研究者
J-GLOBAL ID:201201086182031360   更新日: 2020年10月17日

割田 聖史

ワリタ サトシ | Warita Satoshi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): ヨーロッパ史、アメリカ史
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 大学における歴史教育
  • 境界地域における国民化の比較研究
  • 19世紀前半プロイセンにおける州議会の研究
  • 近現代ドイツにおけるポーランド人
  • プロイセン=ドイツ領ポーランドの歴史研究
論文 (28件):
  • 割田聖史. 木谷勤『ドイツ第二帝制史研究』 : 国家を歴史的にとらえ直すために (特集 西洋近現代史の「新しい古典」を読む). 歴史評論. 2020. 840. 39-49
  • 割田聖史. 一八五〇年代のポーゼン州における翻訳と言語 : W.ベントコフスキ『ポーゼン大公国の官公庁文書におけるポーランド語問題』から. 青山史学. 2020. 38. 135-148
  • 割田 聖史. 一般ラント行政法(一八八三年)下のポーゼン州体制. 青山史学. 2019. 37. 55-71
  • プロイセン地方行政改革期のポーゼン州議会(一八七七年-一八八八年). 青山史学. 2018. 36. 63-82
  • 「地域」から「地方」へ : ポーゼン州議会一八六一年-一八七五年. 青山史学. 2016. 34. 51-67
もっと見る
MISC (11件):
  • 史学科のいま 史学入門の(再)設置について. 史友. 2017. 49. 89-107
  • 「歴史と人間(総合科目)」で「歴史とことば」について考える : 講義と特別セッション「ことばと文化」の記録. 青山スタンダード論集. 2016. 11. 47-61
  • カムセラ トマシュ, 割田 聖史. 中央ヨーロッパの歴史と政治における言語 (<特集>帝国・国民国家の辺境と言語) (小名康之教授・松尾精文教授退任記念号). 青山史学. 2013. 31. 127-148
  • 割田 聖史. 特設部会 北原糸子 災害史研究の現状と課題 中嶋久人 原発災害に対する不安・批判の鎮静化と地方利益 西谷地晴美 災害における所有と依存 原口弥生 災害回復力(レジリエンス)の再検討 (2012年度歴史学研究会大会報告批判). 歴史学研究. 2012. 900. 54-56,64
  • 割田 聖史. ヨーロッパ近代史で卒論を書く (特集 歴史学をどう学ぶか) -- (わたしの卒論・修論). 歴史評論. 2012. 0. 745. 77-79
もっと見る
書籍 (10件):
  • 歴史的に考えるとはどういうことか
    ミネルヴァ書房 2019 ISBN:9784623086351
  • 「別段風説書のなかのヨーロッパ-一八四八年革命を中心に」風説書研究会編『オランダ別段風説書集成』
    吉川弘文館 2019
  • 「ヨーロッパから明治を問いなおす」日本史研究会、歴史科学協議会、歴史学研究会、歴史教育者協議会編『創られた明治、創られる明治-「明治150年」が問いかけるもの』
    岩波書店 2018
  • 「ポーゼン州のドイツ語 歴史的地域の失われた言葉を考える」平田雅博、原聖編『帝国・国民・言語 辺境という視点から』
    三元社 2017
  • 「4年間で歴史学を身につける-学びの過程とその意義」「博物館で歴史に出会う」大学の歴史教育を考える会『わかる・身につく歴史学の学び方』
    大月書店 2016
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1997 - 2003 青山学院大学大学院 史学専攻
  • 1995 - 1997 青山学院大学大学院 史学専攻
  • 1991 - 1995 青山学院大学 史学科
経歴 (4件):
  • 2017/04/01 - 現在 青山学院大学 文学部 史学科 教授
  • 2012/04/01 - 2017/03/31 青山学院大学 文学部 史学科 准教授
  • 2006/04 - 2012/03 宮城学院女子大学 学芸学部 助教授(2007より准教授)
  • 2003/04 - 2006/03 日本学術振興会 特別研究員(PD)
所属学会 (8件):
高大連携歴史教育研究会 ,  東京歴史科学研究会 ,  西洋史研究会 ,  宮城歴史科学研究会 ,  歴史学研究会 ,  歴史科学協議会 ,  現代史研究会 ,  東欧史研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る