研究者
J-GLOBAL ID:201201093025373342   更新日: 2020年09月01日

眞田 亜紀子

マナダ アキコ | MANADA Akiko
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (4件): 通信工学 ,  応用数学、統計数学 ,  数学基礎 ,  情報学基礎論
研究キーワード (1件): Graph Theory, Coding Theory, Network Topology, Wireless Body Area Network
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2019 - 2022 DNAストレージに適した符号化方式の離散数学的検討
  • 2017 - 2020 2次元反辞書を用いたセンサネットワークにおけるノードの配置支援
  • 2015 - 2019 フラッシュメモリのための制約符号,およびその性能評価
  • 2013 - 2016 無線生体データネットワークに適した低コスト最適符号化への離散数学的アプローチ
論文 (31件):
  • Compression by Substring Enumeration Using Sorted Contingency Tables. IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences. 2020. E103-A. 6. 829-835
  • 北原 裕久, 森田 啓義, 眞田 亜紀子. 六角形格子上の積符号を用いた符号化変調方式によるPAPRの低減. 電子情報通信学会論文誌 B. 2020. J103-B. 5. 184-197
  • Akiko Manada, Hiroyoshi Morita. Graph Theoretical Analysis on Distributed Line Graphs for Peer-to-Peer Networks. IEEE Transactions on Network Science and Engineering. 2019. 6. 3. 326-335
  • Takahiro Ota, Ryoji Nakamura, Akiko Manada. A Fast Arrangement Algorithm of Wireless Sensors Using Flat Tori for Two-dimensional Constraints. Proc.2019 IEEE International Symposium on Information Theory. 2019. 1512-1516
  • Youki Shiraishi, Akiko Manada, Yuzo Taenaka, Youki Kadobayashi. A Method for Designing Proximity-Aware Regular Graph-Based Structured Overlay Networks. Proc. 2019 IEEE 4th International Conference on Computer and Communication Systems. 2019. 430-435
もっと見る
講演・口頭発表等 (38件):
  • DNAストレージのデータ圧縮に関する検討
    (The 42nd Symposium on Information Theory and its Applications (SITA2019) 2019)
  • Maximum Sum-Rates of Input-Constrained Repeatable WOM Codes
    (The 42nd Symposium on Information Theory and its Applications (SITA2019) 2019)
  • On the Maximum Sum-Rates of Input-Constrained WOM Codes
    (11th Asia-Europe Workshop on Concepts in Information Theory 2019)
  • On constrained WOM codes and their sum-rates
    (2019 Information Theory and Application Workshop (ITA 2019) 2019)
  • On the Sum-Rates of Certain Constrained WOM Codes
    (The 41st Symposium on Information Theory and its Applications (SITA2018) 2018)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2004 - 2009 Queen's University at Kingston, Canada Ph.D. programme
  • 2002 - 2004 津田塾大学 修士課程
  • 1998 - 2002 津田塾大学 情報数理科学科
  • 1995 - 1998 山口県立宇部高等学校
学位 (1件):
  • Ph.D in Mathematics (Queen's University at Kingston, Canada)
経歴 (4件):
  • 2018/04 - 現在 湘南工科大学 工学部 情報工学科 講師
  • 2016/04 - 2018/03 電気通信大学 大学院情報理工学研究科、情報理工学域情報・ネットワーク工学専攻、II類(融合系) 助教
  • 2012/02 - 2016/03 電気通信大学 大学院情報システム学研究科 助教
  • 2009/10/01 - 2011/08/31 Claude Shannon Institute, University College Dublin, IRELAND Post Doctoral Fellow
委員歴 (6件):
  • 2019/04 - 現在 電子情報通信学会情報理論研究会 専門委員
  • 2019/04 - 現在 ITW 2021 Registration
  • 2018/10 - 現在 ISITA 2020 Publicity
  • 2018/09 - 2019/09 第8回 誤り訂正符号のワークショップ 広報
  • 第40回情報理論とその応用シンポジウム プログラム委員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2013/12/03 - Best Paper Award at ISICO 2013
所属学会 (2件):
電子情報通信学会 ,  IEEE
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る