
MISC (98件):
  • 佐藤耕造, 管貴志, 吉田真人, 葛西恵介, 廣岡俊彦, 中沢正隆. GAWBS雑音の波長分散依存性に関する考察. 電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM). 2021. 2021
  • 木村光佑, 木村光佑, 吉田真人, 葛西恵介, 廣岡俊彦, 中沢正隆. Chirped FBGとLCoSを組み合わせた低非線形分散マネージ伝送路を用いた超高速コヒーレントナイキストパルス伝送のBER特性の改善. 電子情報通信学会技術研究報告(Web). 2021. 121. 18(OFT2021 1-11)
  • 管貴志, 佐藤耕造, 吉田真人, 葛西恵介, 廣岡俊彦, 中沢正隆. 注入同期法を用いた広帯域・高精度WDMチャネル間相互位相変調雑音補償. 電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM). 2021. 2021
  • 岩屋太郎, 木村光佑, 吉田真人, 葛西恵介, 廣岡俊彦, 中沢正隆. CFBGとLCoSを用いた低非線形分散マネージ伝送路とその超高速コヒーレントナイキストパルス伝送への応用. 電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM). 2021. 2021
  • 廣岡俊彦, 葛西恵介, 吉田真人, 中沢正隆. 光・無線融合型フルコヒーレントアクセスネットワークの実現に向けて. 電子情報通信学会技術研究報告(Web). 2021. 120. 341(SR2020 47-59)
もっと見る
特許 (3件):
  • 光ナイキストパルス伝送
  • コヒーレント光時分割多重信号の復調方式
  • コヒーレント光時分割多重伝送方式
学歴 (2件):
  • - 2008 東北大学 電気・通信工学
  • - 1999 東北大学
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東北大学)
経歴 (6件):
  • 2019/08 - 現在 東北大学 電気通信研究所 准教授
  • 2012/11 - 2019/07 東北大学電気通信研究所 助教
  • 2012/04 - 2012/10 東北大学電気通信研究所 教育研究支援者
  • 2009/04 - 2012/03 東北大学電気通信研究所 日本学術振興会 特別研究員(PD)
  • 2008/04 - 2009/03 東北大学大学院工学研究科 COEフェロー
全件表示
委員歴 (8件):
  • 2020/06 - 現在 電子情報通信学会 光通信システム研究専門委員会 委員
  • 2020/04 - 現在 応用物理学会 東北支部庶務幹事
  • 2018/06 - 現在 電子情報通信学会 レーザ・量子エレクトロニクス研究専門委員会 委員
  • 2012/04 - 現在 レーザー学会、ファイバーレーザー技術専門委員会 専門委員
  • 2018/06 - 2020/06 電子情報通信学会 会誌編集委員会 委員
全件表示
受賞 (7件):
  • 2018/07 - Opto-Electronics and Communications Conference Best Paper Award
  • 2012/05 - 電子情報通信学会 平成23年度電子情報通信学会論文賞
  • 2008/09 - 電子情報通信学会 エレクトロニクスソサイエティ 電子情報通信学会2008年Electronics Express Best Paper Award
  • 2008/03 - 東北大学 平成19年度東北大学大学院工学研究科長賞
  • 2007/12 - IEEE Sendai Section IEEE Sendai Section Student Award 2007
全件表示
所属学会 (4件):
IEEE ,  レーザー学会 ,  応用物理学会 ,  電子情報通信学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る