研究者
J-GLOBAL ID:201201080653078800   更新日: 2020年08月26日

濱田 理人

ハマダ ミチト | Hamada Michito
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 免疫学 ,  医化学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2018 - 2020 転写因子MafBの脾臓での 腫瘍随伴マクロファージ数の制御機構の解明
  • 2016 - 2018 転写因子 MafB による腫瘍随伴マクロファージ 数の制御による腫瘍悪性化の抑制
  • 2014 - 2016 転写因子MafBによるC1q遺伝子群発現 制御を介した自己免疫疾患発症抑制機構 の解明
  • Large Mafの生体内での機能解析
論文 (24件):
  • Dieterich, Lothar C, Tacconi, Carlotta, Menzi, Franziska, Proulx, Steven T, Kapaklikaya, Kübra, Hamada, Michito, Takahashi, Satoru, Detmar, Michael. Lymphatic MAFB regulates vascular patterning during developmental and pathological lymphangiogenesis. Angiogenesis. 2020
  • Liu, Min, Tong, Zan, Ding, Chuanlin, Luo, Fengling, Wu, Shouzhen, Wu, Caijun, Albeituni, Sabrin, He, Liqing, Hu, Xiaoling, Tieri, David, Rouchka, Eric C, Hamada, Michito, Takahashi, Satoru, Gibb, Andrew A, Kloecker, Goetz, Zhang, Huang-Ge, Bousamra, Michael, Hill, Bradford G, Zhang, Xiang, Yan, Jun. Transcription factor c-Maf is a checkpoint that programs macrophages in lung cancer. The Journal of clinical investigation. 2020. 130. 4. 2081-2096
  • Hamada, Michito, Yadav, Manoj Kumar, Inoue, Yuri, Nakane-Otani, Aya, Tsunakawa, Yuki, Jeon, Hyojung, Samir, Omar, Teramoto, Akari, Kukathunga, Kaushalya, Kusakabe, Manabu, Nakamura, Megumi, Kudo, Takashi, takahashi, Satoru. Transcription factor MafB is a marker of tumor-associated macrophages in both mouse and humans. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2020. 521. 3. 590-595
  • Kanai M, Jeon H, Ojima M, Nishino T, Usui T, Yadav MK, Kulathunga K, Morito N, Takahashi S, Hamada M. Phenotypic analysis of mice carrying human-type MAFB p.Leu239Pro mutation. Biochemical and biophysical research communications. 2019
  • Kanai, Maho, Jeon, Hyojung, Ojima, Masami, Nishino, Teppei, Usui, Toshiaki, Yadav, Manoj Kumar, Kulathunga, Kaushalya, Morito, Naoki, Takahashi, Satoru, Hamada, Michito. Phenotypic analysis of mice carrying human-type MAFB p.Leu239Pro mutation. Biochemical and biophysical research communications. 2019. 523. 2. 452-457
もっと見る
MISC (3件):
  • 宮井雅史, 神谷明代, 濱田理人, 森口尚, 高橋智, 片岡浩介. 表皮ケラチノサイト分化における転写ネットワークの解明. 生化学. 2008. 3P-0674
  • 宮井雅史, 田中義啓, 濱田理人, 森口尚, 高橋智, 片岡浩介. 皮膚及び毛包における転写因子Mafの発現と機能. 生化学. 2007. 2P-0956
  • 神谷明代, 濱田理人, 森口尚, 高橋智, 片岡浩介. 副甲状腺における転写因子MafBの役割. 生化学. 2007. 2P-1045
特許 (2件):
  • 非ヒト動物及びその製造方法
  • 非ヒト動物及びその製造方法
書籍 (6件):
  • 医学のあゆみ
    2018
  • セラピューティック・リサーチ
    2014
  • 第6章 Maf
    「モデル動物利用マニュアル」シリーズ 疾患モデルの作製と利用 がん 2012
  • The Mouse Genome Informatics (MGI) MGIの便利な使い方
    細胞工学別冊「バイオリソース&データベース活用術 Webでキャッチ!!実験材料・インフォマティクス」 2009
  • 動脈硬化における新規分子メカニズムの解明
    動脈硬化予, Vol. 7, No. 2 2008
もっと見る
講演・口頭発表等 (61件):
  • ANALYSIS OF A MOUSE MODEL FOR MCTO DUE TO THE MUTATION OF MAFB TRANSACTIVATION DOMAIN
    (the 57th ERA-EDTA Congress 2020)
  • 創傷治癒における転写因子MafBの機能解析
    (第42回 日本分子生物学会年 2019)
  • 多中心性手根骨足根骨融解症の病態理解のための分子的基盤 -遺伝子欠損から疾患変異へ-
    (第42回日本分子生物学会年会 2019)
  • Non-invasive in vivo Murine Atherosclerosis Visualization with One-time DiR Liposome Injection
    (Tsukuba Conferance 2019 2019)
  • Identifying the function of MafB expressed in macrophages during wound healing
    (Tsukuba conference 2019 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2003 - 2007 筑波大学 人間総合科学 生体統御・分子情報医学
  • 2001 - 2003 筑波大学大学院 医科学 医科学
  • 1997 - 2001 茨城大学 理学部 自然機能科学科
学位 (1件):
  • 博士(医学) (筑波大学)
経歴 (4件):
  • 2009/04/01 - 現在 筑波大学 助教
  • 2007/05/01 - 2009/03/31 筑波大学 研究員 (文部科学省ゲノムネットワークプロジェクト)
  • 2007/04/01 - 2007/04 筑波大学 短期雇用者
  • 2004/04/01 - 2007/03/31 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
委員歴 (1件):
  • 2017/11 - 2018/03 筑波大学 第6回筑波大学・東京理科大学合同リトリート
受賞 (6件):
  • 2019/12 - 教員業績評価 教育
  • 2018/05 - 公益財団法人日本実験動物学会 平成30年(公社)日本実験動物学会奨励賞 マクロファージにおけるMafBの機能解析
  • 2016/12 - 第45回日本免疫学会 ベストプレゼンテーション賞
  • 2016/12 - 教員業績評価 教育
  • 2015/12 - 教員業績評価 研究
全件表示
所属学会 (6件):
日本解剖学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本実験動物学会 ,  公益財団法人 日本生化学会 ,  日本免疫学会 ,  日本骨免疫学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る