研究者
J-GLOBAL ID:201201088515259412   更新日: 2021年08月31日

三好 洋美

ミヨシ ヒロミ | Miyoshi Hiromi
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.comp.sd.tmu.ac.jp/appliedmechanobio/
研究分野 (3件): 生体材料学 ,  生体医工学 ,  生物物理学
研究キーワード (5件): 微細構造化基板 ,  バイオイメージング ,  メカノバイオロジー ,  細胞極性 ,  アクチン
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2015 - 2019 ナノ構造による遺伝情報選択制御の力学機構の理解と幹細胞分化制御への応用展開
  • 2012 - 2013 ラベルフリー、非侵襲的な細胞ソーティングのための機能性マイクロ構造化表面のオーダーメイド設計手法の確立
  • 2011 - 2012 標的細胞をラベルフリーで識別・分離し非侵襲的に収集するためのマイクロチップの設計
  • 2008 - 2010 力学的、分子的両観点からの細胞分裂の解析
論文 (25件):
  • Tomoko Gowa Oyama, Kotaro Oyama, Hiromi Miyoshi, Mitsumasa Taguchi. 3D cell sheets formed via cell-driven buckling-delamination of patterned thin films. Materials & Design. 2021. 109975-109975
  • Tomoko G Oyama, Kotaro Oyama, Atsushi Kimura, Fumiya Yoshida, Ryo Ishida, Masashi Yamazaki, Hiromi Miyoshi, Mitsumasa Taguchi. Collagen hydrogels with controllable combined cues of elasticity and topography to regulate cellular processes. Biomedical Materials. 2021. 16. 4. 045037-045037
  • Masashi Yamazaki, Satoru Kidoaki, Hiromichi Fujie, Hiromi Miyoshi. Designing elastic modulus of cell culture substrate to regulate YAP and RUNX2 localization for controlling differentiation of human mesenchymal stem cells. Analytical Sciences. 2021. 37. 3. 447-453
  • 山崎 雅史, 藤江 裕道, 三好 洋美. 間葉系幹細胞の骨芽細胞分化におけるアクチン細胞骨格-細胞核の力学作用によるYAPの局在制御機構. 日本機械学会論文集. 2020. 86. 890. 20-00264
  • Masashi Yamazaki, Hiroki Kojima, Hiromi Miyoshi. Morphology and Differentiation of Human Mesenchymal Stem Cells Cultured on a Nano-Scale Structured Substrate. Electronics and Communications in Japan. 2020. 103. 9. 23-28
もっと見る
MISC (43件):
もっと見る
特許 (10件):
もっと見る
書籍 (2件):
  • Smart design of materials for tissue engineering” Smart Materials for Tissue Engineering: Fundamental Principles
    Royal Society of Chemistry 2016
  • Innovative Approaches to Cell Biomechanics: From Cell Migration to On-Chip Manipulation
    Springer 2015
講演・口頭発表等 (15件):
  • 間葉系幹細胞の骨芽細胞分化に寄与するアクチンの力
    (第43回 日本分子生物学会年会 2020)
  • 組織・細胞培養基材表面設計の基礎を支えるメカノバイオロジー-間葉系幹細胞の分化に対するアクチン細胞骨格の力の寄与-
    (応用物理学会 有機分子バイオエレクトロニクス分科会研究会 「有機分子・バイオエレクトロニクスの未来を観る」 2018)
  • Microtopographical cell culture substrate to understand the role of actin cytoskeleton for regulation of gene expression
    (第55回 日本生物物理学会年会 2017)
  • Change in the intranuclear DNA organization during human mesenchymal stem cell differentiation
    (The 3rd Africa International Biotechnology and Biomedical conference 2017)
  • The Effects of Microgrooved Structures on Cell shape and Actomyosin Organization
    (7th International Conference on Computational Methods 2016)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2003 - 2006 東京工業大学
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京工業大学)
経歴 (5件):
  • 2020/04 - 現在 東京都立大学 システムデザイン学部 准教授
  • 2017/04 - 2020/03 首都大学東京 システムデザイン学部 准教授
  • 2016/04 - 2017/03 独立行政法人理化学研究所 上級研究員
  • 2007/04 - 2016/03 独立行政法人理化学研究所 研究員
  • 2006/04 - 2007/03 新エネルギー・産業技術総合開発機構 NEDOフェロー
受賞 (7件):
  • 2021/03 - Analytical Sciences Hot Article Award Analytical Sciences "Designing elastic modulus of cell culture substrate to regulate YAP and RUNX2 localization for controlling differentiation of human mesenchymal stem cells"
  • 2017/03 - Journal of Biomechanical Science and Engineering 2017 JBSE Graphics of the year award
  • 2017/03 - Journal of Biomechanical Science and Engineering 2017 JBSE papers of the year award
  • 2016/03 - 理化学研究所 産業連携奨励賞
  • 2014/06 - 資生堂 女性研究者サイエンスグラント
全件表示
所属学会 (5件):
日本機械学会 ,  日本再生医療学会 ,  日本細胞生物学会 ,  日本生物物理学会 ,  Biophysical Society
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る