研究者
J-GLOBAL ID:201201093307260338   更新日: 2020年09月01日

新村 毅

Shimmura Tsuyoshi
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 卓越研究員
ホームページURL (1件): https://tsuyoshishimmura.wixsite.com/website-1
研究分野 (2件): 動物生産科学 ,  動物生産科学
研究キーワード (8件): ニワトリ ,  動物福祉 ,  行動遺伝 ,  脳科学 ,  家畜 ,  分子生物学 ,  動物生理学 ,  動物行動学
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2019 - 2023 家畜における問題行動の分子機構の解明と制御
  • 2016 - 2021 農学と工学の協奏による統合的畜産システムの構築
  • 2018 - 2020 共喰いの分子基盤の解明
  • 2017 - 2020 アニマルウェルフェア対応鶏舎における採卵鶏の実態調査
  • 2018 - 2019 母鶏模倣型ロボットによるニワトリの行動の自動制御技術の開発
全件表示
論文 (32件):
MISC (10件):
書籍 (7件):
  • Thyroid Hormone in Brain and Brain Cells (Flamant F, Bernal J, Koibuchi N eds.)
    Frontiers Media SA 2018
  • ホルモンから見た生命現象と進化シリーズII 「発生・変態・リズム-時-」(天野勝文・田川正朋編)
    裳華房 2016
  • Circadian Clocks (Honma K.I., Honma S. eds.)
    Aschoff and Homma Memorial Foundation 2015
  • ニワトリの科学
    朝倉書店 2014
  • 行動生物学辞典
    東京化学同人 2013
もっと見る
講演・口頭発表等 (13件):
  • メダカにおける季節変化への適応機構
    (第23回日本時間生物学会学術大会シンポジウム「動物の多様なリズムとその応用」 2016)
  • Functional analysis of deep brain photopigment OPN5 in vertebrates
    (11th International Symposium on Avian Endocrinology (ISAE2016) 2016)
  • Timing of rooster crowing is under the control of circadian clock and social rank
    (11th International Symposium on Avian Endocrinology (ISAE2016) 2016)
  • 動物の行動の多階層的理解 -ニワトリの発声をモデルとして-
    (畜産学会若手企画サマーキャンプ「アニマルサイエンス若手研究者の胎動」 2016)
  • Development of enriched housing systems for farm animals: Welfare and productivity
    (31th International Congress of Psychology (ICP2016) 2016)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2007 - 2009 麻布大学
  • 2005 - 2007 麻布大学
学位 (1件):
  • 学術 (麻布大学)
経歴 (7件):
  • 2016/11 - 現在 MEXT 卓越研究員
  • 2016/11 - 現在 東京農工大学 農学部生物生産学科 准教授
  • 2017/05 - 2017/07 ウプサラ大学(Lief Andersson研究室) Visiting Researcher
  • 2013/06 - 2016/11 基礎生物学研究所 特任助教(2013年7月- 総合研究大学院大学担当助教兼任)
  • 2013/04 - 2013/05 名古屋大学大学大学院生命農学研究科(吉村崇研究室) 研究員
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2013/04 - 現在 応用動物行動学会 幹事(夏の学校担当)
  • 2012/04 - 現在 日本畜産学会 若手企画委員会(2015年-現在:代表)
受賞 (9件):
  • 2020/04 - 文部科学省 文部科学大臣表彰・若手科学者賞 音声コミュニケーションの制御機構の解明と応用に関する研究
  • 2019/11 - 日本農学会 日本農学進歩賞 家禽の行動の制御機構の解明と応用
  • 2014/03 - 日本畜産学会 奨励賞 産卵鶏の福祉的飼育システムに関する行動学的研究
  • 2012/08 - 高遠シンポジウム 最優秀賞
  • 2011/11 - 日本時間生物学会 優秀ポスター賞
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る