研究者
J-GLOBAL ID:201201086804629110   更新日: 2019年04月20日

牛窪 隆太

ウシクボ リュウタ | Ushikubo Ryuta
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 日本語教育
研究キーワード (5件): 主体性 ,  制度論 ,  質的データ分析法 ,  実践研究 ,  教師研究
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2016 - 2019 映像記録を用いた日本語教師の語りの保存に関する基礎研究
  • 2013 - 2016 ナラティブアプローチによる新人日本語教師の主体性に関する基礎研究
  • 2013 - 新人日本語教師の成長と専門性意識に関する調査研究
  • 2013 - 海外教育機関のための日本語読解教材の開発
論文 (21件):
  • 牛窪隆太. 書評 細川英雄・太田裕子編著『キャリアデザインのための自己表現』」. 早稲田日本語教育学. 2018. 第24号. 233-237
  • 木下康仁, 根本愛子, 中井好男, 牛窪隆太. 経験から編み直す言語文化教育ポリティクス-M-GTAを例として. 言語文化教育研究. 2017. 第15巻. 26-57
  • 牛窪隆太, 高村めぐみ. 読解教育における「正しい理解」についての試論-物語文を用いた作絵活動の実践報告から-. 関西学院大学日本語教育センター紀要. 2017. 第6号. 5-20
  • 牛窪隆太, 西村由美. 留学における学習環境の連続性をどうとらえるか-教室外環境を活用した会話教育の試みからの一考察-. 関西学院大学日本語教育センター紀要. 2016. 第5号. 7-22
  • 牛窪隆太. 日本語教育における「教師の成長」の批判的再検討-自己成長論から逸脱の場としての「同僚性」構築へ. 言語文化教育研究. 2015. 13巻. 13-26
もっと見る
書籍 (7件):
  • 「日本語教師は市民となりうるか-日本語教師性をめぐって」,『市民性形成とことばの教育 母語・第二言語・外国語を超えて』
    くろしお出版 2016
  • 「教師が自身の実践を分析する意味-日本語授業の前提を議論するために」,『日本語教育のための質的研究 入門』
    ココ出版 2015 ISBN:9784904595688
  • 「教師の役割と専門性を考える」,『日本語教育 学のデザイン』
    凡人社 2015 ISBN:9784893588937
  • 「「実践の用語」と「理論の用語」-実践研究における論文のあり方を再解釈する」,『実践研究は何をめざすか-日本語教育における実践研究の意味と可能性』
    ココ出版 2014 ISBN:9784904595497
  • 「活動型日本語教育における学習者主体を考える」,『ことばの教育を実践する・探究する』
    凡人社 2008 ISBN:9784893586902
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士 (早稲田大学)
所属学会 (5件):
小出記念日本語教育研究会 ,  早稲田大学日本語教育学会 ,  アカデミックジャパニーズ研究会 ,  言語文化教育研究学会 ,  日本語教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る