研究者
J-GLOBAL ID:201201085263006290   更新日: 2020年09月10日

出山 諭司

デヤマ サトシ | Deyama Satoshi
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (4件): 精神神経科学 ,  薬理学 ,  神経科学一般 ,  薬理学
研究キーワード (18件): BDNF ,  VEGF ,  ケタミン ,  痛み ,  内側前頭前野 ,  ω-3系脂肪酸 ,  抗うつ薬 ,  レゾルビン ,  包括脳ネットワーク ,  扁桃体 ,  分界条床核 ,  行動薬理学 ,  ストレス ,  情動 ,  うつ病 ,  薬理学 ,  神経科学 ,  神経薬理学
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2019 - 2022 即効性抗うつ薬の作用発現におけるTRPCチャネルの役割解明と創薬応用
  • 2019 - 2022 治療抵抗性うつ病に対するレゾルビン類経鼻投与の治療効果とその作用機序の解明
  • 2020 - 2021 八角成分の抗うつ作用の機序解明
  • 2019 - 2020 脂質メディエーターレゾルビンE1 を用いた難治性うつ病に対する新規治療戦略の確立
  • 2019 - 2020 ケタミンの即効性抗うつ作用におけるTRPCチャネルの役割解明と創薬応用
全件表示
論文 (30件):
  • Satoko Mukai, Sao Nakada, Hikari Kamada, Ryuma Yaguchi, Satoshi Deyama, Katsuyuki Kaneda. Differential sensitivity to detect prosocial effects of 3,4-methylenedioxymethamphetamine (MDMA) in different social approach paradigms in mice. Neuropsychopharmacology reports. 2020. 40. 297-301
  • Satoshi Deyama, Katsuyuki Kaneda. The duration of the antidepressant-like effects of a single infusion of brain-derived neurotrophic factor into the medial prefrontal cortex in mice. Behavioural Brain Research. 2020. 112844-112844
  • Shintaro Wada, Junko Yanagida, Hitoki Sasase, Tong Zhang, Xueting Li, Hironori Kamii, Masaki Domoto, Satoshi Deyama, Eiichi Hinoi, Akihiro Yamanaka, et al. Acute restraint stress augments the rewarding memory of cocaine through activation of α1 adrenoceptors in the medial prefrontal cortex of mice. Neuropharmacology. 2020. 166. 107968-107968
  • Deyama S, Li XY, Duman RS. Neuron-specific deletion of VEGF or its receptor Flk-1 impairs recognition memory. European Neuropsychopharmacology. 2020. 31. 145-151
  • Katsuyuki Kaneda, Satoshi Deyama, Xueting Li, Tong Zhang, Hitoki Sasase. [Neural mechanisms underlying stress-induced enhancement of cocaine craving behaviors]. Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica. 2020. 155. 3. 135-139
もっと見る
MISC (51件):
  • 出山 諭司. グルタミン酸神経系の変調に着目した神経疾患の理解と治療薬開発への道筋 NMDA受容体拮抗薬ケタミンの即効性抗うつ作用における"神経栄養因子"VEGFの役割(Role of "a neurotrophic factor" VEGF in the rapid antidepressant actions of the NMDA receptor antagonist ketamine). 日本薬学会年会要旨集. 2020. 140年会. S07-2
  • 笹瀬 人暉, 泉 翔馬, 出山 諭司, 金田 勝幸. マウス内側前頭前野V層錐体細胞に対するセロトニンの興奮制御機構. 日本薬学会年会要旨集. 2020. 140年会. 27K-am03S
  • 江崎 博仁, 深尾 朱里, 伊藤 志穂, 尾崎 翔, 堂本 将輝, 泉 翔馬, 笹瀬 人暉, 出山 諭司, 金田 勝幸. Nicotineによる認知記憶増強作用に対する内側前頭前野の関与. 日本薬学会年会要旨集. 2020. 140年会. 27K-am04S
  • Tong Zhang, 二見 優作, 徳村 和也, 二井谷 和平, 出山 諭司, 金田 勝幸. ランニングホイールを用いた行動に対するモチベーション維持の神経メカニズム. 日本薬学会年会要旨集. 2020. 140年会. 27K-am05S
  • 李 雪てい, 柳田 淳子, 初 金玲, 本野 芽衣, 出山 諭司, 山中 章弘, 西谷 直也, 永安 一樹, 金子 周司, 金田 勝幸. 急性社会的敗北ストレス負荷によるコカイン欲求行動増強におけるノルアドレナリンおよびドパミン伝達の役割. 日本薬学会年会要旨集. 2020. 140年会. 27Q-am025S
もっと見る
書籍 (1件):
  • 痛み研究のアプローチ
    真興交易(株)医書出版部 2006
学歴 (3件):
  • 2006 - 2009 京都大学
  • 2004 - 2006 京都大学
  • 2000 - 2004 京都大学 総合薬学科
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (京都大学)
経歴 (6件):
  • 2016/08 - 現在 金沢大学 医薬保健研究域薬学系 助教
  • 2014/07 - 2016/07 イェール大学医学部 精神科 分子精神医学部門 博士研究員
  • 2014/07 - 2015/06 上原記念生命科学財団ポストドクトラルフェロー
  • 2012/07 - 2014/06 北海道大学 大学院薬学研究院 助教
  • 2012/04 - 2012/06 北海道大学 大学院薬学研究院 特任助教
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2019/04 - 現在 日本薬理学会 学術評議員
  • 2017/08 - 現在 日本薬学会 薬理系薬学部会若手世話人
受賞 (6件):
  • 2020/03 - 第35回日本薬理学会学術奨励賞
  • 2019/10 - 6th Congress of Asian College of Neuropsychopharmacology (AsCNP2019) Excellent Presentation Award for AsCNP2019
  • 2019/10 - 日本神経精神薬理学会 JSNP Excellent Presentation Award for AsCNP2019
  • 2018/11 - 第28回日本臨床精神神経薬理学会・第48回日本神経精神薬理学会合同年会 優秀プレゼンテーション賞
  • 2018/03 - Elsevier Outstanding Reviewer in Pharmacology, Biochemistry and Behavior
全件表示
所属学会 (5件):
日本薬学会 ,  日本神経精神薬理学会 ,  Society for Neuroscience ,  日本神経科学学会 ,  日本薬理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る