研究者
J-GLOBAL ID:201201091371583989   更新日: 2021年04月22日

今 孝悦

コン コウエツ | Kon Koetsu
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://konkoetsufn.wixsite.com/konlab
研究分野 (3件): 生物資源保全学 ,  生態学、環境学 ,  水圏生産科学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2018 - 2022 海洋酸性化に対する生物群集の応答評価:直接効果と間接効果の統合理解
  • 2016 - 2018 砂浜域の生物生産に対する漂着物の機能評価
  • 2012 - 2015 河口域の生物生産過程に与える他生的資源の影響と機能の解明
論文 (34件):
  • Feedback mechanisms stabilise degraded turf algal systems at a CO2 seep site. Communications Biology. 2021. 4. 219
  • 山田, 秀秋, 谷田, 巖, 渡辺, 信, 南條, 楠土, 今, 孝悦. 八重山諸島潮間帯域で確認されたコアマモZostera japonica群落の分布の特徴. 日本水産学会誌. 2021. 87. 43-45
  • Harvey, Ben P, Kon, Koetsu, Agostini, Sylvain, Wada, Shigeki, Hall-Spencer, Jason M. Ocean acidification locks algal communities in a species-poor early successional stage. GLOBAL CHANGE BIOLOGY. 2021. Epub
  • Yamakawa, Uchu, Kanou, Kouki, Tsuda, Yoshiaki, Kon, Koetsu. Food resource use by juveniles of the endangered sleeper Eleotris oxycephala in the Sagami River system, Japan. ICHTHYOLOGICAL RESEARCH. 2021. Epub
  • Kerfah, Dorsaf, Paul, Harvey Benjamin, Sylvain, Agostini, Kon, Koetsu, Huang, Ruiping, Adams, Jonathan M, Hall-Spencer, Jason M. Responses of intertidal bacterial biofilm communities to increasing pCO2. Marine Biotechnology. 2020. 22. 727-738
もっと見る
書籍 (8件):
  • Japanese Marine Life -A Practical Training Guide in Marine Biology-
    2020
  • Japanese Marine Life -A Practical Training Guide in Marine Biology-
    2020
  • Japanese Marine Life -A Practical Training Guide in Marine Biology-
    2020
  • Japanese Marine Life -A Practical Training Guide in Marine Biology-
    2020
  • Japanese Marine Life -A Practical Training Guide in Marine Biology-
    2020
もっと見る
講演・口頭発表等 (20件):
  • Effects of ocean acidification on marine ecosystem services: use of natural analogues around volcanic CO2 vents.
    (JpGU-AGU Joint Meeting 2020)
  • 石垣島名蔵湾の海草藻場に出現する魚類の食性
    (令和2年度日本水産学会春季大会 2020)
  • 亜熱帯海草藻場とマングローブ域に生息する魚類の餌資源利用
    (令和2年度日本水産学会春季大会 2020)
  • カサガイ群集に対する海洋酸性化の影響
    (令和2年度日本水産学会春季大会 2020)
  • マングローブ域の底生動物群集に対する富栄養化の影響
    (日本生態学会第67回全国大会 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2006 - 2009 東京大学 農学国際専攻博士課程
  • 2004 - 2006 東京大学 農学国際専攻修士課程
  • 2000 - 2004 北海道大学 海洋生物生産科学科
学位 (2件):
  • 博士(農学) (東京大学)
  • Ph, D. (agriculture) (The University of Tokyo)
経歴 (5件):
  • 2021/04 - 現在 東京海洋大学 海洋環境科学部門 准教授
  • 2011/11 - 2021/03 筑波大学 下田臨海実験センター 助教
  • 2010/04 - 2011/10 東京大学 大気海洋研究所 日本学術振興会特別研究員(PD)
  • 2009/04 - 2010/03 東京大学 大学院農学生命科学研究科 日本学術振興会特別研究員(PD)
  • 2008/04 - 2009/03 東京大学 大学院農学生命科学研究科 日本学術振興会特別研究員(DC2)
受賞 (4件):
  • 2019/03 - 日本生態学会 第66回日本生態学会大会ポスター賞優秀賞 岩礁潮間帯のヤドカリ群集に対する海洋酸性化の影響
  • 2016 - 2016年度日本生態学会中部地区大会優秀ポスター賞 岩礁潮間帯のヤドカリ群集への海洋酸性化の影響
  • 2015 - Second Prize in the 8th Japan-China-Korea Graduate Student Forum Predator is also an architect! Reforming oyster into suitable habita
  • 2014 - 2014年度日本生態学会中部地区大会優秀ポスター賞 イボニシの食性から食物網の安定性を探る 〜餌選好性の変化に着目して〜
所属学会 (3件):
日本水産学会 ,  日本ベントス学会 ,  日本生態学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る