研究者
J-GLOBAL ID:201201087881151164   更新日: 2021年02月27日

阪本 拓人

サカモト タクト | Sakamoto Takuto
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): https://kaken.nii.ac.jp/r/40456182https://kaken.nii.ac.jp/en/search/?qm=40456182
研究分野 (2件): 地域研究 ,  国際関係論
研究キーワード (11件): テキスト分析 ,  牧畜民 ,  グローバル・ガバナンス ,  国際関係 ,  計算社会科学 ,  人間の安全保障 ,  複雑系 ,  アフリカ ,  マルチエージェント・シミュレーション ,  国際政治 ,  エージェントベース・シミュレーション
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2018 - 2022 持続的な平和と開発のためのガバナンス:ネットワーク科学とデータ科学を用いた研究
  • 2016 - 2018 国際関係論研究における計算社会科学的手法の導入と評価
  • 2015 - 2018 アフリカにおけるミクロな紛争のマクロ化:現地調査に基づいたシミュレーション解析
  • 2014 - 2017 北東アフリカにおける牧畜民の持続可能性と国際協力:情報技術を活用した広域的分析
  • 2012 - 2015 破綻国家の生成・再建と越境関係:MASとGISの結合
論文 (22件):
もっと見る
MISC (8件):
  • Takuto Sakamoto. Governance for Sustainable Peace and Development: Interdisciplinary Study Based on Network Science and Data Science. Impact. 2021. 2021. 2. 8-10
  • 瀧川裕貴, 阪本拓人. 国会会議録データを用いた自然災害に関する集合的認知ダイナミクスの分析. 第二回計算社会科学ワークショップ論文集. 2018. 1-7
  • Takuto Sakamoto. Cross-National Measurement of Polarization in Political Discourse: Analyzing Floor Debate in the U.S. and the Japanese legislatures. arXiv. 2017. 1711.02977. 1-7
  • Hiroki Takikawa, Takuto Sakamoto. Moral Foundations of Political Discourse: Comparative Analysis of the Speech Records of the US Congress and the Japanese Diet. arXiv. 2017. 1704.06903. 1-4
  • 瀧川裕貴, 阪本拓人. 政党政治の道徳分析:日米議会のスピーチデータを用いた多面的分析. 第一回計算社会科学ワークショップ論文集. 2017. 1-10
もっと見る
書籍 (5件):
  • 現代地政学事典
    丸善出版 2020 ISBN:9784621304631
  • ビット・バイ・ビット : デジタル社会調査入門
    有斐閣 2019 ISBN:9784641174481
  • アナーキーな社会の混沌と秩序:マルチエージェント国際関係論のフロンティア
    書籍工房早山 2014 ISBN:9784904701379
  • ホワイトハウスのキューバ危機 : マルチエージェント・シミュレーションで探る核戦争回避の分水嶺
    書籍工房早山 2012 ISBN:9784904701294
  • 領域統治の統合と分裂 : 北東アフリカ諸国を事例とするマルチエージェント・シミュレーション分析
    書籍工房早山 2011 ISBN:9784904701256
講演・口頭発表等 (14件):
  • 国際安全保障のなかのアフリカ:国連安全保障理事会の政策討議から
    (第1回「アフリカ政策パネル」 2020)
  • Quantitative Text Analysis of the Speech Records of the United Nations Security Council
    (Academic Council on the United Nations System (ACUNS) Annual Meeting 2020)
  • Computational Analysis of the Speech Records of the United Nations Security Council
    (Big Data Analysis in International Relations (West University of Timișoara) 2020)
  • Computational Approaches to Politics and International Relations
    (EPCAM Workshop (University of Bucharest) 2020)
  • 安全保障の言説分析:国連安保理における四半世紀の討議から
    (日本国際政治学会2019年度研究大会 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(学術) (東京大学)
経歴 (6件):
  • 2016/11 - 現在 東京大学 大学院総合文化研究科 准教授
  • 2014/04 - 2016/10 独立行政法人日本貿易振興機構 アジア経済研究所 地域研究センター 日本学術振興会特別研究員PD
  • 2014/11 - 2015/10 スイス連邦工科大学チューリヒ校 客員研究員
  • 2010/11 - 2014/03 東京大学 大学院・総合文化研究科 助教
  • 2010/04 - 2010/11 東京大学 大学院・総合文化研究科 特任講師
全件表示
所属学会 (5件):
国際安全保障学会 ,  日本ナイル・エチオピア学会 ,  日本アフリカ学会 ,  日本国際政治学会 ,  人間の安全保障学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る