研究者
J-GLOBAL ID:201201084500571295   更新日: 2020年09月01日

廣田 耕志

ヒロタ コウジ | Hirota Kouji
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://accafe.jp/biochem_tmu/index.php?FrontPage
研究分野 (3件): 遺伝学 ,  分子生物学 ,  細胞生物学
研究キーワード (30件): 組換え ,  ヒストン修飾 ,  DT40 ,  相同組換え ,  ノンコーディングRNA ,  Exo1 ,  DT40細胞 ,  Blm ,  組換え促進法 ,  細胞分化 ,  イムノグロブリン ,  トリBリンパ球 ,  標的組換え ,  クロマチン再編成 ,  transcriptome ,  クロマチン ,  染色体 ,  減数分裂 ,  転写制御 ,  DNA複製 ,  ストレス応答 ,  ヒストンアセチル化 ,  バイオテクノロジー ,  癌 ,  セントロメア ,  ゲノム ,  non-coding RNA ,  SPO11 ,  Bloom症候群 ,  姉妹染色体結合
論文 (66件):
  • Umeda M, Tsunekawa C, Senmatsu S, Asada R, Abe T, Ohta K, Hoffman CS, Hirota K. Histone Chaperone Asf1 Is Required for the Establishment of Repressive Chromatin in Schizosaccharomyces pombe fbp1 Gene Repression. Molecular and cellular biology. 2018. 38. 18
  • Arisa Nakazato, Kinumi Kajita, Masato Ooka, Remi Akagawa, Takuya Abe, Shunichi Takeda, Dana Branzei, Kouji Hirota. SPARTAN promotes genetic diversification of the immunoglobulin-variable gene locus in avian DT40 cells. DNA Repair. 2018. 68. 50-57
  • Abe T, Ooka M, Kawasumi R, Miyata K, Takata M, Hirota K, Branzei D. Warsaw breakage syndrome DDX11 helicase acts jointly with RAD17 in the repair of bulky lesions and replication through abasic sites. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 2018. 115. 33. 8412-8417
  • Abe T, Kawasumi R, Giannattasio M, Dusi S, Yoshimoto Y, Miyata K, Umemura K, Hirota K, Branzei D. AND-1 fork protection function prevents fork resection and is essential for proliferation. Nature communications. 2018. 9. 1. 3091
  • Liton Kumar Saha, Sujin Kim, Habyeong Kang, Salma Akter, Kyungho Choi, Tetsushi Sakuma, Takashi Yamamoto, Hiroyuki Sasanuma, Kouji Hirota, Jun Nakamura, et al. Differential micronucleus frequency in isogenic human cells deficient in DNA repair pathways is a valuable indicator for evaluating genotoxic agents and their genotoxic mechanisms. Environmental and molecular mutagenesis. 2018. 59. 6. 529-538
もっと見る
MISC (1件):
学歴 (3件):
  • 1998 - 2001 東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻博士課程
  • 1996 - 1998 東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻修士課程
  • 1992 - 1996 東京大学理学部生物化学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻)
経歴 (5件):
  • 2012/04 - 現在 首都大学東京理学研究科化学専攻 教授
  • 2010/05 - 2012/03 京都大学 医学(系)研究科(研究院) 准教授
  • 2008/04 - 2010/04 京都大学 医学(系)研究科(研究院) 助教
  • 2005/04 - 2008/03 理化学研究員 基礎科学特別研究員
  • 2001/04 - 2005/03 理化学研究所 協力研究員
所属学会 (3件):
日本環境変異原学会 ,  日本癌学会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る