研究者
J-GLOBAL ID:201201088319049124   更新日: 2020年05月20日

古川原 明子

コガワラ アキコ | akiko kogawara
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 刑事法学
MISC (24件):
  • 古川原 明子. 改正臓器移植法附則第5項(被虐待児除外条項)の意義(1). 龍谷法学. 2020. 52. 4. 1039-1063
  • 古川原明子. 国際シンポジウム「揺さぶられる司法科学 : 揺さぶられっ子症候群仮説の信頼性を問う」(3・最終回). 龍谷法学. 2019. 51. 4. 581
  • 古川原明子. 凶器準備集合罪の保護法益 (大出良知教授退任記念号). 東京経済大学現代法学会誌. 2019. 36. 95-109
  • 古川原明子. 国際シンポジウム「揺さぶられる司法科学 : 揺さぶられっ子症候群仮説の信頼性を問う」(2). 龍谷法学. 2019. 51. 3. 577
  • 古川原明子. カリフォルニア州「終末期の選択法」(End of Life Option Act)のその後. 龍谷法学. 2018. 51. 1. 413-426
もっと見る
書籍 (8件):
  • 團藤重光研究 法思想・立法論、最高裁判事時代 (龍谷大学社会科学研究所叢書)
    日本評論社 2020 ISBN:4535524718
  • 刑事訴訟法
    弘文堂 2019 ISBN:9784335002366
  • 変動する社会と格闘する判例・法の動き : 渡辺咲子先生の古稀をお祝いして
    信山社 2017 ISBN:9784797232332
  • 人権の刑事法学 : 村井敏邦先生古稀記念論文集
    日本評論社 2011 ISBN:9784535517165
  • 生と死の法文化
    国際書院 2010
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1999 - 2002 一橋大学大学院
学位 (1件):
  • 博士(法学) (一橋大学)
経歴 (2件):
  • 2012/04 - 現在 龍谷大学法学部 准教授
  • 2008/04 - 2011/03 東京経済大学現代法学部 准教授
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る