研究者
J-GLOBAL ID:201201085719926184   更新日: 2020年09月01日

林 承煥

イム スンハン | Leem Seunghwan
所属機関・部署:
職名: 代表
研究分野 (1件): 公共経済、労働経済
研究キーワード (7件): 幸福 ,  健康 ,  ソシャルキャピタル ,  個人健康情報 ,  公共政策 ,  救急搬送 ,  医療経済
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2018 - ブロックチェーンを用いた健康情報の取引プラットフォームの開発に関する研究
論文 (12件):
もっと見る
MISC (4件):
  • 林 承煥. 通行人による心肺蘇生法の実施とソーシャル・キャピタルに関する考察. TOHOKU ECONOMICS RESEARCH GROUP、Discussion Paper 389. 2018
  • 林 承煥. ひとり親の幸福度はなぜ低いのか-所得・外出・世話人の有無の要因を中心に-. TOHOKU ECONOMICS RESEARCH GROUP、Discussion Paper 379. 2017
  • 林 承煥. 統計的生命価値の理論と実際. 公益事業研究. 2011. 63. 2. 53-60
  • 林 承煥. 自動体外式除細動器(AED)の普及と問題点-設置戦略の再検討. 公益事業研究. 2010. 62. 2. 61-67
書籍 (3件):
  • 公共政策のフロンティア
    成文堂 2017
  • コンセッションの勧め-理論と事例から学ぶコンセッションの成功条件
    早稲田大学産業経営研究所(産研シリーズ48) 2014
  • 規制30講-厚生経済学的アプローチ
    中央経済社 2013
講演・口頭発表等 (25件):
  • 心機能停止の原因と救急手当の効果と、高齢化に関する研究 -救急サービスの整備に関する示唆
    (東北経済学会 2019)
  • 世帯構成による幸福度の推計に関する研究
    (生活経済学会 2019)
  • Global Supply Chain Management and Key Index Performance: A Case Study of Japanese Firms
    (韓国国際経営学会 2018)
  • 健康管理の持続期間に関する研究
    (韓国国際経営学会 2018)
  • 言語統計分析に基づいたスマートホームのニーズ把握
    (東北経済学会 2018)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2008 - 2014 早稲田大学
経歴 (5件):
  • 2019/08 - 2020/03 東北大学 経済学研究科 客員助教
  • 2015/08 - 2019/08 東北大学 経済学研究科 特任助教
  • 2015/04 - 2015/09 芝浦工科大学 工学部 非常勤講師
  • 2012/04 - 2014/03 早稲田大学 商学学術院 助手
  • 2011 - 静岡理工科大学 非常勤講師
所属学会 (5件):
東北経済学会 ,  生活経済学会 ,  国際公共経済学会 ,  医療経済学会 ,  公益事業学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る