研究者
J-GLOBAL ID:201201090119201686   更新日: 2020年06月09日

多林 孝之

Tabayashi Takayuki
所属機関・部署:
職名: 准教授
競争的資金等の研究課題 (19件):
  • 2017 - 2020 細胞内シグナル伝達経路を標的とした難治性骨髄腫に対する治療構築のための基盤研究
  • 2018 - 2019 びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫中枢神経再発高リスク症例に対する造血幹細胞移植医療の確立を目指した研究
  • 2018 - 2019 Cyclin D3 を標的とした高悪性度B細胞リンパ腫の新規治療法の開発
  • 2017 - 2018 濾胞性リンパ腫において治療介入の必要性を予測する病理学的因子の探求
  • 2017 - 2018 腫瘍幹細胞を標的とした多発性骨髄腫に対する治療構築のための基盤研究
全件表示
論文 (14件):
  • 髙橋康之, 富川武樹, 多林孝之. 不明熱から診断された血管内大細胞型B細胞リンパ腫[難渋症例から学ぶ診療のエッセンス(71)]. 週刊日本医事新報. 2019. 4985. 10-10
  • 木崎昌弘, 多林孝之. CML診療ガイドライン改訂のポイント. 血液内科. 2019. 78. 5. 600-604
  • 田中佑加, 高橋康之, 木村勇太, 富川武樹, 阿南朋恵, 佐川森彦, 多林孝之, 渡部玲子, 得平道英, 百瀬修二, et al. Human parvoviruss B19による血球貪食症候群を発症し、ウイルス性心筋炎を合併した成人の遺伝性球状赤血球症. 臨床血液. 2018. 59. 6. 682-687
  • Watanabe R, Tabayashi T, Tomikawa T, Sagawa M, Anan-Nemoto T, Kimura Y, Takahashi Y, Tokuhira M, Otaki S, Oi H, et al. Successful early romiplostim use in a case of severe immune thrombocytopenia with critical carotid arterial injury. Int J Hematol. 2017. 105. 1. 100-103
  • Michihide Tokuhira, Takayuki Tabayashi, Yuka Tanaka, Yasuyuki Takahashi, Yuta Kimura, Tatsuki Tomikawa, Tomoe Anan-Nemoto, Shuju Momose, Morihiro Higashi, Ayumi Okuyama, et al. The aggressive clinical courses of Hodgkin lymphoma primarily diagnosed as methotrexate-induced non-specific lymphoproliferative disorder in patients with rheumatoid arthritis. Journal of clinical and experimental hematopathology : JCEH. 2017. 56. 3. 165-169
もっと見る
書籍 (5件):
  • 細胞表面抗原に対する抗体薬「新臨床腫瘍学 日本臨床腫瘍学会編集 改訂第4版」
    2015
  • 「MDSから移行したAMLの治療」
    「EBM血液疾患の治療2015-2016」(中外医学社) 2014
  • 「造血器腫瘍における疼痛への対応」
    「カラーテキスト血液病学 2版」(中外医学社) 2013
  • 「T細胞性ALLの治療方針」
    「EBM血液疾患の治療2013-2014」(中外医学社) 2012
  • 「がん分子標的薬のおける副作用の疫学データと発現機序、診断・治療の現状」
    「副作用軽減化 新薬開発」(技術情報協会) 2012
講演・口頭発表等 (121件):
  • ルキソリチニブが奏効した形質細胞腫瘍とスイート病を合併した慢性好中球性白血病
    (第81回日本血液学会学術集会 2019)
  • ベンダムスチン治療後に発症したAIHAとPRCAにリツキシマブとシクロスポリンが奏効したLPLの1例
    (第81回日本血液学会学術集会 2019)
  • 非典型溶血性尿毒症症候群や血栓性血小板減少性紫斑病との鑑別に苦慮した分類不能の血栓性微小血管症
    (第81回日本血液学会学術集会 2019)
  • CML患者に対する日常臨床におけるTKI中止
    (第81回日本血液学会学術集会 2019)
  • R-CEPP療法はIPI high riskを除いた再発難治DLBCLに対する有効な救援化学療法である
    (第81回日本血液学会学術集会 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士 (岡山大学)
所属学会 (3件):
日本血液学会 ,  日本臨床腫瘍学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る