研究者
J-GLOBAL ID:201201087605324853   更新日: 2022年01月13日

池端 慶

イケハタ ケイ | Ikehata Kei
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 宇宙惑星科学 ,  固体地球科学
研究キーワード (17件): ジオパーク ,  遷移金属元素 ,  同位体 ,  鉱物資源 ,  温泉沈殿物 ,  火山昇華物 ,  フルイドインクルージョン ,  メルトインクルージョン ,  マグマ ,  マントルかんらん岩 ,  金属鉱床成因 ,  火山噴火推移予測 ,  火山学 ,  地球化学 ,  鉱床学 ,  火成岩岩石学 ,  火山学岩石学
競争的資金等の研究課題 (18件):
  • 2018 - 2022 古代西アジアをめぐる水と土と都市の相生・相克と都市鉱山の起源
  • 2019 - 2020 熱水性自然銅の形成メカニズムの解明
  • 2018 - 2019 熱水性自然銅の形成メカニズムの解明
  • 2015 - 2019 次世代海洋資源調査技術(海洋資源の成因に関する科学的研究)「熱水域試料の局所微量金属元素・同位体比分析による解析」
  • 2017 - 2018 熱水性自然銅の形成メカニズムの解明
全件表示
論文 (73件):
  • Ikehata, Kei, Yoneguchi, Yu, Tsunogae, Toshiaki, Takahashi, Kazuki, Sakuwaha, Kabang'u Grace. Pressure-temperature evolution of andalusite-kyanite-sillimanite-bearing pelitic schists from Nishidohira, southern Abukuma Mountains, Northeast Japan: Implications for Cretaceous rapid burial and exhumation in the Northeast Asian continental margin. Pressure-temperature evolution of andalusite-kyanite-sillimanite-bearing pelitic schists from Nishidohira, southern Abukuma Mountains, Northeast Japan: Implications for Cretaceous rapid burial and exhumation in the Northeast Asian continental margin. 2021. 406-407. 1-19
  • Ikehata, Kei, Nozaki, Tatsuo, Nagase, Toshiro, Takaya, Yutaro, Yamasaki, Toru, Otake, Tsubasa, Yonezu, Kotaro, Totsuka, Shuhei, Kitada, Kazuya, Sanada, Yoshinori, et al. Subseafloor sulphide deposit formed by pumice replacement mineralization. Scientific Reports. 2021. 11. 1
  • 黒澤, 正紀, 池端 慶, 安間 了, 西山伸一. ヤシン・テペ遺跡の石室内の金属濃集堆積物の分析. 都市文明の本質-古代西アジアにおける都市の発生と変容の学際研究(山田重郎 編)研究成果報告2020年度. 2021. 205-215
  • Ikehata, Kei, Arakawa, Yoji, Ishibashi, Jun-ichiro. Raman microspectroscopic study of reference clay minerals and alteration minerals in volcanic ejecta from the 7 March 2012 phreatic eruption on Ioto Island (Iwo-jima), Izu-Bonin arc, Japan. Vibrational Spectroscopy. 2021. 114
  • Ikehata, Kei, Eslami, Alireza, Malvoisin, Benjamin, Grieco, Giovanni, Aradi, László Előd, Marchesi, Claudio, Cavallo, Alessandro, Montanini, Alessandra, Borghini, Giulio, et al. Native copper formation associated with serpentinization in the Cheshmeh-Bid ophiolite massif (Southern Iran). Lithos. 2021. 382-383
もっと見る
MISC (1件):
  • 池端 慶, 丸岡 照幸, 千田 康介. UP-14 御嶽火山2014年9月噴出物の硫黄同位体比の特徴(緊急学術セッション(ポスター)). 日本火山学会講演予稿集. 2014. 2014. U17
書籍 (1件):
  • 改訂版 地球進化学 (地球学シリー ズ2)
    古今書院 2020
講演・口頭発表等 (33件):
  • 新規導入した分析機器による物質科学・地球科学的分析と考古学的調査ーヤシン・テペ遺跡の金属濃集堆積物の分析ー
    (新学術領域全体研究会 2021)
  • 熱水性自然銅の形成メカニズムの解明
    (日本鉱業振興会助成 令和2年度研究成果報告会 2020)
  • Generation of mafic and felsic magmas of the Iwanoyama-iyuzan volcanic chain in the Higashi-Izu Monogenetic Volcanic Field , Izu-Bonin arc, Japan
    (日本地球惑星科学連合ーアメリカ地球物理学連合 合同大会 2020)
  • 沖縄トラフごんどうサイトの海底下における塊状硫化物の鉱物学的特徴
    (日本鉱物科学会2019年年会 2019)
  • 中部沖縄トラフごんどうサイトにおける掘削コア試料中の方鉛鉱のPb同位体組成
    (資源地質学会第69回年会 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京大学)
経歴 (6件):
  • 2020/06 - 現在 筑波大学 生命環境系 准教授
  • 2011/10 - 2020/05 筑波大学 生命環境系 助教
  • 2011/10 - 2011/10 日本学術振興会 特別研究員(PD)採用内定(辞退)
  • 2011/09 - 2011/10 筑波大学 大学院生命環境科学研究科 助教
  • 2009/04 - 2011/08 九州大学 大学院理学研究院 附属地震火山観測研究センター 研究機関研究員
全件表示
委員歴 (6件):
  • 2019/04 - 2021/03 資源地質学会 学会賞審査委員会委員
  • 2017/04 - 2020/03 資源地質学会 研究教育推進委員会委員
  • 2016/04 - 2018/03 資源地質学会 学会賞審査委員会委員
  • 2014/04 - 2016/03 The Society of Resource Geology Chairman of the General Council
  • 2014/04 - 2016/03 資源地質学会 評議員(総務委員長)
全件表示
受賞 (2件):
  • 2018/11 - 筑波大学 筑波大学若手教員奨励賞
  • 2013/06 - 資源地質学会研究奨励賞
所属学会 (7件):
Society of Economic Geologists ,  American Geophysical Union ,  静岡県地学会 ,  日本鉱物科学会 ,  日本地球化学会 ,  資源地質学会 ,  日本火山学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る