研究者
J-GLOBAL ID:201201078612073271   更新日: 2024年05月21日

須田 利美

スダ トシミ | Suda Toshimi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): https://w3.tohoku.ac.jp/ris-es/https://edit.w3.tohoku.ac.jp/sws/ris-es/english/
研究分野 (1件): 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする実験
研究キーワード (14件): 陽子電荷半径パズル ,  電子・陽子弾性散乱 ,  極低運動量移行領域 ,  電子散乱 ,  イオントラップ ,  ルミノシティー ,  短寿命不安定核 ,  SCRIT ,  自己閉じこめ型浮遊標的 ,  少数多体系 ,  電子リング ,  レプトン ,  ガンマ線 ,  原子核
競争的資金等の研究課題 (25件):
  • 2020 - 2025 陽子半径パズルの解明を目指した極限的低エネルギーでの電子・陽子弾性散乱
  • 2022 - 2025 低エネルギー電子弾性散乱による革新的な原子核の中性子分布半径の決定法の確立
  • 2020 - 2025 陽子半径パズルの解明を目指した極限的低エネエルギーでの電子・陽子弾性散乱
  • 2016 - 2020 極低運動量移行での電子弾性散乱による陽子荷電半径精密決定
  • 2014 - 2017 電子ビームによる短寿命不安定核の光吸収断面積測定新手法の開発
全件表示
論文 (181件):
  • 内山 剛志, 加藤 恵, 池田 隼人, 菊永 英寿, 須田 利美, 石丸 泰寛, 魚住 信之. 4-3-2 Na輸送体AtHKT1の生殖時における耐塩性機構の解明(4-3 植物の有害元素 2023年度愛媛大会). 日本土壌肥料学会講演要旨集. 2023. 69. 65-65
  • K. Tsukada, Y. Abe, A. Enokizono, T. Goke, M. Hara, Y. Honda, T. Hori, S. Ichikawa, Y. Ito, K. Kurita, et al. First Observation of Electron Scattering from Online-Produced Radioactive Target. Physical Review Letters. 2023. 131. 092502
  • R. Ogawara, Y. Abe, T. Ohnishi, A. Enokizono, M. Hara, T. Hori, S. Ichikawa, K. Kurita, Y. Maehara, T. Suda, et al. Ion-trapping properties of SCRIT: Time evolutions of 138Ba charge state distributions. 2023. 541. 90-92
  • Takeshi Uchiyama, Shunya Saito, Taro Yamanashi, Megumi Kato, Kosuke Takebayashi, Shin Hamamoto, Masaru Tsujii, Tomoko Takagi, Noriko Nagata, Hayato Ikeda, et al. The HKT1 Na + transporter protects plant fertility by decreasing Na + content in stamen filaments. Science Advances. 2023. 9. 22
  • Toshimi Suda. Low-energy electron scattering facilities in Japan. Journal of Physics: Conference Series. 2022. 2391. 012004
もっと見る
MISC (128件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (45件):
  • 電子散乱と二重ベータ崩壊核行列要素
    (重ベータ崩壊核行列要に関する実験理論合同研究会 2022)
  • Low-energy electron scattering - proton radius and beyond
    (International STRONG workshop on the Proton Charge Radius and related topics 2022)
  • Study of radii of proton and exotic nuclei by electron scattering
    (2021 Symposium on Nuclear Data 2021)
  • Proton Radius
    (Australian National University Director’s Colloquium, 2021)
  • Proton Radius
    (日本のスピン物理の展望 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1988 東北大学 物理学研究科 原子核理学専攻
  • - 1983 東北大学 理学部 物理学科
学位 (1件):
  • 理学博士 (東北大学)
経歴 (13件):
  • 2022/04 - 現在 京都大学 化学研究所先端ナノビーム科学 客員教授
  • 2022/01 - 現在 日本量子医科学会 評議員
  • 2018/11 - 現在 ヨハネスブルグ大学 理学部 Visiting Professor
  • 2010 - 現在 東北大学電子光理学研究センター 教授
  • 2021/04 - 2023/03 東北大学 電子光理学研究センター センター長
全件表示
委員歴 (14件):
  • 2021/04 - 現在 日本量子医科学会 評議委員
  • 2013/05 - 現在 東北大サイクロトロンラジオアイソトープセンター 理工学利用部会委員
  • 2013/05 - 現在 KEK 放射線安全審議委員
  • 2010 - 現在 東北大学電子光理学研究センター 運営委員
  • 2022/04 - 2023/03 国立大学附置研・センター会議 副会長(並びに第一部会部会長)
全件表示
受賞 (2件):
  • 2024/03 - 国立研究開発法人理化学研究所 理研栄峰賞 世界初のオンライン生成不安定原子標的を用いた電子散乱の成功
  • 2006/03 - 日本物理学会 第11回日本物理学会論文賞
所属学会 (4件):
日本量子医科学会 ,  日本加速器学会 ,  日本物理学会 ,  アメリカ物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る