研究者
J-GLOBAL ID:201201090119201686   更新日: 2022年01月05日

多林 孝之

Tabayashi Takayuki
所属機関・部署:
職名: 准教授
競争的資金等の研究課題 (21件):
  • 2020 - 2021 白血病幹細胞に対するDNA修復関連分子を標的にした新規治療法の開発
  • 2019 - 2020 慢性好中球性白血病発症の分子機構の解明:形質細胞性腫瘍との関連について
  • 2017 - 2020 細胞内シグナル伝達経路を標的とした難治性骨髄腫に対する治療構築のための基盤研究
  • 2018 - 2019 びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫中枢神経再発高リスク症例に対する造血幹細胞移植医療の確立を目指した研究
  • 2018 - 2019 Cyclin D3 を標的とした高悪性度B細胞リンパ腫の新規治療法の開発
全件表示
論文 (21件):
もっと見る
書籍 (30件):
  • 不明熱から診断された血管内大細胞型B細胞リンパ腫[難渋症例から学ぶ診療のエッセンス(71)] 週刊日本医事新報
    日本医事新報社 2019
  • 不明熱から診断された血管内大細胞型B細胞リンパ腫[難渋症例から学ぶ診療のエッセンス(71)]「週刊日本医事新報」
    日本医事新報社 2019
  • 多発性骨髄腫(MM) VII.実践に役立つ造血器腫瘍治療レジメン 血液内科グリーンノート
    中外医学社 2017
  • 成人T細胞白血病・リンパ腫(ATL) VII.実践に役立つ造血器腫瘍治療レジメン 血液内科グリーンノート
    中外医学社 2017
  • ホジキンリンパ腫(HL) VII.実践に役立つ造血器腫瘍治療レジメン 血液内科グリーンノート
    中外医学社 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (132件):
  • 骨破壊を合併した成人のリンパ芽球性リンパ腫
    (第14回日本血液学会関東甲信越地方会 2021)
  • レテルモビルのサイトメガロウイルス感染症に対する予防効果
    (第43回日本造血細胞移植学会総会 2021)
  • 二次性骨髄線維症に合併したSweet病に対するルキソリチニブの奏効
    (第18回日本臨床腫瘍学会学術集会 2021)
  • びまん性大細胞型B細胞リンパ腫におけるCA125の臨床的意義とリツキシマブ体制への関与
    (第82回日本血液学会学術集会 2020)
  • High-grade B-cell lymphomaに対するabemaciclibの効果
    (第82回日本血液学会学術集会 2020)
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士 (岡山大学)
委員歴 (1件):
  • 2020/10 - 現在 日本血液学会 評議員
所属学会 (3件):
日本血液学会 ,  日本臨床腫瘍学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る